安斎肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あんざい はじめ
安斎 肇
Anzai Hajime from "I am a pervert" at Opening Ceremony of the Tokyo International Film Festival 2016 (32800555454).jpg
生誕 (1953-12-21) 1953年12月21日(63歳)
日本の旗 日本·東京都
職業 イラストレーターアートディレクター
テレビ番組 タモリ倶楽部
安斎知行(父)
親戚 安斎育郎(叔父)

安齋 肇(あんざい はじめ、1953年12月21日[1] - )は、日本イラストレーターアートディレクター血液型はO型[2]

プロフィール[編集]

  • 東京都出身[1]。父は肖像画家安斎知行[3]。叔父は立命館大学特命教授・名誉教授の安斎育郎。幼い頃から父の影響で画家を志す。二科展に入選したことがある[4]
  • 1975年桑沢デザイン研究所修了[1]。1976年麹谷・入江デザイン室入社、1979年SMSレコードデザイン室勤務、1982年フリーとなる[1]1998年村松利史温水洋一らと株式会社エッグパラダイス内にマネージメント・オフィス「ワン・ツゥ・スリー」を設立・所属。広告[1]・雑誌・映像作品等で幅広くデザインを手がけている。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員[1]
  • みうらじゅんとのユニット「勝手に観光協会」や自身のバンド「チョコベビーズ」において音楽活動も行っている。みうらとはJ-WAVEにてGOLDEN TIMEパーソナリティを務めていた。シールコレクターであり、シールのデザインした人の一生懸命さを思うあまりシールが捨てられなくなり、買ったものに貼ってあるシールをアドレス帳に貼っていったうちにアドレス帳が、何を買ったかの毎日の記録となったシールブックと化したことがある。それらは食べ物、飲み物からCD、割引シールにも至る。剥がしにくいものでも1時間くらいかかって剥がす時もあったという[5]。また「勝手に観光協会」のロケでは、ラベルがシールになっているお土産物を買い漁るシーンがたびたび見られる[6]
  • サッカーファンであり、特に好きな選手はジョージ・ベスト[7]スカイパーフェクTV!のサッカー関連番組にもたびたびゲスト出演しており、サッカー雑誌「ウイレレ」でコラム連載もしている。
  • F1好きでもあるが、自身は運転免許を所持していない。
  • 2006年12月NHKみんなのうた』で「安齋肇とフーレンズ」名義で「ホャホャラー」を歌う。同時にイラスト、アニメーションも担当。
  • かつてはロングヘアがトレードマークであった。1993年7月23日放送分の『タモリ倶楽部』の企画「安斎肇 涙の断髪式」にて、七三分けに散髪されたことがある[8]。現在はセミロング風のヘアスタイルである。

ソラミミスト[編集]

1992年より『タモリ倶楽部』の名物コーナー「空耳アワー」にてソラミミスト(進行役)としてレギュラー出演[7]、メインの企画に出演する事もある。

番組出演依頼に対し「最初は断ろうと思っていたが、レギュラー出演する前に出演交渉に来たディレクターを1時間待たせてしまい断りにくくなってしまったため、出演を続けている」と語っていた事がある。ただし、その後も収録時間に間に合わなかった事が複数回あり、タモリのみやメイン企画のゲスト、空耳アワードのゲストのマーティ・フリードマンが代わりに同席し収録を行った事もある[9]

遅刻癖[編集]

「空耳アワー」では定番ネタになるほど遅刻や作品制作の納期遅れが有名である。ネット検索でも、安斎肇と入力すると予測ワードとして「遅刻」と続いて出て来たこともあったという[10]

遅刻の原因として、本人が心理カウンセラーに相談したところ「完全主義者的な傾向があり、一つの事をやり始めるとある程度区切りが付くまでやめられない、本人的にはものすごく慌てているが区切りがつくまでやってしまう。」と言われ「時間通りに来れたら自分にご褒美しなさい」とも言われたことから、その後遅刻は減ったという[5]。安斎本人も「身支度しながら、テレビで色々気になることが出始めたりするからその過程で遅れていってしまう」とも話している[11]。遅刻癖が出始めた原因として、親がとても過保護であり、子供の頃学校に行く前にくしゃみをしたら時間が無いのに改めて厚着をさせられ、中学の時も時間が無いのに母親が「朝に一杯のお茶は一日の難を逃れるから飲んでから行きなさい」といつも言われていたから、と話している[10]

かつて役所相手にデザインの仕事をしていた時、作品制作の遅れが原因で裁判沙汰になりそうになったこともあった[10]。またあまり遅刻し過ぎることから「何分遅れます」と正確な遅刻情報を相手に伝えていたということもあった[11]

かつてデザイン会社に勤めていた頃、師匠がいないと出来ないという仕事をしていたが、その師匠はいつも午後12時ぐらいの出社で、安斎は10時に出社しなければいけなかったが、2時間待つのは無駄と思い、準備時間の30分込みで勝手に11時30分出社に変えさせていたとのことで「これは会社の為でも僕の為でもある」と思っていたという。また、桑沢デザイン研究所で学んでいた時も担任に「学校というのは自分で学ぶところであるから、学びたくないのなら来なくていい。その代わりにその間、何を学んだか報告して下さい。それならば全部出席にします」と言われた時に「なんだ行かなくて良いんだ」と感動すら覚えたという[11]

主な作品[編集]

ジャケット裏の切り取るとヒゲグッズになるのは安斎の発案だが、実際切り取るとジャケットが台無しになるから意味が無かったと後年語っている。

監督作品[編集]

映画
  • 変態だ(2016年12月10日公開) [12]
MV

主な出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

ほか多数

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 安齋肇: PROFILE
  2. ^ 眠りの迷宮に住む男たち 2007-12-13-THU ほぼ日刊イトイ新聞
  3. ^ 渋谷パルコで安齋肇さん還暦博覧会「anzai expo 60」-幼少期の作品も 2013年05月16日 シブヤ経済新聞
  4. ^ anzai expo 60 PARCO MUSEUM パルコアート.com 2013年 パルコミュージアム
  5. ^ a b ゲストは・・・安齋肇さん”. 坂本美雨のディア・フレンズTOKYO FM)番組公式サイト. 2015年3月3日閲覧。
  6. ^ DVD『みうらじゅん&安齋肇の新・勝手に観光協会 和歌山県編 ディレクターズカット』(ポニーキャニオン)など各県編より
  7. ^ a b No.111 イラストレーター・アートディレクター「安齋 肇」 | サッカーを愛して止まないあの人の『ゆめのはなし』 I DREAM スルガ銀行
  8. ^ 1993年7月23日当日の毎日新聞などのテレビ欄より。
  9. ^ コンプレックス文化論第八回「遅刻」(3/3)”. CINRA.NET. 2015年3月3日閲覧。
  10. ^ a b c コンプレックス文化論第八回「遅刻」(1/3)”. CINRA.NET. 2015年3月3日閲覧。
  11. ^ a b c コンプレックス文化論第八回「遅刻」(2/3)”. CINRA.NET. 2015年3月3日閲覧。
  12. ^ “前野健太が主演映画「変態だ」で不倫バンドマンに、原作はみうらじゅんで監督は安齋肇”. 音楽ナタリー. (2016年6月28日). http://natalie.mu/music/news/192572 2016年6月29日閲覧。 
  13. ^ TBSドラマ「重版出来!」現場レポート 2016年5月10日号
  14. ^ “幽白×モンストCMで、萬田久子、みうらじゅん、安齋肇が戸愚呂ファミリーに”. コミックナタリー. (2017年5月2日). http://natalie.mu/comic/news/231082 2017年8月14日閲覧。