佃公彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佃 公彦
本名 同じ
生誕 (1930-01-01) 1930年1月1日
東京府
死没 (2010-06-28) 2010年6月28日(満80歳没)
東京都中央区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1955年 - 2007年
ジャンル 4コマ漫画幼年漫画風刺漫画
代表作 ほのぼの君
受賞 第33回日本漫画家協会賞2004年
テンプレートを表示

佃 公彦(つくだ きみひこ、1930年1月1日 - 2010年6月28日)は、日本漫画家

人物[編集]

東京(当時東京府)出身であるが、少年時代は親の出身地徳島県で育った。旧制麻植中学校(現・徳島県立川島高等学校)卒業後、海軍兵学校78期)に進むが、終戦により閉校。

1955年文春漫画読本に掲載された「ほのぼの君日記」で漫画家デビュー。

1956年東京新聞に『ほのぼの君』の連載を開始。スタート当初は、台詞のない「サイレント漫画」形式だった[1]1970年から中日新聞[2]東京新聞北陸中日新聞北海道新聞西日本新聞に『ちびっこ紳士』を連載開始。

1984年2月、連載5,000回突破を機に『ほのぼの君』にタイトルを変更。登場人物が子供と動物だけというものと、自然、環境問題をテーマにした作品を多く執筆した。「ラジオ体操」のマスコットキャラクターも佃の作品である。

しかし、晩年は直腸がんや腹部大動脈瘤の手術で休載することが多くなり、2006年末にはパーキンソン病を発症、絵筆が持てなくなるなどから降板を決意、2007年3月8日掲載分をもって、『ちびっこ紳士』から数えて37年間、東京新聞での連載年数では通算44年間にわたる『ほのぼの君』の連載が終了した[3]。新旧及び『ちびっこ紳士』を含めた総連載回数は15,451回(東京新聞掲載分)と、新聞漫画では日本最長記録。なお、同様の新聞連載の世界記録はチャールズ・M・シュルツの『ピーナッツ』。

2004年、『ほのぼの君』で第33回日本漫画家協会賞を受賞。それ以前には、昭和30年代に3回ほど文藝春秋漫画賞の候補にノミネートされているものの、一度も受賞できなかった。

2010年6月28日午前0時20分、肺炎のため東京都内の病院で死去。[4]

大の車好き、特にポルシェミニをこよなく愛したことでも知られ、車に関する著作もある。

先述の文藝春秋漫画賞を逃して以降、作風はレイモン・ペイネチャールズ・M・シュルツの影響を受けていると、漫画評論家の清水勲が評した。[5]

代表作[編集]

『みんなのうた』アニメーション製作曲[編集]

1969年から1986年まで、NHKみんなのうた』のアニメーションを製作したものの、NHKには代表作『小犬のプルー』や、『ぼくは大きな石ころさ』・『アヒルと少女』の計3本しか現存していなかった。その後2014年に「みんなのうた発掘プロジェクト」で視聴者から映像が寄せられたため、現在のところ現存しない作品は『ついてないときのうた』のみ。

その他[編集]

ナレーションは女性版以外に男性版もあり、イラスト等のアレンジも異なる [6]

CM[編集]

出版[編集]

  • ありがとう ほのぼの君(東京新聞〔中日新聞東京本社〕出版局、北海道新聞社、西日本新聞社)

弟子[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これと同じパターンとして、朝日新聞夕刊で連載されていた根本進の『クリちゃん』がある。
  2. ^ 東京新聞の発行元である東京新聞社は経営難から1963年、中部日本新聞社(現:中日新聞社)が資本参加し、1967年10月1日に編集から発行までの一切の業務を中日新聞社へ譲渡、中日新聞東京本社となる。
  3. ^ なお、中日新聞では翌3月9日から次の作者が決まるまでの間、過去に掲載された作品を紹介する傑作選を連載漫画代わりとしていたが、2007年7月1日付からはさくらももこの『ちびまる子ちゃん』が4コマ漫画として連載を開始した。
  4. ^ 佃公彦氏死去 共同通信ニュース 2010年7月17日閲覧。
  5. ^ 2010年7月20日付 中日新聞夕刊8面文化欄『佃公彦さんを偲ぶ』
  6. ^ メ~テレの環境への取り組み・歴代環境CM - 名古屋テレビ放送公式ウェブサイト、2016年10月9日閲覧。