朝倉世界一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝倉 世界一(あさくら せかいいち)
生誕 1965年3月24日(49歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1988年 -
ジャンル ストーリー漫画青年漫画ギャグ漫画
代表作 『フラン県こわい城』
『地獄のサラミちゃん』
『デボネア・ドライブ』
テンプレートを表示

朝倉 世界一(あさくら せかいいち、1965年3月24日[1] - )は、日本漫画家イラストレーター東京都出身[1]

概要[編集]

1988年、コバルト社の成人向け雑誌にて「裏ビデの星」で漫画家としてデビュー。以降青年誌などでショートギャグ漫画や4コマ漫画などの執筆を中心とした活動を行っている。また書籍やCDジャケットなどのイラストカットの仕事もしている。 『フラン県こわい城』や『地獄のサラミちゃん』などに代表されるように、どの作品も線画を多用した脱力気味な絵柄が特徴である。 近年では安齋肇しりあがり寿などらとグループ展などのイベントや、そのグループ展メンバーで結成されたOBANDOSでのライブ活動、個展などマルチに活動している。現在コミックビーム2011年5月号から「春山町サーバンツ」、cocohana2012年1月号から「そよそよ。」、進研ゼミ中3マイスタイル4月号より「中学生まんが家のフクダタローくん」などを連載中。

作品リスト[編集]

主な単行本作品リスト[編集]

     ※2001年にイースト・プレスより新装版発行。

     ※初期作品短編集。

     ※2003年にはエンターブレインより未収録作品を収録した完全版が全3巻にて発行された。

     ※2004年に祥伝社より文庫版発行。

     ※aikoの2003年のツアーパンフレットには特別番外編が掲載されている。

  • 『月は何でも知っているかも』 (エンターブレイン)全1巻
    1. ISBN 9784757740990(2008年4月)

     ※短編集。

     ※けらえいこ吉田戦車らとの鉄道のアンソロジーコミック。

     ※第1巻にはコーラスで掲載された「ブロウガンズ」「谷村くんと鬼灯くん」も収録。

イラスト等担当作品リスト[編集]

主なイベント出演等リスト[編集]

  • 秋の宿題工作展(2003年)※安斎肇しりあがり寿白根ゆたんぽらとのグループ展。「○○の工作展」などと題して毎回ほぼ同じメンバーで不定期に行なわれている。
  • クリスマスの宿題工作展(2005年)
  • 秋の工作展まつり 輪ゴムの射的店(2007年)
  • 工作展 IN 京都(2008年)
  • 夏の宿題工作展「新楽器~We are the Obandos」(2008年)※この工作展参加のメンバーで結成されたバンド「OBANDS(オバンドス)」によって、以後各地で不定期にライブを開催。
  • 第一回ギャグ漫画家大喜利バトル(2008年7月)※おおひなたごう主催の大喜利企画。
  • トランスポップギャラリー presents 工作展LIVE 「オバンドスナイト/OBANDOS Night (in Kyoto)」(2008年9月)
  • OBANDOS NIGHT in Tokyo(2008年11月)
  • 朝倉世界一まんが博(2009年1-2月)※自身初の個展。
  • 第二回ギャグ漫画家大喜利バトル(2009年7月)
  • SUMMER SONIC 09(2009年8月)※OBANDOSとして出演。
  • 服部緑地 Rainbow Hill 2009(2009年10月)
  • オバンドス凱旋展(2009年10-11月)
  • 朝倉世界一展 NO COMIC,NO LIFE.(2009年12月-10年1月)※第二回個展。
  • 東海道工作展(2010年9-10月)
  • デボネア・ドライブ展(2011年10月)

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月)ISBN 9784816917608、P13

外部リンク[編集]