太田モアレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 モアレ(おおた もあれ、1979年[1] - )は、日本漫画家

経歴・人物[編集]

2007年春、投稿作「囚われクローン」でアフタヌーン四季賞「四季賞」(第3席)を受賞。2007年秋、同賞に投稿した「魔女が飛んだり飛ばなかったり」で「四季大賞」(第1席)を受賞。商業誌デビューしたのち、2008年から2015年まで、同誌の増刊である『good!アフタヌーン』で「鉄風」を連載した[1]

作品リスト[編集]

  • 囚われクローン(『月刊アフタヌーン』2007年7月号付録 四季賞PORTABLE Vol.6)
  • 魔女が飛んだり飛ばなかったり(『月刊アフタヌーン』2008年2月号付録 四季賞PORTABLE Vol.8)
  • その後のクローン(同人誌にて発表。商業誌未掲載)
  • 都市伝説だよ都市子さん(『月刊アフタヌーン』2008年12月号)
  • 鉄風(『good!アフタヌーン』2008年初号 - 2015年8月号)
  • 今夜もEat it (『月刊アフタヌーン』2016年4月号) - 『ネオ寄生獣』シリーズ第10弾[2]
  • 寄生獣リバーシ (『コミックDAYS』2018年3月2日 - 連載中

出典[編集]

  1. ^ a b ネオ寄生獣, ISBN 978-4-06-388156-1 
  2. ^ アフタで太田モアレが「寄生獣」描く、次号は萩尾望都が田宮良子の娘執筆”. コミックナタリー (2016年2月25日). 2018年7月25日閲覧。