平本アキラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平本 アキラ
生誕 1976年
日本の旗 日本沖縄県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作 アゴなしゲンとオレ物語
監獄学園
受賞 第37回講談社漫画賞一般部門(『監獄学園』)
テンプレートを表示

平本 アキラ(ひらもと アキラ、1976年[1] - )は、日本漫画家沖縄県出身[1]。代表作は『アゴなしゲンとオレ物語』『監獄学園』。

来歴[編集]

1995年[1]、『その友達に疑問あり』が『週刊ヤングマガジン』(講談社)に掲載され、デビュー(当時の名義は「平本 明」)。

1998年、『ヤングマガジン』にて『アゴなしゲンとオレ物語』を連載する[1]

2011年、同誌にて『監獄学園』を連載[1]

2013年、『監獄学園』で講談社漫画賞を受賞[1]

テーマと影響[編集]

あるインタビューで、描きたいものは「エロスとバイオレンスと、人間賛歌と女性の強さ[2]」だと述べている。

監獄学園を制作するにあたって、映画からの影響が強いといい、平本は

仕事の参考として映画はたくさん観るんです。連載を始めるにあたって、刑務所ものと脱走もの映画はいろいろ参考にしましたね。中でも『暴力脱獄』がいちばん影響を受けています。それを見て、こういうマンガにしようとなっていったんです[1]

と語っている。また、『おしん』、『テルマ&ルイーズ』、『フライド・グリーン・トマト』といった、「フェミ映画」も好きで、そういった女性の強さが作品に反映されているという[2]

主な作品[編集]

漫画[編集]

デビュー作。『アゴなしゲンとオレ物語』単行本30巻巻末に、30巻突破記念として収録されている。
連載途中から休載を繰り返すようになり、『アフタヌーン』2008年4月号掲載を最後に事実上の連載中止となったが、2014年、『ヤングマガジンサード』に移籍し連載を再開した。
読み切りから短期連載となった作品。実写Vシネマ化もされた。
  • 幼形成熟女ヒルダ(ネメシス、講談社、2011年、No.6)
  • 監獄学園(週刊ヤングマガジン、講談社、2011年 - 2017年)
    • アニメ監獄学園を創った男たち(講談社、2016年)
原作担当。作画はハナムラ

その他[編集]

  • HaKU シングル「衝動」(2015年11月18日発売) - ジャケットイラスト[3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 大寺 明 (2014年3月6日). “ハーレム×監獄。壁をぶち壊していく快感と、“女性の強さ”を描きたい”. ダ・ヴィンチニュース. 2015年5月7日閲覧。
  2. ^ a b 大寺 明 (2014年3月6日). “ハーレム×監獄。壁をぶち壊していく快感と、“女性の強さ”を描きたい”. ダ・ヴィンチニュース. 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ 平本アキラ、「監獄学園」OP曲ジャケにキヨシを抱き寄せる千代描き下ろす”. コミックナタリー (2015年10月2日). 2015年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]