中部慶次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中部 慶次郎(なかべ けいじろう、1933年2月23日 - 2007年9月17日)は、日本実業家マルハ(現・マルハニチロ)元会長、プロ野球球団・横浜ベイスターズ元オーナー。山口県下関市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

来歴・人物[編集]

林兼商店(1943年に大洋漁業に改称)常務だった中部謙吉の四男として出生。祖父はマルハの礎を築いた中部幾次郎。長兄の中部新次郎は横浜大洋ホエールズオーナー、次兄の中部謙次郎は幾徳学園理事長、三兄の中部藤次郎は大洋漁業社長をそれぞれ務めた。末弟の中部謙はマルハ常務を経て、マルハニチロホールディングス副社長を務めた。

大学卒業後の1955年、父・謙吉が社長を務める大洋漁業に入社。1963年大東通商常務取締役、1976年大東通商代表取締役社長。1987年兄・藤次郎の社長在職中死去を受け大洋漁業代表取締役副社長に就任、1989年大洋漁業代表取締役社長に就任。1993年には社名をマルハと改称した。

また、1990年3月からは横浜大洋ホエールズのオーナーに就任。1992年11月からは、先述の社名変更を機に地域密着を深め独立採算制を進めるため、球団名から企業名を外し「横浜ベイスターズ」にチーム名を変更。ベイスターズとしての初代オーナーとなったが、2002年に親会社マルハの業績不振のため、持っていた球団株を全て東京放送(TBS、現・東京放送ホールディングス)BS-i(現・BS-TBS)に譲渡し、球団を手放すことになった。

2007年9月17日、肺癌のため東京都港区の病院で死去。享年74。

長男は大東通商代表取締役社長の中部由郎

関連項目[編集]