村田耕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 耕一(むらた こういち、本名:村田 清照(むらた きよてる)、昭和14年(1939年) - 平成18年(2006年11月7日)は、日本アニメーターアニメ作画スタジオ有限会社OH!プロダクション(オープロダクション)代表取締役新潟県出身。

経歴[編集]

昭和45年(1970年)5月塩山紀生小松原一男米川功真と共にOH!プロダクション(以下、OH!プロ)を設立する。OH!プロでは、東映動画班と東京ムービーの子会社であったAプロダクション班(現在のシンエイ動画の前身)に分かれて二社の作品を製作していたが、村田はAプロ班の中心アニメーターとして、原画、作画監督などを務め、多くの作品に取り組んだ。また、OH!プロ代表取締役として同社の経営に当たった。

村田はAプロ班のアニメーターとして同社の作品にかかわる中で、高畑勲宮崎駿らと深い関係を築き、二人の作るアニメ映画やテレビアニメに参加し、作画監督として活躍した。また、OH!プロが『セロ弾きのゴーシュ』を制作するに当たっては、高畑に監督を依頼し、自らはプロデューサーとして製作に当たった。

多くのテレビ・劇場作品の作画を手掛け、高い作画力を誇るスタジオとしてOH!プロを率い、後続を育成した。

温厚な人柄で、年齢性別問わず、誰からも愛される人格者であったため、有限会社OH!プロダクション自体も各業界からの信頼を得ていた。

アニメーション事業者協会副会長を務め、杉並アニメ振興協議会の活動にも積極的に参加するなど、業界全体の発展にも大きく貢献した。

平成18年(2006年)11月7日午後9時2分クモ膜下出血のため、東京都三鷹市の病院で死去した。67歳。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]