厘のミキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
厘の ミキ
生誕 ????12月5日
職業 漫画家
活動期間 1999年 -
ジャンル シュールホラー
代表作骸シャンデリア
『ミザントロープな彼女』
テンプレートを表示

厘の ミキ(りんの ミキ、12月5日 - )は、日本漫画家東京都在住。女性。星座は射手座血液型はO型。

来歴[編集]

1999年、『ミステリーDX』(角川書店)8月号にて「あなたの街の 犯罪代行屋さん」でデビュー。その後、『コミックZERO-SUM』(一迅社)にて『ピカピカ家畜』、『ウルトラジャンプエッグ』(集英社)にて『落下傘ナース』などを連載。

また、『ピカピカ家畜』以前は「凛野ミキ」(読みは同じ)の名前で活動していたが、2007年末頃、「厘のミキ」に改名した。

作風[編集]

かわいらしい容姿のキャラクターと、シニカルで不謹慎なギャグやグロテスクな表現を織り混ぜた独特な世界観の作品を得意とする。大抵の作品はシュールな展開が続くギャグが多い。美形・美人なキャラクターがよく描かれるが、作品の傾向上、美形なキャラクターは何かしら残念な人物であることが多い。作品のテーマに生と死を用いることが多いが、非日常の日常というものがよく描かれる。また、サスペンス・ホラーを題材にすることもある。

作品一覧[編集]

連載[編集]

凛野ミキ名義
  • 冥界落語(『ミステリーDX』、角川書店、全3巻)
  • クラブクライム(『コミックZERO-SUM』2002年7月号 - 2004年2月号、一迅社、全3巻)
  • 光(『コミックZERO-SUM』2004年5月号 - 2006年4月号、一迅社、全4巻)
  • 時間・空間・人物(『BE・BOY GOLD』、一迅社)
  • 冥界噺(『コミックZERO-SUM増刊WARD』2005年SUMMER(Vo.9) - 2007年AUTUMN(No.18)、一迅社、全2巻) - 雑誌リニューアル前の号数。
  • ピカピカ家畜(『コミックZERO-SUM』2008年 - 2009年、一迅社、全3巻)
厘のミキ名義

読切[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 単行本に1巻と表記されているが、続刊はない。

出典[編集]

  1. ^ 厘のミキと高里椎奈&十峯なるせ新連載、WARDで同時始動”. コミックナタリー (2010年3月16日). 2020年12月16日閲覧。
  2. ^ トウテムポールが売れない小説家と幽霊を描く読み切り、goodアフタに登場”. コミックナタリー (2017年3月7日). 2020年12月16日閲覧。
  3. ^ 売れない小説家と少女の筋トレコメディ「わたしが強くしたい神」goodアフタで”. コミックナタリー (2018年2月7日). 2020年12月16日閲覧。
  4. ^ Palcy2周年で「MARS」「悪女」「のだめ」など“レジェンド級少女マンガ”全話開放”. コミックナタリー (2020年7月31日). 2020年12月16日閲覧。

外部リンク[編集]