熊倉隆敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

熊倉 隆敏(くまくら たかとし、1974年 - )は、日本漫画家栃木県栃木市出身。男性。

栃木県立栃木高等学校東京造形大学出身。高校時代は漫画研究同好会に所属していた[1]2000年から『アフタヌーンシーズン増刊』連載の『もっけ』で本格デビュー。同誌休刊後、2003年より『月刊アフタヌーン』に移籍し隔月連載をした。同作品は正統派妖怪漫画として評価が高く、妖怪に造詣の深い博物学者の荒俣宏からも評価を受けた。熊倉本人も大の妖怪好きで、妖怪ブームの立役者の漫画家である水木しげるにも会っている。

略歴[編集]

既刊[編集]

漫画[編集]

挿絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 熊倉の代表作『もっけ』の作中に出身校や出身地の風景・建物(町立図書館など)が登場している

外部リンク[編集]