じゃがりこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じゃがりこ サラダ

じゃがりこは、1995年平成7年)からカルビー株式会社が製造・販売しているジャガイモを主原料としたスナック菓子で、同社の登録商標(第4387394号ほか)である。一度ふかしたジャガイモを細い棒状に整形して油で揚げたもので、カップ状の容器に入れられている[注 1]

概要[編集]

カリカリ・サクサクとした独特の食感や、さまざまなフレーバーが限定商品として販売されることで子供や若者に人気がある。年商が350億円を超えるカルビーの看板商品である(2018年平成30年)時点)[1]。キャッチフレーズは「食べだしたらキリンがない」。

カップ容器に入れられた状態

カルビー初期のヒット商品であるかっぱえびせん・1970年代のカルビーポテトチップス・1980年代のシリアル(現在のコーンフレーク・フルグラなど)に次いで、1990年代を代表する主力商品となるよう開発された[2]。当時ルーズソックスで世を席巻していた女子高生を意識し、彼女たちが「カバンに入れて持ち歩けるお菓子」をイメージして開発された[3]。1994年に「じゃがスティック」を試験販売、そのカップ型で初めて「じゃがりこ」が使われた[4]。商品名の候補には「カリットポテト」「ポテッキー」「スリムポテト」などがあったが、若手社員中心の開発チームで議論するうち、男性社員の「友人の利加子さんに試食させたら美味しそうだった」という話で盛り上がり、「じゃがいもりかこ⇒じゃがりかこ⇒じゃがりこ」となった[3][5]。1995年に新潟を始めに日本全国で発売され、テレビCMは、角田マキが、じゃがりこを連呼したものだった[4]。本格的に売れ始めたのは1997年秋ごろからだった[6]

2001年、遺伝子組み換え作物を用いていた[7]として回収命令が下されている。なお現在はカルビーの商品全体で遺伝子組換え作物は使用していない[8]

味の種類[編集]

過去に発売した商品はじゃがりこ公式WEBサイト「じゃがりこライブラリ」を参照。

  • サラダ味
  • チーズ味
  • じゃがバター味
  • たらこバター味
  • 九州しょうゆ味
  • 味噌バターコーン味(期間限定)
  • ハニーバターチキン味(期間限定)
  • のり塩バター味(期間限定)

じゃがりこファミリー[編集]

「食べだしたらキリンがない」から生まれた公式キャラクター

  • じゃがお - 趣味が日曜大工の父
  • りかこ - 料理が得意の母
  • 楽天的な酪農家の祖父・じゃが作、 息子じゃがおに厳しい反面、孫に甘い祖母・りん
  • 孫には、お調子者の兄・ミツル、まじめな姉・ニコ、おじいちゃん子の妹・みるくがいる。

他に、じゃがリーマン、じゃがたく、グララ、りん、アイがいる[4]

派生商品[編集]

  • さつまりこ - じゃがりこのサツマイモ版。
    • 1999年販売開始[9]。秋冬期間限定品。
    • 2018年にはらぽっぽファームの監修によるコラボレーション商品「さつまりこ ポテトアップルパイ味」を販売した[10]
  • とうもりこ - じゃがりこのトウモロコシ版。
    • 商品名の候補には「こーんりこ」や「コーンリコ」などがあったが、じゃがりこ派生のトウモロコシ菓子であることが一番シンプルに伝わる名前として「とうもりこ」に決定した[9]
    • 2008年に期間限定商品として販売されたが、当時は売れ行き不調だった[9]。2012年に北海道限定品として販売を開始し2017年12月まで販売していた[9]
    • 2018年4月16日から関東で販売を開始し、同年6月18日に全国販売を開始した[11]
  • えだまりこ - じゃがりこのエダマメ版。
    • 2014年に静岡限定品として販売していた。
    • 2018年7月16日から関東で販売を開始し、同年10月8日に全国販売を開始した[12]
  • ほんじゃが - 皮付きポテト風。
  • じゃがポックル - 北海道限定品。塩味。
  • じゃがビー (Jagabee) - ほんじゃがの後継商品。
  • ポテりこ - プロント快活CLUBでのみ販売されているコラボレーション商品。素材自体はじゃがりこと同じだが、乾燥させずに店で揚げて出される。味はサラダ味となっている。

その他[編集]

コラボレーション[編集]

タカラトミー
2016年に本商品をモチーフにしたトミカ(ドリームトミカ枠)を発売した。

クリエイターコラボレーション[編集]

SNSを始めとしたネット上で人気のクリエイター8人とのコラボデザインのじゃがりこが発売された。
コラボレーション第1弾は2022年9月下旬~12月下旬、第2弾は12月下旬~2023年下旬頃を予定している。[20]

第1弾のクリエイター

第2弾のクリエイター[21]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし駅の売店など一部の小売店には、紙箱に入った物が発売されている。 サラダ、チーズ、ご当地味など様々な味がある。

出典[編集]

  1. ^ 「じゃがりこ」が350億円の“お化け”商品に成長したワケ “いじられ”力と独自製法がカギ ITmedia 2019年10月30日
  2. ^ <11> 社長就任 10年単位の開発を意識”. 中国新聞 (2010年4月22日). 2013年6月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  3. ^ a b 2011年10月1日付朝日新聞土曜版「be」b3頁
  4. ^ a b c オトナファミ2011年7月号」 p28-p35 じゃがりこ大収穫祭
  5. ^ 『じゃがりこ』の名前の由来は何ですか? | よくいただくご質問 | お客様相談室 | カルビー株式会社”. faq.calbee.co.jp. 2021年5月23日閲覧。
  6. ^ <12> 父の死 肩の荷の重さを知った”. 中国新聞 (2010年4月23日). 2011年12月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  7. ^ <13> ペプシコとの提携 違いを認め合う道選ぶ”. 中国新聞 (2010年4月24日). 2011年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月8日閲覧。
  8. ^ よく頂くご質問 遺伝子組換え”. カルビー. 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ a b c d 「とうもりこ/カルビー 魅力を強調するサブタイトルとコピー」『日経デザイン』2018年8月号、38-39頁。
  10. ^ 「さつまりこ」ブランド初のコラボレーション!「らぽっぽファーム」監修『さつまりこ ポテトアップルパイ味』さつまいもの日に合わせて2018年10月1日(月)から“期間限定”発売、カルビー、2018年9月27日。
  11. ^ カルビー「とうもりこ」 全国で順次展開、“個食スナック”の中心商品に、食品産業新聞社ニュースWEB、2018年4月27日。(食品産業新聞 2018年4月26日付より)
  12. ^ 「じゃがりこ」ブランドから新素材スナック登場『えだまりこ うましお味』 2018年7月16日(月)より順次発売開始!、カルビー、2018年7月11日。
  13. ^ ご存知でしたか? じゃがりこにホットミルクを入れるとポテトサラダやグラタンが簡単にできますよッ! - ロケットニュース24、2012年3月19日
  14. ^ a b “話題の「じゃがアリゴ」を作ってみた。じゃがりこ&さけるチーズを混ぜ混ぜ”. ハフィントン・ポスト. (2019年1月29日). https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/29/arigo-try_a_23655680/ 2022年6月18日閲覧。 
  15. ^ a b “「タイムマシンで殴りに行きたい」バズレシピ・リュウジさんが若いころ“勘違い”していた理由とは”. 週刊文春. (2022年6月1日). https://bunshun.jp/articles/-/54619 2022年6月18日閲覧。 
  16. ^ a b ノジーマ (2019年1月31日). “ネットで話題沸騰の“じゃがアリゴ”を『焼そばU.F.O.』に入れると激ウマ! 食べ応え抜群&満足度最強でカロリーも大爆発!!”. ガジェット通信. https://getnews.jp/archives/2118530 2022年6月18日閲覧。 
  17. ^ 【プレゼントあり】世界チャンピオン「トミ・マキネン」がイチバン好きな“じゃがりこ”の味は? cliccar 2013年3月29日
  18. ^ 元東大王・伊沢拓司、「QuizKnock」で過去最難関クイズに挑戦 問題文「みちのせ」の答えは?”. Real Sound. 2022年5月28日閲覧。
  19. ^ (日本語) I try EVERY Japanese Snack..(Collab with @PewDiePie ), https://www.youtube.com/watch?v=qQiwgEQNfQs 2022年9月2日閲覧。 
  20. ^ [1]
  21. ^ 2022年11月6日現在第2弾のクリエイターは未公開。

外部リンク[編集]