十三番目の人格 ISOLA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十三番目の人格 ISOLA
著者 貴志祐介
発行日 1996年4月18日
発行元 角川書店
ジャンル ホラー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 401
コード ISBN 4041979013
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

十三番目の人格 ISOLA』(じゅうさんばんめのペルソナ いそら)は、貴志祐介による日本ホラー小説及びそれを原作とした日本のホラー映画

概要[編集]

多重人格憑依現象、阪神・淡路大震災を題材にしたミステリーホラー小説。元は「ISOLA」のタイトルで第3回日本ホラー小説大賞佳作に選ばれ、後に「十三番目の人格 ISOLA」に改名され角川ホラー文庫より出版された。『ISOLA 多重人格少女』の名前で映画化・漫画化された。タイトルの「ISOLA」は劇中に登場する雨月物語の「吉備津の釜」の怨霊・磯良と幽体離脱の実験道具「ISOLATION TANK」に由来する。

ストーリー[編集]

人の心を読む力を持つ加茂由香里は、阪神・淡路大震災のボランティアに参加した時、12の人格を抱える少女・森谷千尋に出会った。ところが、彼女は震災後、「ISOLA」という凶悪な13番目の人格が誕生していた。ボランティアメンバーの青木から彼女を紹介された由香里は自分の手に余る事態のため、晨光学院高等学校の常勤の臨床心理士である野村浩子に委ねることにした。その後、千尋に日常的な虐待を加えていた非情な叔父・森谷竜郎は、謎の不審死を遂げる。街では彼女に関わった人間は不審な死を遂げる事件が相次いでいた。由香里は「ISOLA」の謎を探る内に震災中に幽体離脱の臨床実験を行い死亡した高野弥生の関係者・真部和彦に辿り着く。

刊行情報[編集]

平成8年4月25日初版角川ホラー文庫によって刊行。

映画[編集]

ISOLA 多重人格少女
監督 水谷俊之
脚本 水谷俊之
木下麦太
製作 山田俊輔
井上文雄
製作総指揮 原正人
出演者 木村佳乃
黒澤優
石黒賢
音楽 デビット・マシューズ
主題歌 氷室京介
永遠 〜Eternity〜
撮影 栗山修司
編集 高橋信之
配給 東宝
公開 日本の旗 2000年1月22日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 16億円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ISOLA 多重人格少女』の題名で映画化。同時上映は『リング0 バースデイ』。2000年1月22日東宝系で公開。原作者の貴志祐介もカメオ出演している。

日本の映画作品として初めて阪神・淡路大震災を題材としている[2]。被災者への追悼も込められ、エンディング映像には神戸ルミナリエが登場した。

キャッチコピー[編集]

  • 私の中に潜む、十三番目の悪魔
  • 世紀末に誕生するの2つのミレニアムホラー(リング0と併せて)

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との変更点[編集]

  • 千尋に新たな悪魔の人格憧子が現れるバッドエンドと違い、ラストは爽やかな終り方をする。
  • 架空の無声映画「雨月物語」が登場。
  • 加茂由香里や森谷千尋の過去は描写されない。由香里の妹、恵子や千尋の両親茂・圭子は登場しない。
  • 高野弥生は容姿にコンプレックスがある醜女ではなく普通の美人となる。千尋を介しての野村浩子との関係もない。
  • 森谷竜郎(千尋の叔父)や前園勝美(高校の担任教師)の最後は心臓麻痺だったのが、映画では首吊り自殺、焼き鳥の串で自殺などより残忍なものに変更。また、千尋をいじめていた女学生、大村茜・原映美・横沢道子の殺害と登場はない。
  • 由香里と浩子の勤める精神病院の描写が変更。

関連商品[編集]

漫画[編集]

映画版同様、「ISOLA~多重人格少女~」のタイトルで漫画化。作画:凜野ミキ

1999年12月22日角川書店より出版 ISBN 4-04-853167-0

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)600頁
  2. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2001年4月30日、90頁。雑誌コード:01844-04。

外部リンク[編集]