ガンガンパワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ガンガンPOWERED』(ガンガンパワード)は、スクウェア・エニックス2001年3月から2009年2月まで発行していた日本の少年向け漫画雑誌。『月刊少年ガンガン』増刊。

概要[編集]

『月刊少年ガンガン』の臨時増刊号として2001年3月に年2回刊で発刊。当初はドラバットという藤原カムイデザインのイメージキャラクターがいたが、2002年春の3号を最後に登場しなくなる。2004年に季刊化するまでは、主に新人の読み切りや本編の番外編といった形の作品を掲載。また、2006年に発刊したガンガンコミックスアンソロジーの編集も担当していた。

2006年6月に隔月刊化し自社作品、とりわけ旧エニックス作品に比べて2003年の合併後も活用が進んでいなかった旧スクウェア作品を中心にゲーム系コンテンツの漫画化作品掲載を強化。また、この頃から「ひぐらしのなく頃に」のヒットを受けて同人ゲームの漫画化作品を中心に連載作品にも力を入れ始める。付録にゲームミュージックを収録したラジオCD「スクウェア・エニックス MUSICパワード」2007年のVol.7まで添付されていたが、同CDの廃止後も不定期でドラマCD等が添付されることがあった。

2009年2月21日発売の4月号を以て休刊し、連載作品の大半は『月刊少年ガンガン』本誌や姉妹誌の『月刊Gファンタジー』、同年4月22日創刊の『月刊ガンガンJOKER』、ウェブコミック配信サイトガンガンONLINE』へ移籍した。

連載作品[編集]

他誌へ移籍した作品[編集]

月刊少年ガンガンへ移籍[編集]

月刊Gファンタジーへ移籍[編集]

月刊ガンガンJOKERへ移籍[編集]

ガンガンONLINEへ移籍[編集]

シリーズ連載[編集]

未完の作品[編集]

連載休止のまま未完となった作品。

本誌で完結した作品[編集]

主な読み切り作品[編集]

以下、後に他誌で連載化された作品に限定して挙げる。

4ページで4コママンガをやってみないか?[編集]

パワードでは、発刊当初より少年ガンガン本誌で行われていた「2Pでギャグをやってみないか?」(後に「2Pギャグ頂上決戦 GGグランプリ」へ改題)の姉妹企画として「4ページで4コママンガをやってみないか?」と題する勝ち抜き投稿企画を実施していた。応募資格は不問で、オリジナルの4コマ漫画8本(4ページ分)を投稿し編集部に採用されればエントリー作品として掲載される。毎号6本のエントリー作品を読者投票で審査し、上位2作品が次号勝ち抜きとなり3号連続で勝ち抜きを達成すると、読み切り掲載権が与えられた。本誌の休刊後は「戦国GAG合戦」にタイトルを変えてJOKERに継承されている。

本企画の主な参加者は以下の通りである(エントリー前にデビューしていた漫画家や勝ち抜きに至らず他誌でデビューした漫画家も含む)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]