白山宣之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白山 宣之(しらやま のぶゆき、1952年8月25日 - 2012年4月8日)は、日本漫画家長崎県雲仙市吾妻町出身[1]

来歴[編集]

長崎県雲仙市吾妻町で生まれる。幼稚園のときに一家で上京し、目黒区立大岡山小学校に入学。その後、江ノ島、吾妻町、福岡と各地を転々とする。

福岡大学附属大濠高等学校卒業後上京。宮谷一彦みやわき心太郎に師事。

1974年、『ガロ』 (青林堂)でデビュー。その後は青年誌を中心に寡作ではあったが短編漫画を執筆する。2012年4月8日、病没。

人物[編集]

同じニューウェーブ世代の漫画家とは親交が深く、大友克洋山本おさむと共作を発表したこともある。

単行本[編集]

  • 少年塔(1995年
  • 10月のプラネタリウム(1997年
  • 地上の記憶(遺作集、2013年
  • 幻の花 白山宣之傑作集(2015年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 白山宣之プロフィール”. コミックナタリー. 2013年1月13日閲覧。

関連項目[編集]