瀧波ユカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
瀧波 ユカリ
(たきなみ ゆかり)
生誕 (1980-03-28) 1980年3月28日(39歳)
日本の旗 日本北海道釧路市
職業 漫画家
ジャンル 4コマ漫画エッセイ漫画
代表作臨死!!江古田ちゃん
テンプレートを表示

瀧波 ユカリ(たきなみ ゆかり、女性、1980年3月28日 - )は、日本漫画家エッセイスト北海道釧路市出身、札幌市中央区在住。

来歴[編集]

瀧波家のルーツは新潟県村上市で、曽祖父の代で根室市、祖父の代で札幌市に移住した。父は元ジャズドラマーで、すすきのでバーやパブを経営し、従業員だった母と結婚した。その後事業の拠点を釧路市に移し、同地で育った[1]

HIROMIXに影響され日本大学芸術学部写真学科に進学。卒業後は東京でフリーターをする。2004年アフタヌーン四季賞冬のコンテストにおいて、「臨死!!江古田ちゃん」が四季大賞を受賞し、漫画家デビューした。同賞史上初めて4コマ漫画により大賞を受賞した。受賞作は『月刊アフタヌーン』にて即連載化された。独特の自虐や社会風刺、「猛禽」という女性カテゴリの提起などで注目を集める。

2007年よりサンケイリビング新聞社のOL向け情報誌『シティリビング』にてコラム『乙女ノ姿シバシトドメム』も連載中。また、2009年11月20日放送のラジオ番組『一青窈と江古田ちゃんのオールナイトニッポンR』に出演し、一青窈と共にパーソナリティを務めた。

小学校低学年くらいからコマを割って漫画を描いており、『江古田ちゃん』はもともと大学の部室のノートに描いていた漫画だという。夢は「江古田ちゃん」のフィギュア化(『月刊アフタヌーン』の付録で)。

既婚者で一児の母。東日本大震災を契機に、家族で札幌市に移住している[2]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

エッセイ[編集]

  • はるまき日記(2012年、別冊文藝春秋文藝春秋社) - 育児エッセイ+漫画。
  • オヤジかるた 女子から贈る、飴と鞭。(2014年、週刊文春、文藝春秋社) - コミックエッセイ
  • ありがとうって言えたなら(2018年、CREA WEB、文藝春秋社) - コミックエッセイ

共著[編集]

イラストなど[編集]

その他、アンソロジー『猫本』にも参加。

メディア出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ わが4代の札幌 瀧波ユカリ
  2. ^ はるまき日記、文藝春秋社、2012
  3. ^ 月刊アフタヌーン2009年12月号にて告知されている。

外部リンク[編集]