原宿警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Asahikage.svg 警視庁原宿警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Harajuku-Police-Station-01.jpg
都道府県警察 警視庁
管轄区域 渋谷区の東北部
神宮前の一部
千駄ヶ谷
代々木の一部
課数 6
交番数 5
駐在所数 0
所在地 150-0001
東京都渋谷区
神宮前一丁目4番17号
位置 北緯35度40分19.1秒 東経139度42分27秒 / 北緯35.671972度 東経139.70750度 / 35.671972; 139.70750座標: 北緯35度40分19.1秒 東経139度42分27秒 / 北緯35.671972度 東経139.70750度 / 35.671972; 139.70750
外部リンク 原宿警察署
テンプレートを表示

北緯35度40分19.1秒
東経139度42分27秒

原宿警察署(はらじゅくけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署のひとつである。第三方面本部所属。

渋谷区の東北部を管轄している。

署員数およそ200名、識別章所属表示はOK。

概要[編集]

独立した警察署として設立されたのは1925年大正14年)で、当初の名称は「千駄ヶ谷警察署」であったが、1932年昭和7年)に現在の「原宿警察署」に改められた。

2009年平成21年)、旧所在地から明治通りを1キロメートルほど南下した、渋谷区神宮前一丁目の現在地に移転、この地は1965年(昭和40年)以前の町名が「原宿三丁目」であり、ここに初めて警察署の名称と所在地とが一致することとなった。原宿警察署の新庁舎の所在地には太平洋戦争以前、旧日本海軍の施設「海軍館」があり、戦後は1989年(平成元年)まで日本社会事業大学が置かれた後、渋谷郵便局のプレハブ仮庁舎を経て、現況となっている[1][2]

管轄区域[編集]

全て渋谷区。

  • 神宮前一丁目から四丁目、五丁目の一部(1番から21番、22番の一部、23番から32番、33番の一部)、六丁目の一部(1番から11番、12番の一部、13番、14番の一部、27番の一部、28番から35番)(それ以外の神宮前は渋谷警察署の管轄)
  • 千駄ヶ谷一丁目から六丁目
  • 代々木一丁目・二丁目(代々木三丁目から五丁目は代々木警察署の管轄)

施設[編集]

  • 代用刑事施設(男女。同一建物内に警視庁本部留置施設原宿分室を併設している。)

沿革[編集]

  • 1923年(大正12年)
    • 10月20日:淀橋警察署(現:新宿警察署千駄ヶ谷分署設置
  • 1925年(大正14年)
    • 9月11日:千駄ヶ谷4-3-15へ移転
    • 10月1日:千駄ヶ谷警察署に昇格
  • 1932年(昭和7年)
    • 1月19日:原宿警察署に改称
  • 2009年(平成21年)
    • 3月26日:現在地へ移転

組織[編集]

交番[編集]

  • 神宮前交番(渋谷区神宮前四丁目)
  • 千駄ケ谷駅前交番(渋谷区千駄ケ谷一丁目)
  • 千駄ヶ谷五丁目交番(渋谷区千駄ヶ谷五丁目)2006年(平成18年)御苑裏交番より改称。
  • 代々木駅前交番(渋谷区代々木一丁目)
  • 代々木二丁目交番(渋谷区代々木二丁目)
  • 駐在所はない。

地域安全センター[編集]

  • 原宿地域安全センター(渋谷区神宮前三丁目)2007年(平成19年)3月で原宿交番から神宮前交番に統合され、用途変更。

主な未解決事件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神宮前一丁目 『原宿 1995』 コム・プロジェクト 穏田表参道商店会1994年12月25日発行 p24
  2. ^ 東郷神社 帝国陸海軍現存兵器一覧 依代之譜 平成26年8月6日閲覧

外部リンク[編集]