岩明均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩明 均
本名 岩城 均(いわき ひとし)
生誕 1960年7月28日(55歳)
日本の旗 日本 東京都
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1985年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 寄生獣』 『ヒストリエ』など
受賞

第17回講談社漫画賞一般部門
(『寄生獣』)
第27回星雲賞コミック部門
(『寄生獣』)
第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞
(『ヒストリエ』)

第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞
(『ヒストリエ』)
テンプレートを表示

岩明 均(いわあき ひとし、1960年7月28日 - )は、日本漫画家東京都出身。男性。和光大学中退。本名は岩城 均(いわき ひとし)[1]。父親は和光大学名誉教授考古学者岩城正夫

寄生獣』で1993年に第17回講談社漫画賞一般部門、1996年に第27回星雲賞コミック部門、『ヒストリエ』で2010年に第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、2012年に第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。

人物[編集]

学生時代には父の著書に挿絵を提供していた。1984年、上村一夫アシスタントを始める。1985年、ちばてつや賞に入選した「ゴミの海」が『モーニングオープン増刊』(講談社)に掲載され、デビュー[1]。以後は主に『月刊アフタヌーン』などの講談社の雑誌で活動している。

漫画家の須賀原洋行とは親交がある。ともに『月刊アフタヌーン』に連載していたこともあり、『よしえサン』の単行本巻末に特別寄稿として、須賀原をモチーフにした読切作品を掲載したこともある。一方の須賀原も『寄生獣』単行本巻末に岩明を主人公にしたフィクション読切漫画「寄生OL」を特別寄稿している[2]

作風[編集]

残虐描写を特徴とするが、ストーリーは哲学的かつドラマティックな展開を両立させている。2000年代以降は歴史に題材を取った作品が多い。休載になることもしばしばで作品の量は多くなく、本人も自覚している[4]

略歴[編集]

  • 1985年:『ゴミの海』がちばてつや賞に入選しデビュー。
  • 1985年 - 1988年:『モーニング』で『風子のいる店』を連載。
  • 1988年 - 1995年:『モーニングオープン増刊』、『月刊アフタヌーン』で『寄生獣』を連載。
  • 1993年:第17回講談社漫画賞受賞(『寄生獣』)。
  • 1996年:第27回星雲賞コミック部門受賞(『寄生獣』)。
  • 1996年 - 1999年:『ビッグコミックスピリッツ』で『七夕の国』を連載。
  • 1999年:『モーニング新マグナム増刊』にて『雪の峠』を短期集中連載。
  • 2000年:『ヤングチャンピオン』にて『剣の舞』を短期集中連載。
  • 2001年 - 2002年:『ヤングアニマル嵐』で『ヘウレーカ』を連載。
  • 2003年:『月刊アフタヌーン』で、『ヒストリエ』の連載を開始。
  • 2010年:第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞(『ヒストリエ』)。
  • 2012年:第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞(『ヒストリエ』)。

作品リスト[編集]

連載[編集]

アンソロジー[編集]

未収録作品[編集]

  • 午前の星(モーニング パーティー増刊 1986年7月8日号、 9月9日号)
  • 大理石の都(コミックモーニング増刊 OPEN 1986年7月29日号)
  • 残像(コミックモーニング 1991年32号)
  • 酒場紳士(コミックモーニング特別編集 THE OPEN B 1988年10月25日号)
  • 目を見て話せ(2003年、エース特濃Vol.1。2008年、コミックチャージ4号に再録)

インタビュー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『骨の音』あとがきより
  2. ^ その時、岩明としてデザインされたキャラクターは『それはエノキダ!』の主人公「榎田保」として流用された。
  3. ^ 第14回メディア芸術祭、マンガ部門大賞は「ヒストリエ」
  4. ^ 第14回文化庁メディア芸術祭の受賞コメントでは、「(『ヒストリエ』)開始から7年経つのに単行本がいまだ6冊というのが何とも面目ない話で、今現在もほかのマンガ家さんが聞いたら笑ってしまうようなわずかな仕事量に立ち往生し、机にへばりついておる所です。ご挨拶にも伺えず申しわけありません」として授賞式にも参加していない[3]
  5. ^ 雑誌連載時は「岩明均」名義だったが、単行本では「山石日月」名義。

外部リンク[編集]