のむらしんぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のむら しんぼ
本名 野村 伸[1]
生誕 (1955-09-24) 1955年9月24日(61歳) [1]
日本の旗 日本 北海道茅部郡南茅部町[1]
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 -
ジャンル 児童漫画少年漫画
代表作 とどろけ!一番
つるピカハゲ丸
受賞 第33回小学館漫画賞児童部門(『つるピカハゲ丸』)
テンプレートを表示

のむら しんぼ1955年(昭和30年)9月24日[1] - 、本名:野村 伸(のむら しん)[1])は、日本漫画家

北海道茅部郡南茅部町(現・函館市)出身[1]函館ラ・サール高校卒業。立教大学文学部仏文科中退[2]。血液型はAB型[3]

略歴[編集]

立教大学時代に初めて触れた青年漫画に衝撃を受けて漫画家を目指し、大学2年の時に漫画研究会に入る[3]。大学3年生の時に似顔絵描きのアルバイトをしていると、弘兼憲史に声をかけられ、アシスタントとなる[3]。そして大学在学中の1979年(昭和54年)に『ケンカばんばん』(『コロコロコミック』)でデビュー[3]1980年(昭和55年)からは同誌で『とどろけ!一番』を連載する。なお、立教大学は本格的に漫画の世界に入ったため通わなくなり、5年間在籍した後中退している。

1985年(昭和60年)より『コロコロコミック』で『つるピカハゲ丸』の連載を開始する。元々同作は当時スランプに陥っていたのむらが、4コマ漫画を描かせたいという編集部の意向を汲み、漫画の基本である4コマからの再出発を試みた作品であった[3]1987年(昭和62年)には同作で小学館漫画賞児童部門を受賞、テレビアニメ化もされ、累計500万部[4]のヒット作となった。これを機に1988年(昭和63年)に漫画制作会社「しんぼプロ」を設立。しかし同作終了後には、次作品が次々と短命に終わった事に加えて、立て続けに親戚の死も重なった事等の不幸が重なり再びスランプに陥る[4]、合わせて2004年(平成16年)には離婚[5]

以降も『コロコロコミック』の系列誌を中心として作品を発表している。

2014年(平成26年)発売の『コロコロアニキ』に、『コロコロコミック』創刊の歴史に絡めて自身のデビューの経緯を描いた漫画『コロコロ創刊伝説』が掲載されており、その中で現在の凋落ぶりも自虐的に描写している。

人物[編集]

かなりのゲーム好きで、『ゲームラボ』のインタビューでは『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』など過去のマイナー作品の話をして記者に驚かれた。しかし、ジャレコから発売された『ハゲ丸』のゲーム版に自分が登場している事は知らなかったという[6]

児童漫画を描いているが、他の作品の演出等を引用する癖があり、この事が2016年8月29日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(テレビ朝日系)で紹介された。

作品リスト[編集]

コロコロコミック系[編集]

  • ケンカばんばん(月刊コロコロコミック、1979年10号)
  • とどろけ!一番(月刊コロコロコミック、1980年2月号 - 1983年5月号)
  • ドッジ球太(別冊コロコロコミック、1981年5月号 - 11月号)
  • サッカー小僧ねっけつ蛮児(別冊コロコロコミック、1982年5月号)
  • 男トラゴロウ(月刊コロコロコミック、1983年5月号 - 1984年9月号)
  • 熱血ヨーヨー戦士 電撃タケル(別冊コロコロコミック、1984年7月号 - 12月号)
  • Dr.ゴックン(月刊コロコロコミック、1984年11月号 - 1985年2月号)
  • つるピカハゲ丸(月刊コロコロコミック、1985年4月号 - 1994年1月号)
    • つるピカハゲ丸21(別冊コロコロコミック、1999年8月号 - 2000年8月号)
    • つるピカハゲ丸(コロコロイチバン!版)(コロコロイチバン!、2009年26号 - 2016年1月号)
  • どっこいムチャの介(別冊コロコロコミック、1987年10月号)
  • イカタコ スカタンくらぶ(別冊コロコロコミック、1990年6月号 - 10月号)
  • ほのぼの恐竜チラノくん(月刊コロコロコミック、1990年11月号 - 1991年5月号)
  • オヤジきっど(別冊コロコロコミック、1991年6月号 - 8月号)
  • 地球防衛戦士 銀河マンごろう(別冊コロコロコミック、1992年10月号)
  • おいら ゲキベン(別冊コロコロコミック、1993年6月号)
  • かげきベイビー バーブー赤ちん(月刊コロコロコミック、1993年12月号 - 1996年8月号)
  • ほっとけ!コジゾウくん(月刊コロコロコミック、1996年12月号 - 1998年6月号)
  • どすこい!サイぼん(月刊コロコロコミック、1998年8月号 - 1999年5月号)
  • あっぱれメガバカBoys(月刊コロコロコミック、2000年9月号 - 2002年8月号)
  • ネーキッド(別冊コロコロコミック、2003年2月号)
  • 1えんマン(別冊コロコロコミック、2003年8月号 - 12月号)
  • ラチェット&クランク ガガガ!銀河のがけっぷち伝説(別冊コロコロコミック、2004年2月号 - 2008年2月号)
  • デカいぬ ぶるう太っす!(コロコロイチバン!、創刊号 - 5号)
  • 超口撃格闘ギャグ ダジャ拳だじゃ丸(コロコロイチバン!、8号 - 18号)
  • 超熱ゲームキッド!! クリエイ太(別冊コロコロコミック、2010年12月号 - 2011年4月号)
  • コロコロ創刊伝説(コロコロアニキ、第1号 - )

その他[編集]

  • ガッツだ ちび6(小学六年生、1979年)
  • ファイト満マン(小学六年生、1980年)
  • ザ・忍法くん(小学六年生、1981年 - 1982年2月号)
  • えぐえぐヒーローくん(小学六年生、1982年)
  • おれはキメ丸(小学六年生、1983年9月号 - 1984年2月号)
  • とつげき百太郎(小学六年生、1984年 - 1985年1月号)
  • おせっかい君(小学四年生、1991年 - 1993年)
  • らく勉 ガンバくん(小学三年生、1995年 - 1996年2月号)
  • ドンと!カワルくん(不明)
  • フレッシュ!すももちゃん(北海道新聞日曜版、1997年 - 1998年)
  • めざせ!セコセコ金メダル(小学六年生、2004年8月号)
  • トップ 放課後社長は12さい(本名で原作を担当。作画:岩田和久)(小学六年生、2005年 - 2006年)
  • "つるセコ課長"単身赴任記!! ハゲ田ハゲ蔵(週刊漫画ゴラク、2007年)
  • 龍馬がとおる(原作:伊東まさひこ)(不明)
  • 単身赴任マン(ソロリーマン)物語 北の寮から(不明)
  • 深夜3時のグッドモロニング(モーニング・Dモーニング、2014年47号)
  • ススメ!つるセコ人生!(増刊 本当にあった愉快な話 死ぬかと思った!!仰天スペシャル)

児童書挿絵[編集]

  • まんが攻略シリーズ
    • 早おぼえ 日本史人物(著者:人物日本史教育研究会)
    • 早おぼえ 理科(著者:富田京一)
  • チャレンジ!なぞなぞ日本一周

関連人物[編集]

弘兼憲史
のむらの師匠。学生時代に似顔絵描きをしていたところに弘兼から声をかけられ、これをきっかけとしてアシスタントとなる[3]。のむらの結婚時には弘兼が妻の柴門ふみと共に仲人も務めている[4]。2014年の弘兼憲史の画業40周年記念には、自身のアシスタント時代の思い出を綴った『深夜3時のグッドモロニング』をモーニングに描き下ろしで寄稿している。
ひかわ博一
元アシスタント。ひかわの初単行本となった『PC原人くん』発売の際には、『つるピカハゲ丸』の単行本の中で宣伝を行っている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、291 - 292頁
  2. ^ すがやみつるブログ「のむらしんぼさんにインタビュー」(2009年7月24日)
  3. ^ a b c d e f 2005年7月号/のむらしんぼ先生”. 漫画家リレー訪問記. 日本漫画学院 (2006年7月). 2011年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c 【あの人は今こうしている】のむらしんぼ(漫画家)”. ゲンダイネット. 日刊ゲンダイ (2008年10月2日). 2009年5月20日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 家族から「他の漫画家を見習って素晴らしい作品を書く努力をしないのか」と叱咤され、安易に他作品からの演出やストーリー展開等の引用を繰り返した事に呆れられた上、仕事場に籠もる割合が増えて家族と接する時間が大幅に減少した事から、元妻が「マンガと心中したいんでしょう?その望み、叶えてあげます」との言葉を残して三人の子供を連れてのむらの下を去り、家族は崩壊したという。このエピソードは後に本人が後述の漫画『コロコロ創刊伝説』の中でも描いており、離婚以来長年家族とは絶縁状態となり音信不通だったが、第6話にて本作を読んだ娘から連絡があったことを明かしている。当時のエピソードが2016年8月29日に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(テレビ朝日系)で紹介され、同番組HPにて、のむら本人の筆による描き下ろし4コマ漫画が期間限定で公開されている。
  6. ^ 『ゲームラボ』2008年(平成20年)9月号
  7. ^ 『つるピカハゲ丸』17巻、小学館てんとう虫コミックス〉、ISBN 4-09-141337-4、96頁

外部リンク[編集]