月刊少年ギャグ王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

月刊少年ギャグ王』(げっかんしょうねんギャグおう)は、かつてエニックスが発行していた日本月刊ギャグ漫画雑誌。1994年(5月号)創刊、1999年(4月号)休刊。当初は毎月30日発売であったが後に毎月3日に変更され、通巻58号(増刊を含む)が発行された。

エニックスより刊行された漫画雑誌の中で初めて当初から誌名に「ガンガン」が入っていない雑誌であり[1]、また最初に休刊した雑誌である[2]

概要[編集]

1994年3月に創刊号が発売。1993年に発売された『月刊少年ガンガン 増刊4コママンガ劇場』を前身としており、テレビゲームファンの子供を対象としていた[3]。当時、好調だった4コママンガ劇場のノウハウを生かし、少年漫画誌としては珍しい4コマ漫画ギャグ漫画を中心とした構成となっていた[3]。創刊時の連載作品には当時の『ドラゴンクエスト4コママンガ劇場』で描いていた漫画家達のオリジナル作品が多かった。キャッチコピーは「ぼくらのハッピーマガジン」。

1997年マリオポケットモンスターなどのゲームコミックを大量に連載し始めたものの、発行部数は年々減少。1999年に連載から4コマ漫画を外し、『月刊少年GagOh!』と誌名を改め心機一転を図ったが、わずか3号で休刊となる。牧野博幸によれば、他の子供向け漫画雑誌のような方向を目指すも失敗、オタク向けにして男性作家はリストラする。という雑誌方針の変更があったという[4]

連載作品[編集]

移籍作品[編集]

編集者[編集]

Gag-Oh! コミックス[編集]

Gag-Oh! コミックスは『月刊少年ギャグ王』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベル1994年10月創刊し、1999年10月まで刊行された。判型は原則として新書判だが、4コママンガ劇場の姉妹編である「1Pコミック劇場」のようにA5判で刊行されたものもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊Gファンタジー』の創刊時の誌名は『ガンガンファンタジー』であった。
  2. ^ 本誌の休刊後に創刊時から「ガンガン」が入っておらず、後に休廃刊した雑誌には『コミックバウンド』及び『月刊ステンシル』が存在する。
  3. ^ a b 「エニックス 3冊目の月刊雑誌 4コマ漫画中心―収益基盤安定へ」日経産業新聞1994年1月1日付、5頁。
  4. ^ 「おまけ その日ぐらしの泣く頃に 解~後の祭り編~」(牧野博幸『勇者カタストロフ!!下巻』復刊ドットコムISBN 978-4-8354-4429-12010年9月、305-308頁。

外部リンク[編集]