ネオ寄生獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

『ネオ寄生獣』(ねお きせいじゅう)は、岩明均の『寄生獣』を原作とする公式アンソロジー。ここでは、姉妹編とも言える『ネオ寄生獣f』も取り上げる。

概要[編集]

原作の出版社でもある企画元の講談社によると「人気作家による『寄生獣』豪華トリビュート企画」。各作品は全て原作となる『寄生獣』の設定を踏襲しているが、参加作家のひとりである植芝理一によると「『寄生獣』の要素が入っていれば自由に描いてよい」と言われた[1]ため、重厚でシリアスな作品からギャグ作品まで各作家の個性が広く活かされた作品群となっている。

各作品の傾向は概ね、「作家自身の作品と『寄生獣』のコラボ作品」「原作の登場人物や関連人物の、原作では描かれなかった物語」「原作には登場しなかったパラサイトたちの物語」の3種類に分かれる。

ネオ寄生獣f[編集]

ARIA』(講談社)に2014年11月号から2015年3月号まで掲載された、計15作品。

  • 『ネオ寄生獣f』ISBN 978-4-06-377151-0
    電子書籍版では2分冊となっており、1巻は『Parasite Side』(7作品)、2巻は『Human Side』(8作品)と言う巻数表示になっている。
    1. 『王子』厘のミキ(2014年11月号、H)
    2. 『禁じられた遊び』ミキマキ(2014年11月号、P)
    3. 『掌の味』駿河ヒカル(2014年12月号、P)
    4. 『あぶ★ナイ放課後』遠山えま(2014年12月号、H)
    5. 『物ッ怪屋』中村明日美子(2015年1月号、P)
    6. 『ないないの神様』由貴香織里(2015年1月号、P)
    7. 『パラサイト・ラブ』黒榮ゆい(2015年1月号、P)
    8. 『アタラシキヒトツノ』なるしまゆり(2015年1月号、H)
    9. 『その後いかがお過ごしですか?』金田一蓮十郎(2015年2月号、H)
    10. 『テレパシストとパラサイト』カシオ(2015年2月号、H)
    11. 『寄生食』久世番子(2015年2月号、H)
    12. 『大好きだから』小畑友紀(2015年3月号、H)
    13. 『ファースト・コンタクト』わたなべあじあ(2015年3月号、H)
    14. 『きみといつまでも』小嶋ララ子(2015年3月号、P)
    15. 『図書室の秘密』新城一(2015年3月号、P)

ネオ寄生獣[編集]

月刊アフタヌーン』(講談社)に2014年11月号から2016年5月号まで掲載された、計12作品。

出典[編集]

  1. ^ 『ネオ寄生獣』241頁。