竹本泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹本 泉
本名 竹本 謙
生誕 1959年1月19日(57歳)
日本の旗 日本 埼玉県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1981年 -
ジャンル 少女漫画青年漫画
代表作 あおいちゃんパニック!
アップルパラダイス
公式サイト ひまわりはうす
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

竹本 泉(たけもと いずみ、本名・竹本 謙(たけもと けん)、1959年昭和34年)1月19日 - )は、日本漫画家埼玉県出身。男性。血液型はB型。日本大学経済学部卒業。配偶者はマンガ家の矢野礼子。

経歴[編集]

少女漫画は妹の影響で読み始めた。和田慎二銀色の髪の亜里沙』の影響を受けて少女漫画を描き始め、「なかよしまんがスクール」に2年間投稿。

大学4年次の教育実習時に第21回なかよし・少女フレンド新人漫画賞佳作となった『夢みる7月猫(ジュライキャット)』にて『なかよし1981年8月号でデビュー。『なかよし』本誌での初連載作品は「パイナップルみたい♥[1]

人物と作風[編集]

短編または短編連作型のシチュエーション・コメディを得意としており、ほのぼのとしているがどこか変な話というのが基本的な作風で、これはデビュー当初から掲載誌のジャンルの変遷を経ても一貫している。その作風を端的に表現したものとして「エロとグロのない吾妻ひでお」という評もある[2]

エドガー・ライス・バローズをはじめとしたSFファンで、作品中に著名SF作品を下敷きにしたネタが散見される。またいくつかのSF作品は、宇宙人、コピーされた地球など設定が同じである。各作品世界が同一のものであるかは不明。また、無類の好きとして知られ、猫をテーマとした漫画をしばしば描く。猫以外にもイルカ宇宙人恐竜なども、よく作品に登場する。2003年まで飼っていた飼い猫のエピソードを漫画化した作品として『ある日のツヴァイ』などもある。飼い猫や作中に登場する猫にツヴァイ、どら菜、ふゅあ菜 (4?) 、ふゅん菜 (5?) 、じーく菜 (6?) 等ドイツ語をもじったと思しき数詞が頻出する。

デビュー以来の『なかよし』の専属契約を離れフリーランスの漫画家となって以降は、ゲーム誌やマニアックな雑誌での作品が増え、現在はほぼその方面で活動する作家である。しかし本人は少女誌の仕事がほとんどなくなった後も、少女漫画家を自称し続けている。趣味は海外SFを中心とした読書と、チェスアニメ鑑賞、テレビゲーム。ポリシーとして原稿はいつも締め切り前に仕上げる。ただ、毎年11月は休載が慣例となっている。

独特のポップな背景、かわいらしい画風を持つ。この作風とペンネームゆえ、かつては女性と誤解されることが多かった。登場人物の台詞と名前、作品タイトルも掛詞言葉遊びを凝らした独特のものが多い。ヤシの木などの慣れている物であれば、当たりをつけただけの下書きでペン入れしたりするなど、作画のスピードは速く、『エマ ヴィクトリアンガイド』で『エマ』の作者である森薫と対談した際、原稿を描くスピードについて「ネームが決まれば1日半から2日で仕上げまで」と発言して森を絶句させている。月刊で連載をしていた森は2週間程度使っていたが、竹本は更に続けて、森の作品の背景なら密度があるので「もう2日くれって言います」と発言し森を驚愕させた。長年、作画にはGペンを使用していたが、2011年末に遂にモノクロ原稿のみデジタルを導入した[3]。一方、カラー原稿はもっぱらアナログ画材を使用。但し少女誌で活動していた頃はカラーインクやエアスプレーを使用していたが、現在はコピックアクリルガッシュに移行している。そのカラー原稿も、2015年末ごろよりデジタル化した模様。

メディアミックス展開について[編集]

デビュー間もない頃からアニメに向いた絵柄という評価があり、フリーランスになってからの掲載誌についてはメディアミックスに注力している雑誌・出版社も少なくないため、作品のメディアミックス展開、とりわけテレビアニメ化については各方面で度々噂が上がった作家である。また、『アニメディア』などのアニメ雑誌が行うアニメ化希望作品についての読者アンケート調査でも、1980年代後半の一時期、『あおいちゃんパニック!』などが上位ランクインの常連作品の一つになっていた事がある。

しかし、竹本の原作作品はもとより、竹本が関連する作品についても、テレビアニメ方面で作品展開されたケースは実質的に存在しない。わずかにメディアミックス絡みのものとして、1986年から1987年に掛けて倉金章介の『あんみつ姫』をリメイクしたテレビアニメ作品が放映された際に、これに先行する形で『なかよし』では竹本が同作のリメイク漫画作品(以下、竹本版)を連載したことが挙げられるが、このテレビアニメは竹本版とはキャラクターデザイン[4] もストーリーもまるで別物で、特徴的なことと言えば本来アニメ企画用に用意されたオリジナルキャラクターである隣国の若殿様“さくらもち太郎”が竹本版に登場していたという点くらいであった[5]

1980年代には当時の講談社東映動画の日曜朝の放映枠で『魔法使いさんおしずかに!』がアニメ化候補となったこともあるものの、この時に実際にアニメ化された作品は『はーいステップジュン』であり[6] 制作には至らなかった[7]1992年にはとあるアニメ制作プロダクションから海洋少女冒険もののアニメ企画のキャラクターデザインの依頼が持ち込まれたものの、竹本曰く「その企画は流れた」という[8]。その後も『MAGI×ES』で、同作に至ってはアニメ化を前提に立ち上げられた企画であったはずにもかかわらず、第2巻のあとがきで登場キャラクターに「全ての企画をなしにしてしまうすばらしくマイナスな魔法力」と言わせており、やはりアニメ化企画が頓挫していることを暗に示している。

テレビゲームソフトについては、コンシューマ機用のものを中心に過去に数作発売されている。しかし、企画段階で頓挫した作品、制作中止になった作品も多い。また発売された作品もゲーム性の低いマルチメディア作品が大半である。上述の『あんみつ姫』ではセガ・マークIII用のテレビゲームソフトも制作されているが、こちらのキャラクターもアニメ版に拠るものである。

作品リスト[編集]

連載中の作品[編集]

単行本[編集]

※巻数の記載の無い物は1巻完結。各単行本の出版社は刊行順。「絶版」には品切重版未定を含む。

  • あおいちゃんパニック!
  • あかねこの悪魔
  • アップルパラダイス(全3巻)
    • ホビージャパン(ホビージャパンコミックス)【絶版】
    • ノアール出版【絶版】
  • ある日のツヴァイ - 徳間書店(トクマコミックス)【絶版】
  • ある日とある日の猫たち大都社(ダイトコミックス)
  • あんみつ姫
    • 講談社(ワイドKCなかよし、全4巻)【絶版】
    • 宙出版(ミッシィコミックスMSL、全2巻)【絶版】
    • 幻冬舎(バーズコミックススペシャル、全2巻)
  • 苺タイムス【絶版】 - 講談社(覇王KCデラックス)
  • いろいろとかゲームとか - 竹書房(バンブーコミックス)『いろいろめもー』シリーズ、『ひよどりタイムス』、『ひよどりにっき』、キャラクターデザインしたゲームの宣伝漫画・取説漫画、等を収録
  • うさぎパラダイス
    • ホビージャパン(ホビージャパンコミックス)【絶版】
    • ノアール出版【絶版】
  • 乙女アトラス(全2巻)【絶版】 - 学習研究社(ノーラコミックスDX)
  • がーでん姉妹(既刊3巻) - 竹書房(バンブーコミックス)
  • かわいいや - 芳文社まんがタイムKRコミックス
  • ここめ不定点 - 芳文社(まんがタイムKRコミックス)
    • まんがタイムきららキャラット』2010年11月号付録・独立創刊5周年記念小冊子「キャラットちゃん」/『まんがタイムきらら』2011年7月号・創刊10周年企画記事/『まんがタイムきらら』2012年3月号付録・100号記念小冊子「まんがタイムきらら いちまるまる」/『まんがタイムきらら』2013年12月号付録・三者三葉プチアンソロジー小冊子「十者三葉」の各号への寄稿を収録
  • さくらの境(全4巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)『MAGI×ES』連載開始に伴いページ数を減らして並行連載、TVドラマ化の企画もあったが立ち消えとなっている。(2004年11月号 - 2008年10月号)
  • さよりなパラレル(全4巻)
  • しましま曜日(全2巻)
    • アスキー(アスキーコミックス)【絶版】
    • エンターブレイン(ビームコミックス)
  • シンリャクモノデ(全3巻) - エンターブレイン(ビームコミックス)
  • せ〜ふくもの【絶版】 - 主婦と生活社(ミッシィコミックスDX)→宙出版(同)
  • 竹本泉のいろいろぶっく - ソフトバンククリエイティブ
  • ちまりまわるつ
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスDX)→宙出版(同)【絶版】
    • 朝日ソノラマ (Izumi Takemoto dashinaoshi)【絶版】
  • ちょっとコマーシャル ※短編集
    • 講談社(KCなかよし)【絶版】
    • エンターブレイン(ビームコミックス)
      • 併録作品:にっちもさっちもひとみちゃん/すすみ時計は大きらい/屋根裏のセレナーデ/1+1=3ドイッチ
  • てきぱきワーキン♥ラブ(全6巻) - アスキー(アスキーコミックス、1巻)→アスペクト(アスペクトコミックス、2-4巻)→エンターブレイン(ビームコミックス、1、5、6巻)
  • てけてけマイハート(全10巻) - 竹書房(バンブーコミックス),まんがライフにて2000年2月号から2012年2月号まで連載された。
  • とある日のクル - 学習研究社(ピチコミックス)【絶版】
    • ととある日のクル(既刊2巻) - 秋水社&大都社(ダイトコミックス),ねこともにてVol.1(2009年)から連載中。
  • トゥインクルスターのんのんじー(全2巻) - 白泉社(ジェッツコミックス)
  • トランジスタにヴィーナス(全7巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)
  • ながるるるるるこ - 芳文社(まんがタイムKRコミックス)
  • 夏に積乱雲まで - KADOKAWA/エンターブレイン(ビームコミックス)
  • 虹色♪爆発娘♥
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスEX)→宙出版(同)【絶版】
    • 朝日ソノラマ (Izumi Takemoto dashinaoshi)【絶版】
  • 日々(にちにち)にパノラマ(全3巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)
  • ねこめ〜わく
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスDX、1、2巻まで)→宙出版(同、1-3巻まで)【絶版】
    • 朝日ソノラマ(眠れぬ夜の奇妙な話コミックス、1-4巻まで)→朝日新聞出版(同、全8巻)
    • ねこめ(〜わく)(既刊3巻) - ハーパーコリンズ・ジャパン(夢幻燈コミックス)
  • パイナップルみたい♥
    • 講談社(KCなかよし)【絶版】 - 初単行本[1]
    • エンターブレイン(ビームコミックス)
  • ハジメルド物語(初の連載作品)
    • 講談社(KCなかよし)【絶版】
    • エンターブレイン(ビームコミックス)
  • はたらきもの
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスDX)→宙出版(同)【絶版】
    • 朝日ソノラマ (Izumi Takemoto dashinaoshi)【絶版】
  • ばばろあえほん
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスDX)→宙出版(同)【絶版】
    • 朝日ソノラマ (Izumi Takemoto dashinaoshi)【絶版】
  • バラエティも〜にん(全3巻) - 芳文社(まんがタイムKRコミックス)
  • ぴこぴこのきらきら【絶版】 - 宙出版(ミッシィコミックス)
  • ひまわりえのぐ
    • 講談社(KCなかよし)【絶版】
    • エンターブレイン(ビームコミックス)※ルププ・パウの代わりにスノウ・レポートの週末を収録。
  • 魔法使いさんおしずかに!(全2巻)
    • 講談社(KCなかよし)【絶版】
    • エンターブレイン(ビームコミックス)
  • MAGI×ES 魔法小路の少年少女(全3巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)
  • むきもの67%【絶版】 - 宙出版(ミッシィコミックスDX)
  • 夢みる7月猫 - エンターブレイン(ビームコミックス)※短編集 併録作品は作品記事を参照
  • 世の中なまほう【絶版】 - 宙出版(ミッシィコミックスDX)
  • よみきり♥もの(全10巻) - エンターブレイン(ビームコミックス)
  • よみきりものの…(全7巻) - エンターブレイン(ビームコミックス)
  • ルプ★さらだ
    • 主婦と生活社(ミッシィコミックスMSL)→宙出版(同)【絶版】
    • 幻冬舎(バーズコミックスデラックス)

主な単行本未収録作品[編集]

  • 熱い風に抱かれて - 1990年/BE・LOVE 1990年19号
  • ぺっとたいむ - 1997年-1998年/コミックプッチィ 創刊号、1998年2月-3月号
  • FLYING ZAUCER - 2003年/コミックアンソロジー『やさしい気持ちになれる本』
  • ある日の猫を飼って思うこと - 2007年-2008年/ねこメロ! Vol.1-5
  • だって神様が好きだから - 2013年/まんがくらぶ 2013年4月号

イラスト集・ムック[編集]

  • 竹本泉☆WORLD【絶版】 - 1994年/竹書房
  • 竹本泉ポストカードブック ねこめ〜る - 1997年/宙出版(書籍扱い)
  • てきぱきワーキン♥ラブ設定資料集【絶版】 - 1998年/ムービック
  • ねこめ〜わく…とか いろいろ - 1999年/宙出版(雑誌)
  • いろ2もの - 2000年/アスペクト
  • いろ3もの - 2002年/エンターブレイン
  • イーナス コレクション - 2003年/メディアファクトリー
  • カラフルビーム 竹本泉イラスト集 - 2015年/エンターブレイン

電子書籍[編集]

※巻数の記載の無い物は1巻完結。ebookjapan などにて以下の作品が購入可能。

  • あおいちゃんパニック!(全2巻) - メディアファクトリー(MF文庫)※以前は全4巻で発売されていた。
  • あかねこの悪魔(全6巻) - エンターブレイン
  • アップルパラダイス(全3巻) - ノアール出版
  • うさぎパラダイス - ノアール出版
  • がーでん姉妹(既刊総て) - 竹書房
  • さくらの境(全4巻)
  • しましま曜日(全2巻)※リニューアル版で削られてしまった「ゆみみみっくす」「ゆみみみっくすアンコール」を収録。
  • シンリャクモノデ(全3巻) - エンターブレイン
  • 竹本泉のいろいろぶっく
  • ちまりまわるつ - 朝日ソノラマ(Izumi Takemoto dashinaoshi)
  • ちょっとコマーシャル - エンターブレイン
  • てけてけマイハート(全10巻) - 竹書房
  • トランジスタにヴィーナス(全7巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)
  • ととある日のクル
  • 虹色♪爆発娘♥ - 朝日ソノラマ(Izumi Takemoto dashinaoshi)
  • 夏に積乱雲まで - エンターブレイン
  • 日々にパノラマ(全3巻) - メディアファクトリー(MFコミックス)
  • ねこめ〜わく1〜8
  • ねこめ(〜わく)(既刊総て) - ハーパーコリンズ・ジャパン
  • パイナップルみたい - エンターブレイン
  • ハジメルド物語 - エンターブレイン
  • はたらきもの - 朝日ソノラマ(Izumi Takemoto dashinaoshi)
  • ばばろあえほん - 朝日ソノラマ(Izumi Takemoto dashinaoshi)
  • ひまわりえのぐ - エンターブレイン
  • 魔法使いさんおしずかに!(全2巻) - エンターブレイン
  • 夢みる7月猫 - エンターブレイン
  • よみきりもの(全10巻) - エンターブレイン
  • よみきりものの…(全7巻) - エンターブレイン


ゲーム[編集]

音楽CD・ドラマCD[編集]

  • うじゃうじゃパラダイス
  • 音盤ねこめ〜わく(廉価版あり)
  • 音盤はたらきもの(廉価版あり)
  • 音盤 ルプ★さらだ(ジャケットイラストの表記は「音盤るぷぷキューブ ルプ★さらだ」で正式名称と異なる)
  • だいな♥あいらん音径
  • てけてけマイハート
  • データム・ポリスター歌のアルバム はたらきもの・ねこめ〜わく・ルプ★さらだ 竹本泉♥うたこれ

その他[編集]

  • 小説『さよりなパラレル外伝 マヤヤイリリぱにっく』上・下(原作・イラスト)
  • 小説『小説 てきぱきワーキン♥ラブ』(原作・イラスト)
  • 小説『Dr.みまん―高校生ドクターのトラブル・バスター』(イラスト)
  • 小説『パニック初恋城!』シリーズ(イラスト)
  • 小説『ファイナル・セーラー・クエスト ひと夏の経験値』(イラスト)
  • 小説『ファイナル・セーラー・クエスト 補完計画』(イラスト・漫画『ファイナル・セーラー・クエスト プールでクエストの巻[11]』収録)
  • CD『ドラマCD 秋桜の空に 〜虹空の初子〜』(ブックレットイラスト)
  • CD『場外乱闘 漫画家超歌唱大全集』(1曲作詞/ブックレットイラスト)
  • NHKテレビ番組『あの歌がきこえる』 (2006年11月8日放送分「乾杯」イラスト)
  • TVアニメ『ドージンワーク』 第5話エンドカード
  • TVアニメ『俗・さよなら絶望先生』 第8話エンドカード
  • ガイドブック『モンスター・コレクションTCGをはじめて遊ぶ本』(説明漫画)
  • カードゲーム『モンスター・コレクションTCG』(一部カードのイラスト)
  • ガイドブック『大学生図鑑2012』(日本大学の項目のイラスト)
  • 小説『昭和な街角 火浦功作品集 』(イラスト)

エピソード[編集]

  • かつて親戚の誘いでベネズエラに引っ越す計画があったが、アニメ『未来少年コナン』に感動し、これが見られなくなると困るため日本に残ったという[12]
  • 朝日ソノラマは竹本作品の復刊のために「Izumi Takemoto dashinaoshi」レーベルを立ち上げ、計4巻の復刊を行っている。
  • 『あおいちゃんパニック!』がロリコン総合誌の『ロリコンハウス』(三和出版)で「女の子がかわいい」と紹介されたことがある。

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹本泉の処女単行本が26年ぶりに復刊」2009年2月28日。
  2. ^ 吾妻ひでお『ななこSOS』第2巻解説、ハヤカワコミック文庫
  3. ^ いろいろめもー2Cで公言。
  4. ^ テレビアニメ版のキャラクターデザインは南家こうじ
  5. ^ しかも、“さくらもち太郎”はアニメ版では放映開始までに没になってしまったため、実質的に竹本版のオリジナルキャラクターになっている。ただし、業界内部に出回ったテレビアニメ版の初期のキャラクター対比表などには“さくらもち太郎”が含まれており、アニメ仕様の同キャラクターが描かれている関連商品が僅かであるが発売された。
  6. ^ 「GENPの部屋」Win&Mac『色数向上委員会アグライア』Vol.2、アーカムプロダクツ
  7. ^ エンターブレイン版『魔法使いさんおしずかに!(1)』のなかがきより。
  8. ^ 主婦と生活社(ミッシィコミックス)『ばばろあえほん』P108『メイキング・オブ・アイ・アイ・アイランド』
  9. ^ ゲームコレクター・酒缶のリコレクションアーカイブス第1回:見た目はほのぼのだけど遊ぶと硬派なパズルゲーム「ルプ★さらだ」藤島聡氏(前編)」 Gamer、2012年9月2日。
  10. ^ ゲームコレクター・酒缶のリコレクションアーカイブス第2回:あのインパクトのあるBGMが誕生したワケ「ルプ★さらだ」藤島聡氏(後編)」 Gamer、2012年9月9日。
  11. ^ 『火浦功伝説』(1994年、書籍)掲載
  12. ^ コミックボックス』にて本人の談

外部リンク[編集]