中村明日美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1月5日 - )は、日本漫画家神奈川県出身。女性。血液型O型。

略歴[編集]

  • 神奈川県に生まれる。2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社))への投稿を継続し、デビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。
  • 2010年7月6日、自身の体調不良により執筆活動の休止を公式サイトにて発表した。2011年2月から雑誌『KERA』で活動を再開している。

その他[編集]

  • 作中に三白眼のキャラがよく登場する。
  • 高校時代は美術コースに進み、演劇部に所属していた。大学でも演劇部に所属。趣味は舞台鑑賞。
  • 好きな漫画は『るきさん』『孤独のグルメ』『カストラチュラ』など。好きなアーティストはT-REX、好きな作家はウイリアム・バロウズ
  • YMCKの中村智之は実兄。[1]

現在連載中[編集]

単行本[編集]

  • 鶏肉倶楽部(2002年、太田出版)
  • コペルニクスの呼吸 (1)(2002年、太田出版)
  • コペルニクスの呼吸 (2)(2003年、太田出版)
  • Jの総て (1)(2004年、太田出版)
  • Jの総て (2)(2005年、太田出版)
  • Jの総て (3)(2006年、太田出版)
  • ばら色の頬のころ(2007年、太田出版)
  • 片恋の日記少女(2008年、白泉社)
  • 同級生(2008年、茜新社
  • 2週間のアバンチュール(2008年、太田出版)
  • ノケモノと花嫁 THE MANGA (1)(2009年、インデックス・コミュニケーションズ
  • 曲がり角のボクら(2009年、白泉社)
  • ダブルミンツ(2009年、茜新社
  • 卒業生(冬)(春)(2010年、茜新社
  • あなたのためならどこまでも(2010年、芳文社
  • ウツボラ (1)(2010年、太田出版)
  • ウツボラ (2)(2012年、太田出版)
  • 空と原 (2012年、茜新社
  • 呼出し一(はじめ) (1)(2010年、講談社
  • 鉄道少女漫画(2011年、白泉社)
  • 君曜日 -鉄道少女漫画2-(2013年、白泉社)
  • 奈落何処絵巻 〜あなたのためならどこまでも 平安調スペシャル~(2013年、芳文社)
  • O.B.1 (2014年、茜新社
  • O.B.2 (2014年、茜新社
  • 先生のおとりよせ(2014年、リブレ出版、榎田ユウリと共著)
  • 君曜日2 -鉄道少女漫画3-(2015年、白泉社)
  • おはよう楽園くん(仮)(2015年、白泉社)
  • 薫りの継承 上・下(2015年、リブレ出版)
  • あの日、制服で(2015年、リブレ出版)
  • 君曜日3 -鉄道少女漫画4-(2017年、白泉社)

単行本未収録作品[編集]

  • 僕、タマゴマン。(2004年4月号、『月刊flowers』、小学館)
  • 春の画(2009年7月号、『Dear+』、新書館)
  • 2月14日の楽園くん(仮) (2011年第5号、『楽園 Le Paradis [ル パラディ]』、白泉社)※二本立て
    • 3月13日の楽園くん(仮)
  • アードルテとアーダルテ(2011年、『ぽこぽこ』、太田出版)※webマガジン[2]

アンソロジー寄稿[編集]

  • ネオ寄生獣f(2015年、講談社)
  • マンガアンソロジー谷崎万華鏡(2015年、中央公論新社)

その他[編集]

鉄道少女漫画[編集]

中村が「鉄道」(主に小田急沿線)の少女をえがいた物語。第一巻内の「木曜日のサバラン」から派生して、第二巻~第四巻はその続編「君曜日」となっている。

倉木亜子(くらき・あこ)
主人公。「枯れ専」趣味で、中年のおじさんが好きであったが、同じ塾に通い、共通の鉄道趣味を持つ小平と交際を始める。
小平カノン(こだいら・かのん)
亜子の恋人。見た目は軟派そうに見えるが、何かと亜子のことを気に掛けている。
大鷲美沙(おおわし・みさ)
亜子のクラスメート。恋多き女で、のちに親友となる。同窓会では4児の母になっていた。最初から小平を「亜子の思い人」と感じていた。亜子にはあだ名の「みさっちん」と呼ばれる。
持田華絵(もちだ・かえ)
小平の幼馴染。小平のことを思い続けてはいたが、小平と亜子の思いを知り…自らは身を引く。
柴田・夫(しばた・おっと)
亜子の「枯れ専」趣味の片思い相手。木曜日に鉄道模型店で毎週のように亜子と顔合わせしていた。
模型店通いがなくなった後も、出会うことがあった。
柴田・妻(しばた・つま)
柴田の妻。夫を疑い、模型店へ偵察すると…亜子を不倫相手と間違えて夫を鉄拳制裁。
のちに誤解が解け、娘・あやかのこともあって亜子・小平と親しくなる。
柴田あやか
柴田夫婦の長女。好奇心旺盛で、対象物を見つけるや走り出す癖がある。
そのために迷子になって仕舞い、亜子・小平が迷子センターへ連れていき、柴田夫婦と再会する。
義明(よしあき)
小平の兄。ニートで、四六時中アイドルの話をしている。小平にとっては「うざい奴」。
弟を「のんちん」と呼び弄るが、小平はそんな彼を快く思っていない。弟、亜子、美沙と四人で大井川鉄道を旅した。
倉木・母
亜子の母。倹約家らしい、亜子が小平と秩父鉄道に乗りに行くことを聞いて、弁当を持たせた。
小平は彼女の弁当を絶賛した。
小平・母
小平の母で、肝っ玉母さんタイプ。義明と小平のケンカに困惑している。
次男(小平)が亜子・美沙と大井川鉄道へ乗りに行くというので、「泊りがけになるから」と義明を強引に同伴させた。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]