中村明日美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1月5日 - )は、日本漫画家神奈川県出身。女性。血液型O型。

略歴[編集]

  • 神奈川県に生まれる。2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』〈白泉社〉)への投稿を継続し、デビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。
  • 2010年7月6日、自身の体調不良により執筆活動の休止を公式サイトにて発表した。2011年2月から雑誌『KERA』で活動を再開している。

その他[編集]

作品リスト[編集]

現在連載中[編集]

単行本[編集]

  • コペルニクスの呼吸 (1)(2002年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション1 2015年、太田出版)
  • コペルニクスの呼吸 (2)(2003年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション2 2015年、太田出版)
  • 鶏肉倶楽部(2002年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション3 2015年、太田出版)
  • Jの総て (1)(2004年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション4 2015年、太田出版)
  • Jの総て (2)(2005年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション5 2015年、太田出版)
  • Jの総て (3)(2006年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション6 2015年、太田出版)
  • ばら色の頬のころ(2007年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション7 2015年、太田出版)
  • 片恋の日記少女(2008年、白泉社)
  • 同級生(2008年、茜新社
  • 2週間のアバンチュール(2008年、太田出版 / 【新装版】中村明日美子コレクション8 2015年、太田出版)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (1)(2009年、インデックス・コミュニケーションズ
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (2)(2011年、インデックス・コミュニケーションズ)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (3)(2012年、インデックス・コミュニケーションズ)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (4)(2014年、モール・オブ・ティーヴィー)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (5)(2016年、モール・オブ・ティーヴィー)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (6)(2018年、幻冬舎コミックス)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (7)(2018年、幻冬舎コミックス)
  • 曲がり角のボクら(2009年、白泉社)
  • ダブルミンツ(2009年、茜新社)
  • 卒業生-冬-(2010年、茜新社)
  • 卒業生-春-(2010年、茜新社)
  • あなたのためならどこまでも(2010年、芳文社
  • ウツボラ (1)(2010年、太田出版)
  • ウツボラ (2)(2012年、太田出版)
  • 空と原(2012年、茜新社)
  • 呼出し一(はじめ) (1)(2010年、講談社
  • 鉄道少女漫画(2011年、白泉社)
  • 君曜日 -鉄道少女漫画2-(2013年、白泉社)
  • 君曜日2 -鉄道少女漫画3-(2015年、白泉社)
  • 君曜日3 -鉄道少女漫画4-(2017年、白泉社)
  • LE THÉÂTRE DE A 〜Aの劇場〜(2012年、インデックス・コミュニケーションズ / 【新装版】2018年、集英社)
  • LE THÉÂTRE DE B 〜Bの劇場〜(2013年、インデックス・コミュニケーションズ / 【新装版】2018年、集英社)
  • 奈落何処絵巻 〜あなたのためならどこまでも 平安調スペシャル~(2013年、芳文社)
  • O.B.1 (2014年、茜新社)
  • O.B.2(2014年、茜新社)
  • 先生のおとりよせ(2014年、リブレ出版、榎田ユウリと共著)
  • おはよう楽園くん(仮)(2015年、白泉社)
  • 薫りの継承 上・下(2015年、リブレ出版)
  • あの日、制服で(2015年、リブレ出版)
  • 王国物語 (1)(2018年、集英社)
  • 王国物語 (2)(2019年、集英社)
  • メジロバナの咲く (1)(2019年、白泉社)

単行本未収録作品[編集]

  • 僕、タマゴマン。(2004年4月号、『月刊flowers』、小学館)
  • 春の画(2009年7月号、『Dear+』、新書館)
  • 2月14日の楽園くん(仮)(2011年第5号、『楽園 Le Paradis [ル パラディ]』、白泉社)※二本立て
    • 3月13日の楽園くん(仮)
  • アードルテとアーダルテ(2011年、『ぽこぽこ』、太田出版)※webマガジン[2]

アンソロジー寄稿[編集]

  • ネオ寄生獣f(2015年、講談社)
  • マンガアンソロジー谷崎万華鏡(2015年、中央公論新社)
  • アンソロジー みんなでさらざんまい(2019年、幻冬舎コミックス)

その他[編集]

  • 【懺・】さよなら絶望先生 (2009年、第3話 エンドカード)
  • 萌え男子がたり(2009年、ブックマン社、表紙・カラー絵)
  • nanofingers Offset 『ギムナジウム』(2011年、CDジャケット)
  • 妖奇庵夜話 シリーズ(2013年 - 、著:榎田ユウリ、角川ホラー文庫、表紙)
  • 羅生門 朗読CD付(2014年、著:芥川龍之介、朗読:宮野真守、挿画)
  • ルームメイト(2014年、著:雪代鞠絵、原著:ラナ・マクレガー 、ハーレクイン・ラブシック、表紙・口絵)
  • BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす(2015年、著:溝口彰子、太田出版、表紙)
  • エロス×フェティシズム(2015年、共著、玄光社MOOK、イラスト・インタビュー)
  • BL古典セレクション3 怪談 奇談(2019年、著:王谷晶、原作:ラフカディオ・ハーン、表紙)

鉄道少女漫画[編集]

中村が「鉄道」(主に小田急沿線)の少女を描いた物語。第一巻内の「木曜日のサバラン」から派生して、第二巻~第四巻はその続編「君曜日」となっている。

君曜日(木曜日のサバラン)[編集]

倉木亜子(くらき あこ)
主人公。「枯れ専」趣味で、中年のおじさんが好きであったが、同じ塾に通い、共通の鉄道趣味を持つ小平と交際を始める。
小平カノン(こだいら カノン)
亜子の恋人。見た目は軟派そうに見えるが、何かと亜子のことを気に掛けている。
大鷲美沙(おおわし みさ)
亜子のクラスメート。恋多き女で、のちに親友となる。同窓会では4児の母になっていた。最初から小平を「亜子の思い人」と感じていた。亜子にはあだ名の「みさっちん」と呼ばれる。
持田華絵(もちだ かえ)
小平の幼馴染。小平のことを思い続けてはいたが、小平と亜子の思いを知り自らは身を引く。
柴田・夫(しばた・おっと)
亜子の「枯れ専」趣味の片思い相手。木曜日に鉄道模型店で毎週のように亜子と顔合わせしていた。
模型店通いがなくなった後も、出会うことがあった。
柴田・妻(しばた・つま)
柴田の妻。夫を疑い模型店へ偵察し、亜子を不倫相手と間違えて夫を鉄拳制裁する。
のちに誤解が解け、娘・あやかのこともあって亜子・小平と親しくなる。
柴田あやか
柴田夫婦の長女。好奇心旺盛で、対象物を見つけるや走り出す癖がある。
そのために迷子になってしまい、亜子・小平が迷子センターへ連れていき、柴田夫婦と再会する。
義明(よしあき)
小平の兄。ニートで、四六時中アイドルの話をしている。小平にとっては「うざい奴」。
弟を「のんちん」と呼び弄るが、小平はそんな彼を快く思っていない。弟、亜子、美沙と4人で大井川鉄道を旅した。
倉木・母
亜子の母。倹約家らしく、亜子が小平と秩父鉄道に乗りに行くことを聞いて弁当を持たせた。
小平は彼女の弁当を絶賛した。
小平・母
小平の母で、肝っ玉母さんタイプ。義明と小平のケンカに困惑している。
次男(小平)が亜子・美沙と大井川鉄道へ乗りに行くというので、「泊りがけになるから」と義明を強引に同伴させた。

その他[編集]

スリの少女
第一巻「浪漫避行にのっとって」「ある休日」と第三巻の一部に登場。沿線でスリをしていた常習犯。
小田急沿線の高校に通っていて、小田急の列車・ダイヤに熟知している。
彼女が乗り合わせた列車で居合わせた男(眼鏡兄)が、蒸発妻(美華)と別の男(実は彼の弟、秋仁)を追跡する途中で、彼女は衝動的に協力する羽目になった。実は兄嫁が家政婦扱いされるのに耐えかねて彼の弟と蒸発したらしい。
眼鏡兄に協力するため、彼女は秋仁から財布をすり、脳内にある小田急のダイヤを算出して、二人の追跡を成功させた。兄は兄嫁に陳謝して仲直り、実は兄嫁と蒸発した弟は以前、彼女のスリをとがめたことのある沿線の駅員であるが、彼女はそのことを忘れていた。秋仁に厳しく叱責された。
秋仁(あきひと)
スリの少女とともに「浪漫避行にのっとって」、「ある休日」と第三部(一部)に登場している。
小田急の駅員で、スリの少女を以前叱責したことがあり、眼鏡兄との絡みで再会して、その時に(眼鏡兄の復縁を助けるためにであるが)彼から財布を盗んだことで再び叱責している。
彼はスリの少女に気づいていたが、彼女自身は彼の私服(アロハシャツ、サングラス)からあの駅員と気づかなかった。
小田原で再び少女を叱責するが、「俺が(少女に)ついてやらないと」と思ったのか、そのまま少女と交際する事になった。
眼鏡兄
秋仁の兄。彼曰く「かなりの孫請けである小さなゲーム会社」に勤務していて、徹夜することはよくありあまり自宅に帰る事が無い。
どうしても家庭のことについてルーズになりがちで、美華に蒸発されてしまう。
美華の置手紙を頼りに追跡、さらに彼の財布をすろうとした「スリの少女」に協力を求め、美華を小田原まで突き止めて再会。彼女に陳謝して、少女の勧めでこのまま箱根復縁旅行をすることになった。
美華(みか)
秋仁の兄嫁。眼鏡兄のルーズぶりにうんざりしていて、眼鏡兄の心をひくために秋仁と逃避行に見せかけた作戦を決行する。
眼鏡兄と新百合ヶ丘近辺で一度再会するが、彼女を怒らせてしまい、眼鏡兄は「スリの少女」とともに新百合ヶ丘で途中下車する。
少女の助けで小田原駅で再会することができ、そのまま夫婦旅行をすることになった。
入生田の駅員
「彼の住むイリューダ」「ある休日」に登場。
箱根登山鉄道の社員で、入生田駅にて改札などを行っている。鼻炎なのかよくマスクをしている。
図らずも地元住民である後藤、後藤の恋人であるルミカのキューピッド役をした。
ルミカ
父親の仕事の都合でドイツへ移住する事になり、後藤に会うためなのと彼に新しい体操着を渡すために入生田までやってくるが、落してしまい、後藤に会うのをあきらめて新宿へ向かうのだが、駅員の機転で後藤と再会する。
以前、口紅をつけて登校したところ後藤の体操着についてしまい、そのころから後藤の事が好きだった。
後藤に告白する勇気が無く、同級生・新田の求愛を受け入れていたが、ドイツ移住間近になって新田を振ってしまい、後藤に告白することにした。
リホ
ルミカの親友。ルミカを憂いて入生田まで追跡、「後藤、新田」とのいきさつをすべて知っていて、新田を振ったルミカに困惑するが、結局はルミカと後藤の恋愛を応援し、後から来た新田をフォローする。
新田
ルミカの元彼氏。いきなりルミカに振られてしまい、その原因が後藤にあると突き止め、ルミカが後藤の下駄箱に置いた手紙をすべて捨ててしまった。
後藤
ルミカの口紅がついた体操着を赤く染めて通学した男子。リホの話だと「鼻血で染まったから」だと説明していた。
彼の赤い体操着を見て、「男気」を見たルミカは惚れ直してしまい、のちに新田を振って後藤に新たな体操着を渡そうとする。
本厚木の女
友人に自宅に置いてある服や荷物を届けてもらった女。
新婚旅行に行く予定だったが、夫が盲腸で中止となり、さらに友人に「自分で取りに来い」と言われたので本厚木へ戻ってきた。
探していたのは指輪であった。
本厚木の友人
「立体交差の駅」「青と白のリーム」「ある休日」に登場。「本厚木の女」の友人だが、厚木市・海老名市の駅名事情を知らないため混乱していた(厚木駅は海老名市にある)。
怒りの衝動で持ち物(本厚木の私物など)を落としてしまい、通りかかったミズホに拾われて、それから親しくなる。
ミズホ
「立体交差の駅」「青と白のリーム」「ある休日」に登場。「本厚木の友人」とは本厚木で出会い、持ち物を拾ったことから親しくなった。
厚木近辺の女子高生で野球部に所属する選手。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]