尼子騒兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あまこ そうべえ
尼子 騒兵衛
本名 片根 紀子[1]
生誕 1958年????
日本の旗 日本兵庫県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年 -
ジャンル 児童漫画
代表作落第忍者乱太郎
テンプレートを表示

尼子 騒兵衛(あまこ そうべえ、1958年 - )は、日本漫画家。本名:片根 紀子(かたね のりこ)。女性[2]星座射手座血液型はO型。兵庫県尼崎市出身[2]

経歴[編集]

兵庫県立尼崎小田高等学校[3]佛教大学文学部史学科通信教育課程卒業[4]住友精密工業電通勤務を経て漫画家となる。デビュー作は、集英社「月刊別冊マーガレット」1979年9月号掲載の8頁作品「田舎押領使一家」(いなかおうりょうしいっか)。(押領使とは平安時代の地方軍事警察官のこと)別冊マーガレット少女まんがスクール第127回努力賞受賞。代表作の『落第忍者乱太郎』は2019年まで朝日小学生新聞紙上に期間限定で年2回連載していた(半年間無休で執筆して残りの半年は休業[5])。

ペンネームの由来は兵庫県尼崎市生まれで「騒々しい尼っ子」ことから[2][4]。このペンネームは少女漫画誌に作品を投稿した際、締め切りが迫っていたために適当に決めたものである[2]。また、ペンネームから男性と間違えられる事もある。作中では野牛近鉄柳生烈号(野牛レッツゴー)といった、近鉄バファローズを意識した人物が登場するが、本人は阪神タイガースに乗り換えた。[6]。描くキャラクターが子供から大人まで広く受け入れられ易いため、福知山観光協会や尼崎信用金庫[7]イメージキャラクターを手がけたこともある。好きな食べ物は麺類。とくにスパゲティボロネーゼポルチーニ茸のクリームソース、カルパッチョ

1979年の集英社「別冊マーガレット」9月号別マ少女まんがスクールデビューコーナーでの自己紹介では、「まんがを描きはじめたのが中学2年。歴史が好きで、いつも時代劇を書きちらしております。まわりから『変人』『変態』といわれておりますがそれこそ私の望むところとよろこんでいる次第です。」(459頁)とコメントしている。自画像は太刀を背負い、右手に墨が垂れた筆を持つ忍者の姿。デビュー作欄外には「中2の時から、あだなは「まんが!」恋愛小説より兵法書が好きな騒兵衛めを、どうぞよろしく!」(465頁)「歴史が大好き。奈良によく遊びにいきます」(469頁)と記述。

くノ一に年齢はない」という事で、公式には生年不明で通している[5]

師匠は名和弓雄。『落第忍者乱太郎』連載のきっかけは、朝日小学生新聞編集部が、ギャグ漫画の描ける女性漫画家を探していたところ、ある漫画家を通じて紹介があったことから。しかし当時の騒兵衛はしばらく漫画を描いていなかったため、『乱太郎』初期の絵はほとんど素人同然であった(後に本人自ら「素人に頼むなんていい度胸してるよ」と自嘲気味に述べている)[2]。だが、回を増すごとに画力は洗練されてゆき、小学生を中心にじわじわと人気を得、1993年、NHK総合テレビにて『忍たま乱太郎』としてアニメ化され、小学生のみならず、若い女性読者や親子二代にわたるファンもいる。大学、会社勤め、乱太郎連載の三足のわらじを履き、会社の昼休みに倉庫で作画して退勤後に図書館で調べものをする生活を送った時期もあったが社会に出て人と話すことでギャグを思いつくなど大切な経験だったと言い、1994年に会社を退職、漫画家に専念する[8]。自宅兼事務所がカラクリ屋敷(各種の仕掛けが施されている)になっている。さらに忍者道具をコレクションしており、イベントや忍者関連の書籍用に貸し出すことがある。

2019年1月、明け方に脳梗塞で倒れ、利き手である右手が動かなくなる[9]。同4月から開始予定であった『落第忍者乱太郎』のパート64の連載は延期され「傑作選」でしのいだが、このまま連載を続けるのは難しいと判断され、同年12月をもって連載終了することが同10月1日に発表された[10]。その後退院しておりリハビリは順調で、65巻(最終巻)の表紙も定規を使って描き下ろした[9]

2020年4月より、文章やイラストを用いた[9]『落第忍者乱太郎』のキャラクターが登場する『乱太郎とめぐるふしぎな世界』を月1回のペースで連載している[10]

理想の男性は竹崎季長で、卒業論文でも扱った[4]

略歴[編集]

作品リスト[編集]

広告など[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

NHK

映画[編集]

ラジオ[編集]

NHK

出典[編集]

  1. ^ 園だより - 佛教大学
  2. ^ a b c d e 「「落第忍者乱太郎」のヒミツ‐尼子騒兵衛先生に突撃インタビュー」『落第忍者乱太郎』第8巻、236-238頁
  3. ^ 兵庫県立尼崎小田高等学校平成18年度小田高通信第10号 (PDF)
  4. ^ a b c 作家紹介・尼子騒兵衛 Archived 2012年4月10日, at the Wayback Machine.」ポプラ社HP内
  5. ^ a b 『尼子騒兵衛さん―朝日小学生新聞の連載が26年目に入った漫画家』朝日新聞「ひと」2011年7月22日付
  6. ^ 『戦国時代劇メディアの見方・つくり方』、2021年10月発行、大石学・時代劇考証学会、勉誠社、P43
  7. ^ あましんのご案内|尼崎信用金庫
  8. ^ 仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64 46-47ページ 朝日ウイークリー編集部 朝日学生新聞社 2014年
  9. ^ a b c (ひと)尼子騒兵衛さん 「落第忍者乱太郎」を完結させる漫画家朝日新聞(2019年11月13日)2019年10月1日閲覧。
  10. ^ a b アニメ「忍たま乱太郎」の原作漫画、12月末で連載終了朝日新聞(2019年10月1日)2019年11月13日閲覧。

11.^集英社「別冊マーガレット」1979年9月号459頁「別マ少女まんがスクール135回発表と募集」、463-470頁「まんがスクールデビューコーナー」

外部リンク[編集]