望月峯太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
望月 峯太郎/望月ミネタロウ
FIBD2016MinetaroMochizuki.jpg
本名 望月 峯太郎
生誕 (1964-01-29) 1964年1月29日(58歳)
日本の旗 日本 神奈川県
職業 漫画家
活動期間 1985年 -
ジャンル 青年漫画
代表作バタアシ金魚』全6巻
座敷女』全1巻
ドラゴンヘッド』全10巻 他
受賞 第21回講談社漫画賞
(『ドラゴンヘッド』)
第4回手塚治虫文化賞優秀賞
(『ドラゴンヘッド』)
第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
(『ちいさこべえ』)
2016年(ACBD)2016ベストアジアBD受賞(『ちいさこべえ』)
2017年アングレーム国際漫画祭 シリーズ賞 受賞(『ちいさこべえ』)
テンプレートを表示

望月 峯太郎(もちづき みねたろう、1964年1月29日 - )は、日本漫画家神奈川県横浜市出身。男性。『東京怪童』以降、ペンネームを望月 ミネタロウと表記。

略歴[編集]

東京デザイナー学院卒業後、グラフィックデザインの仕事を始める。

1985年に『週刊ヤングマガジン』で、望月峯太郎としてデビュー。同年、『バタアシ金魚』を連載。

この時期はニューウェーブ作家として注目される。その作風は後の漫画家にも大きな影響を与えた。『バタアシ金魚』、『ドラゴンヘッド』、『鮫肌男と桃尻女』は映画化され、「お茶の間」はテレビドラマ化されている。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

  • あにまるたち(『別冊アニメージュ SF COMICS リュウ』1981年5月号掲載) - 短編。高校時代の投稿作。望月みねたろう名義。
  • GO-GO-キリング・マシーン(『別冊アニメージュ SF COMICS リュウ』1981年6月号掲載) - 短編。高校時代の投稿作。望月みねたろう名義。
  • バタアシ金魚(『週刊ヤングマガジン』、全6巻)
  • バイクメ〜ン(『週刊ヤングマガジン』、全4巻)
  • お茶の間(『ミスターマガジン』、全3巻) - 『バタアシ金魚』の続編に当たる。
  • 座敷女(『週刊ヤングマガジン』、全1巻)
  • 鮫肌男と桃尻女(『ミスターマガジン』、全1巻)
  • ドラゴンヘッド(1995年 - 2000年、『週刊ヤングマガジン』、全10巻)
  • ずっと先の話(短編集)
  • 万祝(『週刊ヤングマガジン』、隔週連載、全11巻)
  • 東京怪童(『モーニング』、隔週連載、全3巻)※連載途中より望月ミネタロウ名義。コミックスは全て望月ミネタロウ名義。
  • ズベルバー(2011年、アンソロジー「青春ヤンマガ」掲載)- 短編。「ヤングマガジン創刊30周年記念本」というアンソロジーのテーマとは関係なく、高校時代の投稿作と似た趣向のSF作品。
  • ちいさこべえ(2013年 - 2015年、原作:山本周五郎、『ビッグコミックスピリッツ』、全4巻)※望月ミネタロウ名義。 - 『ちいさこべ』を時代設定変更した翻案作品。
  • ショート・ボム!(2018年8月出版、短編集・電子書籍、ビッグコミックスピリッツ)
  • 犬ヶ島 (2018年5月初出、『モーニング』) ※ウェス・アンダーソン監督によるストップモーション・アニメーション映画のコミカライズ。
  • フレデリック(話:山川直人、『ビッグコミックオリジナル』2020年2号[1] - ) - 同名の絵本からのインスパイア作品[1]
  • 没有漫画 没有人生 ノーコミック ノーライフ(『ビッグコミックオリジナル』2022年3号[2] - ) - 初のエッセイ漫画[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]