海保知里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かいほ ちさと
海保 知里
プロフィール
愛称 ちーちゃん
海保ちゃん
ガチャピン
出身地 日本の旗 日本 香川県
生年月日 (1975-10-13) 1975年10月13日(41歳)
血液型 B型
最終学歴 東京女子大学
所属事務所 ヤマダックス
職歴 TBSアナウンサー(1999年 - 2008年)
活動期間 1999年4月 -
配偶者 あり
家族 夫と1女と1男
公式サイト 海保知里オフィシャルブログ
出演番組・活動
現在 たまむすび(火曜日)
過去 はなまるマーケット
サンデージャポン
Fine!!
など

海保 知里(かいほ ちさと、Chisato Kaiho, 1975年10月13日 - )は、日本アナウンサー。愛称は「ガチャピン」。

香川県生まれ。千葉県千葉市育ち。有限会社ヤマダックス所属。血液型B型。身長163cm。

渋谷教育学園幕張高等学校東京女子大学現代文化学部卒業。

TBSに在職した後フリーアナウンサーとなる。

来歴・人物[編集]

1999年4月、TBSに入社しアナウンサー34期生となる(同期は豊田綾乃佐藤文康[1][2]ラジオを志望する。

はなまるマーケット』には入社半年後からコーナー担当として断続的に出演していたが、2004年10月司会陣に加わり、2005年3月28日からは、開始当初からのメンバーだった斎藤哲也の降板に伴い、一人で岡江久美子薬丸裕英と日々のレギュラー陣の相手を務めた。月曜から金曜まで毎日出演することに伴い、週末のサンデージャポン小堺一機のサタデーウィズを降板。

『Cat Chat 英語でFRIENDS DX』(BS-i)での“キャンディ(Candy)”お姉さんを演じたほか、『COUNT DOWN TV』のキャラクターの声当て、ラジオCM(日東紅茶など)のナレーションやなど、アナウンス以外の業務でも活動する。

2007年8月20日婚約、また、8月23日婚姻届を提出したことを『はなまる』で報告。夫は東宝に勤務する当時アメリカ合衆国在住の日本人。2006年夏に現地の友人を訪れた際に紹介され、同年年末から交際していた。

同年9月28日、『はなまる』を降板。他のレギュラー番組も9月30日までに『Cat Chat』を除いて降板し渡米。有給休暇、取得日消化後は特別繰越休暇[3]の期間に入った。結婚を理由に退職(いわゆる寿退社)が決定したアナウンサーとしては、TBSでは木場弘子(元野球選手与田剛夫人)以来およそ15年ぶりとなる[4]

2008年5月に一時帰国し、25日に東京都内において結婚式並びに結婚披露パーティーを挙行。29日には『Cat Chat』お姉さん役の交代セレモニー記者会見に後任の新井麻希と共に臨み(後述)、同年6月23日にTBSを正式に退社。

局アナ時代から、雑誌週刊アスキー[5]の記事にてレポート執筆を行っていたが、退社後も引き続き雑誌やウェブサイト[6]記事にて同様の活動を行っている。

また、2006年10月には週刊アスキーの短期集中連載との連動企画でブログ「海保知里のポジティブになりゆ記」を開始(So-net blog内)。最初は同月と2007年7月の各1か月限定での更新だったが、退社発表後の2007年10月より毎月不定期で更新。2008年暮れより、週刊アスキー連動企画の冠を外し、海保オリジナルのデザインに一新された。2012年に中断。

2009年2月23日、第81回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『おくりびと』の製作スタッフが滞在していたロサンゼルスのホテルから、『みのもんたの朝ズバッ!』『ピンポン!』『2時っチャオ!』に現地リポーターとして生出演した。

2009年6月ごろより、テレビ番組制作会社・芸能事務所のヤマダックスへ杉本るみとともに所属。フリーアナウンサーとしての活動を本格的に開始。

2010年6月10日NHK衛星デジタルハイビジョンで放送されたトニー賞事前特番のナビケーターとして、NHKの番組に初出演を果たした。

2012年3月12日、自身のブログにて、発信時点で妊娠6ヶ月である事を発表。ニューヨーク時間の同年7月3日午後2時29分に2,880gの女児を帝王切開で、出産。
さらに2013年11月8日、自身のブログにて、発信時点で妊娠6ヶ月である事を発表。現地時間の2014年3月17日に第2子である男児を出産[7]

2014年11月26日、夫の人事異動に伴い帰国[8]

2015年春から帰国後初のレギュラー番組『Fine!!』(TBSラジオ)にてパーソナリティーを務めていた。2017年3月29日をもって担当を降板[9] 。同年4月4日よりTBSラジオ『たまむすび』の代理パーソナリティとして出演開始[10]

エピソード[編集]

はなまるマーケットにて[編集]

  • 2006年3月17日放送の「とくまる:痛くなくても要注意・外反母趾・意外な事実と解決法」にて、重度の外反母趾であることが分かり、その際紹介された「つま先立ち運動」を実践し足指の反りを問題ない範囲まで矯正したが[11]、その後も継続して行った結果、2006年8月17日放送「もっとキレイに!健康に!カラダ大変身SP!」にて完治状態にまで改善したことを発表した。その後2013年4月13日のブログで「ちょっと歩いただけで 外反母趾のところが痛みだし」と書いて、外反母趾の再発を公表している。

Cat Chat関連[編集]

  • 親の仕事のため、6 - 11歳までアメリカに住んでいた帰国子女で英語検定1級・TOEIC980点。
  • TBS時代には『Cat Chat 英語でFRIENDS DX』(BS-i)で、母語話者の発音を子供たちに教えているお姉さん“キャンディ(Candy)”役を演じたほか、『はなまる』の火曜コーナー「アマノッチのI can! You can!キャイ〜ングリッシュ」でも役名でコーナー進行を担当した。
  • 渡米後も『Cat Chat』については、諸般の事情により引き続き放送を継続。2008年3月30日の放送で、後任として“クッキー(Cookie)”こと新井麻希(当時TBSアナウンサー、現在はフリーアナウンサー)の出演が発表される。新井は同年5月4日放送分から出演。
  • 一時帰国後の2008年5月29日に『Cat Chat』お姉さん役の交代セレモニー記者会見に新井と共に臨み、すでにこの時点で自身のブログで公表[3]していたが、改めて「(2008年)6月23日を以てTBSを退職することになります」と発表した[12]。放送スケジュール上では6月1日の放送がキャンディとして最後の出演となる。ただし6月8日以降も海保がナレーションを務めたコーナーが時々放送されていた。ブログでの海保本人の発言[3]から、この『Cat Chat』の引継ぎ問題が解決するまで、正式な退社手続きを見合わせていた[注釈 1]

その他[編集]

TBSアナウンサー時代の出演番組[編集]

テレビ[編集]

特記のないものはすべて「TBSテレビ」の番組。

レギュラー出演
単発出演など

ラジオ[編集]

特記のないものはすべて「TBSラジオ」の番組。

フリーアナウンサー転向後の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

雑誌など[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、新井麻希が2010年10月末をもってTBSを退社したことなどを受け『…英語でFRIENDS DX』としては同年12月26日放送分をもって終了。2011年1月からは出水麻衣を起用した『Cat Chat』の新シリーズが放送されていた。
  2. ^ 番組内にて「有給消化中」との説明があった。
  3. ^ ヤマダックス所属後の初出演番組。

出典[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1999.4<34期生> 3人入社(男1・女2)海保知里 佐藤文康 豊田綾乃」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。「99.4<34期生>3人入社 海保知里 佐藤文康 豊田綾乃」
  3. ^ a b c 海保知里のポジティブになりゆ記 2008年5月21日
  4. ^ TBS海保アナ米駐在会社員と結婚 日刊スポーツ 2007年8月21日 同日閲覧
  5. ^ 週刊アスキー 12/25号(2007年12月11日発売) 「テストレポート」(参照:モモ妹 2007年12月11日) など
  6. ^ 【Webサービスde新生活 Vol.2】海保知里、ペットとの暮らしを体験! - 前編 2009年1月13日 / 後編 2009年1月28日 RBB NAVi など
  7. ^ 元TBS海保知里アナ 第2子長男を出産「涙腺が緩みっぱなしです」スポーツニッポン 2014年3月25日。同月30日閲覧
  8. ^ 無事に帰国しました!海保知里オフィシャルブログ「NYでなりゆ記」2014年11月27日 同年12月1日閲覧]
  9. ^ 海保知里のFine!! 涙、涙の最終回”. TBSラジオ (2017年3月29日). 2017年3月31日閲覧。
  10. ^ 4月から山里亮太とコンビを組むのは、海保知里!”. TBSラジオ (2017年3月21日). 2017年3月22日閲覧。
  11. ^ 庄司麻由里公式ブログ 2006年3月17日
  12. ^ TBS海保アナ語る 日刊スポーツ 2008年5月30日 同日閲覧
  13. ^ 海保知里のポジティブになりゆ記 2008年11月18日「ご連絡」
  14. ^ http://yamadax.jp/kaiho/
  15. ^ a b c d e f 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「海保知里 R「サタデーウィズ」「こども音楽コンクール」「Mキャラバン中継」 TV「エクスプレス」「マルチ6」「ニュースの森(スポーツ)」CSも担当」
  16. ^ a b c d e f 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。「海保知里 R「サタデーウィズ」「こども音楽コンクール」「Mキャラバン中継」 TV「エクスプレス」「マルチ6」「ニュースの森(スポーツ)」CSも担当」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

外部リンク[編集]

先代:
斎藤哲也久保田智子
※2004.03までは斎藤単独
はなまるマーケット司会者
2004.09〜2007.09
※2005年3月までは斎藤哲也と2人体制。以降は単独
次代:
赤荻歩