金田一蓮十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金田一 蓮十郎
生誕 (1979-09-21) 1979年9月21日(42歳)
日本の旗 日本大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家イラストレーター
活動期間 1996年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
GL
代表作ジャングルはいつもハレのちグゥ
ニコイチ
受賞 第3回エニックス21世紀マンガ大賞準大賞
テンプレートを表示

金田一 蓮十郎(きんだいち れんじゅうろう、本名:非公開、1979年9月21日 - )は、日本女性漫画家イラストレーター大阪府出身・在住。既婚。

経歴[編集]

高校在学中の1996年、『ジャングルはいつもハレのちグゥ』で第3回エニックス21世紀マンガ大賞準大賞を受賞し、『月刊少年ガンガン』1996年No.8に掲載されて16歳でプロデビュー。翌1997年から『月刊少年ガンガン』にて『ジャングルはいつもハレのちグゥ』の連載を開始[1]2001年にはテレビアニメ化もされた[2]

2002年からは本格的に掛け持ち連載を始め、少年誌の他に、女性誌、青年誌、GL誌などでも連載を持つ。

2019年に『ゆうべはお楽しみでしたね』が[3]2021年に『ライアー×ライアー』がそれぞれ実写化された[4]

人物[編集]

  • 少年誌での執筆時は、少年漫画にはそぐわないような重い問題を抱える登場人物を多数登場させるのが常で、シリアス一歩手前の展開をキャラのノリの良さで押し切ってギャグにしてしまうという独特の作風を持つ。青年誌、女性誌、GL誌での執筆時でも重い問題を抱える登場人物を多数登場させるが、こちらでは細かな心理描写でその問題を解きほぐしていく様を描くなど、少年誌とそれ以外で作風が全く異なる。
  • ゲーマー。『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のすれ違い通信で出会った人に自己紹介と自作の宣伝をしている。
  • ハロー!プロジェクトの大ファン[5]。自身やアシスタントの日常が題材の『〆切はおとといです。』シリーズでは、その影響で漫画の大半がハロプロ関連のネタと化している。『続・〆切はおとといです。』では編集者の配慮で、題字を書道が得意な竹内朱莉アンジュルム)に依頼したほど。
  • 自画像は、鶏卵に無愛想な顔と『ハレグゥ』の主要人物・グゥのような手足がついた形をしている。
  • かつて三笠山出月と交友があり、三笠山の公式サイト「うめじゅく」にしばしば出入りしていた。うめじゅくの掲示板アイコンに『ジャングルはいつもハレのちグゥ』のキャラのアイコンを提供した。
  • マンガUPにて2020年7月31日から連載開始された、『ときどき漫画家、金田一蓮十郎〜〆切はおとといでした。〜』にて、結婚済みである事、現在妊娠中である事を明かした。
  • 作者のTwitterにて出産してしばらく経っていると発表している[6]

作品リスト[編集]

連載[編集]

<完結>[編集]

<連載中>[編集]

短編・読切等[編集]

アンソロジー寄稿[編集]

エンドカード[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「ジャングルはいつもハレのちグゥ」展が大阪で、Tシャツなどのグッズ解禁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年4月16日). https://natalie.mu/comic/news/420548 2021年4月22日閲覧。 
  2. ^ “アニメ「ハレグゥ」初のBD-BOX発売!ドラマCDが特典に、エピソード総選挙も開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年4月2日). https://natalie.mu/comic/news/422478 2021年4月22日閲覧。 
  3. ^ “金田一蓮十郎「ゆうべはお楽しみでしたね」2019年に実写ドラマ化”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年8月27日). https://natalie.mu/comic/news/297114 2021年4月22日閲覧。 
  4. ^ “「ライアー×ライアー」2月19日公開決定、主題歌はSixTONES「僕が僕じゃないみたいだ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/406691 2021年4月22日閲覧。 
  5. ^ 公式Twitterのプロフィールより
  6. ^ 金田一蓮十郎の2020年8月22日のツイート2021年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]