湯浅政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆあさ まさあき
湯浅 政明
湯浅 政明
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
生年月日 (1965-03-16) 1965年3月16日(57歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
職業 アニメーション監督
アニメーション演出家
アニメーター
ジャンル アニメーション映画
テレビアニメ
活動期間 1987年 -
主な作品

監督
マインド・ゲーム』(映画)
夜は短し歩けよ乙女』(映画)
夜明け告げるルーのうた』(映画)
きみと、波にのれたら』(映画)
犬王』(映画)
ケモノヅメ』(TVアニメ)
カイバ』(TVアニメ)
四畳半神話大系』(TVアニメ)
ピンポン THE ANIMATION』(TVアニメ)
アドベンチャー・タイム』Episode「Food Chain」(TVアニメ)
DEVILMAN crybaby』(Webアニメ)
日本沈没2020』(Webアニメ)


アニメーター
クレヨンしんちゃん』シリーズ(テレビ・映画)
ちびまる子ちゃん』シリーズ(テレビ・映画)
 
受賞
日本アカデミー賞
最優秀アニメーション作品賞
2017年夜は短し歩けよ乙女
その他の賞
アヌシー国際アニメーション映画祭
最優秀作品賞
2017年夜明け告げるルーのうた
テレビ部門 審査員賞
2020年日本沈没2020
上海国際映画祭
最優秀アニメーション作品賞
2019年きみと、波にのれたら
シッチェス・カタロニア国際映画祭
アニメーション部門 最優秀作品賞
2019年きみと、波にのれたら
紫綬褒章
2021年
第59・72回毎日映画コンクール大藤信郎賞
第8・14・21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
第12回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞
2005年ファンタジア国際映画祭アニメーション部門優秀賞ほか4冠
2006年パリ・KINOTAYO映画祭大賞
第10回東京アニメアワードテレビ部門優秀作品賞
第2回TAAFアニメオブザイヤーグランプリ(TV部門)
テンプレートを表示

湯浅 政明(ゆあさ まさあき、1965年3月16日 - )は、日本アニメ監督脚本家デザイナーアニメーター福岡県出身。

株式会社サイエンスSARU共同創設者。2020年までは代表取締役。

来歴[編集]

幼少期から大学生まで[編集]

子供の頃から絵を描いてそれを褒めてもらうのが好きで、幼稚園でTVアニメのキャラクターを描いて見せたりしていた[1]。家庭も放任主義で自由に落書きをしても怒られなかった[2][3]

アニメーターになろうと思うようになったのは中学時代のこと[2]。漫画やアニメは物心ついた頃から好きでずっと見ていたが、中学校に入る頃にはそろそろ卒業かなと思っていた[3]。しかし、ちょうどその時期に『宇宙戦艦ヤマト』(1977年)が日本中にアニメブームを巻き起こし、その後も宮崎駿の『ルパン三世 カリオストロの城』や出崎統の『エースをねらえ!』、さらにりんたろうの『銀河鉄道999』(すべて1979年)などの劇場公開でブームは続いた[1][4]。世の中に「大人になっても漫画やアニメを観ていいんだ」という空気も流れ始め、それを免罪符に将来はそちらの道へ進むことを決意した[3]。最初は漫画とアニメの区別もよくついておらず、漫画家になろうと思ったが、相次いで創刊されたアニメ雑誌でアニメの仕事内容が紹介され、そこでアニメーターがクリエーターとしてスターのように扱われているのを見て自分もなりたいと思うようになった[2][3]。高校はデザイン科に進む[3]。卒業したらすぐにアニメーターになるつもりだったが、周囲に説得されて九州産業大学に進学し、芸術学部美術学科油絵を学んだ[3][4]。大学時代はバイトばかりしていたが、社員に誘われたり、人間関係が煩わしくなったりするたびに別の仕事を探すということを繰り返していた[3]。その時点ではその時経験したことに何も感じていなかったが、のちにアニメ業界で設定の仕事で色々なことを調べるようになった時、いきなり世の中のことがわかるようになって世界が開けたように感じたという[3][5]。大学卒業後、雑誌「アニメージュ」にアニメーターの募集広告を載せていた亜細亜堂へ入社する[4]

アニメーター時代[編集]

最初はアニメーターからキャリアをスタートさせる。その頃は単にアニメの画を描きたいというだけで演出や監督にはまるで興味がなく、アニメーターで食べて行こうと思っていた[2]動画を描き始めると「彼は自分の画を持っているから早く上げた方が良い」との会社の判断ですぐに原画に昇格となる[6][注 1]

1990年からテレビアニメ『ちびまる子ちゃん』に参加。テレビシリーズ(第一期)では本編原画に加え、初代OP「ゆめいっぱい」、初代ED「おどるポンポコリン」の作画を担当[7]。1990年の最初の劇場版では作品全体のレイアウト[注 2]、1992年の映画『ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』では「買物ブギー」と「1969年のドラッグレース」のミュージッククリップを担当した[4][8]。後者については、原作者のさくらももこから「一見大人しそうに見えてとんでもないことを次々と思いつく」と評される[9]

その後フリーランスとなり、本郷みつる監督が声をかけてくれたのをきっかけに1992年からテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』に参加[2]。原画や各話作画監督を担当する。1993年から始まった劇場版クレヨンしんちゃんシリーズでは、第1作目の『アクション仮面VSハイグレ魔王』から第23作目の『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』まで途中不参加期間を挟みながら、様々な役職で関わり続けた。1作目の『アクション仮面VSハイグレ魔王』では、本郷から原画のみならず設定デザインも任された[4]。湯浅はこの時の経験がリサーチの面白さや重要性に気づかせてくれたという[10]。また彼の出したアイデアを本郷がまとめた絵コンテに従ってそのシーンの原画を描いたところ、本人的にものすごく気持ちのいい仕上がりになった[1][2]。その時感じた興奮と気持ちよさ、楽しさは子供の時以来で、それまで向いていないと感じていたアニメーションを天職に感じるようになった[1][2]。また湯浅は、『クレヨンしんちゃん』でタイプの違う演出家二人(本郷みつる・原恵一)が、各々のやり方で面白いものを作っていく姿に刺激を受けたとも述べている[1]

1994年、アニメーターの大平晋也から誘われ、OVA『THE 八犬伝 〜新章〜』に参加。大平が演出を務めた第4話で作画監督を担当するが、『クレヨンしんちゃん』以外のアニメーターたちの仕事ぶりにカルチャーショックを受ける[10]。リアル系作画のアニメーターが集まった現場で、アニメにおけるリアリティとリアルな表現を目指してそこに突っ込んでいく創作意識を学んだ[11]。その一方で、クリエイターとして心ゆくまで作品を作ってみたいが、自分の能力で100%を目指せば完成させるのが難しいだろうということもわかり、コストパフォーマンスが良いベストなやり方や形式を考えるようになったという[11]

監督デビュー[編集]

1999年、プロダクションI.Gで制作された、テレビアニメ『バンパイヤン・キッズ』のパイロット版『なんちゃってバンパイヤン』[注 3]とVジャンプフェスティバル'99で上映された短編『スライム冒険記 海だ、イェ〜』で初めて監督を手掛ける[13]。この時、そのまま順風満帆のアニメーター一本で行くのか、それとも演出もやって行くのかで少し悩み、結果として監督をやることを選んだ。理由は「面白そうだから」[13]

2001年、佐藤竜雄監督の『ねこぢる草』でアイデアの提供、絵コンテ、演出、設定、イメージボードと監督以外の一通りのことをやらせてもらう[8]

2004年、映画『マインド・ゲーム』で長編アニメーション監督としてデビューを果たす[13][14]。自身で脚本も手掛けたこの作品は、同年に公開された宮崎駿の『ハウルの動く城』、押井守の『イノセンス』、大友克洋の『スチームボーイ』、新海誠の『雲のむこう、約束の場所』などを抑え、その年の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞を受賞した[14]。さらに毎日映画コンクール大藤信郎賞、パリ開催のKINOTAYO現代日本映画祭といった国内外の様々な賞を獲得[15][16]モントリオールファンタジア国際映画祭では、作品賞・監督賞・脚本賞・特別賞の4部門を受賞するという快挙を達成した[14]

2006年にWOWOWで放送された『ケモノヅメ』で初のテレビシリーズ監督を務める。同作はまた湯浅にとって初のオリジナル作品でもあった[13]。『マインド・ゲーム』でストーリーが課題だと感じ、「じゃあ自分で作ってみよう」と考えていたところにマッドハウス(当時)の丸山正雄が「何か作ってみないか」と声をかけてくるという流れの中で生まれた[13]

2008年には同じくWOWOW放送のオリジナルアニメ『カイバ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞[17][18]

2010年、森見登美彦原作のテレビアニメ『四畳半神話大系』を監督し、『マインド・ゲーム』以来の2度目となる文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞(テレビアニメ作品での大賞受賞は史上初)[19]。また2011年3月1日には東京アニメアワードでも、テレビ部門優秀作品賞を受賞している。

2012年には日本のアニメとしては初めてクラウドファンディングを本格的に活用したオリジナル短編アニメ『Kick-Heart』の制作を発表[20]。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」を利用して世界中から支援を募った結果、総額20万1164ドル(約2000万円)の資金を集めることに成功した[21]

スタジオ設立[編集]

2013年、韓国出身のアニメーター、チェ・ウニョンと共同で自身のアニメ制作スタジオサイエンスSARU」を設立[22][23]。米国の人気テレビシリーズ『アドベンチャー・タイム』からゲスト監督に招かれ、1エピソード制作したのがきっかけだった。監督・脚本・絵コンテを手がけたそのエピソード『Food Chain』は、2014年12月にアニメーション界のアカデミー賞として知られる米国アニー賞で、監督賞(TV部門)にノミネートされた[22][24]。その頃、他のアメリカやヨーロッパのスタジオを見学するチャンスがあり、日本との環境の違いを実感できたのもスタジオ運営の大きな刺激になったという[22]

2014年、松本大洋原作の『ピンポン THE ANIMATION』にて監督・全話脚本・全話絵コンテを務める。翌2015年、TAAFアニメオブザイヤーで同作がTV部門グランプリを受賞。

2017年4月7日にはサイエンスSARUで最初に手がけた劇場用長編アニメ『夜は短し歩けよ乙女』が、同年5月19日には自身初となるオリジナル長編アニメ『夜明け告げるルーのうた』が連続で公開された[25]。実際は全編Adobe Flashで制作するという新たな試みを行った『夜明けを告げるルーのうた』の方が先に完成しており、『夜は短し歩けよ乙女』は急に公開が決まったためにタイトなスケジュールで作られた[22]。『夜明け告げるルーのうた』は、アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門最高賞であるクリスタル賞を受賞[26]。同賞の受賞は宮崎駿高畑勲に次ぐ日本人史上3人目の快挙であった。同作は第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞も受賞し、湯浅は賞の創設以来初めて3度大賞に選ばれた監督となった[27]。また、個人として、文化庁長官表彰を受賞した[28]。『夜は短し歩けよ乙女』は、オタワ国際アニメーションフェスティバルで日本の作品では初となる長編部門グランプリを受賞した[29]

2018年1月よりNetflixで全世界に配信された永井豪の漫画『デビルマン』をベースにした『DEVILMAN crybaby』を監督。

2019年6月21日、『きみと、波にのれたら』が公開された[30]

2020年1月6日からNHKで放送されたテレビアニメ『映像研には手を出すな!』を監督。同年3月に第24回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞[31]。湯浅の監督作としては4作目の大賞受賞となるとともに、湯浅はテレビアニメで2度大賞を受賞した最初の監督となった。また2021年にはイギリスのミュージシャン、エルヴィス・コステロが高級紙「ガーディアン」で同作を称賛した[32]

「サイエンスSARU」代表取締役退任[編集]

2020年3月25日付で湯浅はサイエンスSARU代表取締役を退任(後任はスタジオ共同創業者のチェ・ウニョン)[33][34]。『映像研には手を出すな!』の放送終了とともに会社を離れた[35]。また、制作中だった映画『犬王』の監督は継続することと、同作完成後は休養に入ることも発表された[36]

2020年7月より、小松左京の小説『日本沈没』をベースにした『日本沈没2020』がNetflixで全世界に配信された[37][38]。アヌシー国際アニメーション映画祭でテレビシリーズ部門審査員賞を受賞[39]

2022年5月28日、古川日出男の原作を元にしたアニメーション映画『犬王』が公開される[40][注 4]。6月にはアヌシー国際アニメーション映画祭2022のオフィシャルセレクションとして『犬王』が招待された[39]。湯浅は、この年からハリウッドさながらに設置の決まったアヌシーの「名声の歩道」(Walk of Fame)に最初に手形を押すクリエイター6人の内の一人に選出された[39]。ほかの5人は、ミッシェル・オスロ監督(『キリクと魔女』)、ギレルモ・デル・トロ監督(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、ジョー・ダンテ監督(『グレムリン』)、ジェニファー・リー監督(『アナと雪の女王』)、ジョルジュ・シュヴィッツゲベル監督(『ロマンス』)という世界の名だたるクリエイターである[39]

人物[編集]

『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』シリーズなどで、誰も見たことのないような斬新でエキセントリックな動きと個性的な絵柄、トリッキーな構図を駆使し、観る者を幻惑してきたスーパーアニメーター[4][42]

2004年に初監督した『マインド・ゲーム』がフランスをはじめ、海外で熱狂的な支持を獲得するが、その後10年以上長編の発表がない状況が続いた。しかし、マッドハウスで制作した一連のテレビアニメを経て、自身のスタジオで制作した2017年公開の映画2作でブレイクした後は途切れることなく作品を発表するようになり、日本を代表するアニメ監督の一人となった[43]。『マインド・ゲーム』は、前衛的かつハイクォリティーな表現を得意とする、当時最も先鋭的なスタジオだったSTUDIO 4℃と制作できたことで、監督とスタジオが互いの才能とポテンシャルを引き出し合い、高め合うという理想的な関係となり、作品を内容的成功へと導くことが出来た[42]。しかし、興行面においては日本国内では話題作の陰でひっそりと公開を終え、ほとんど話題にならなかった[14]。『夜明け告げるルーのうた』も同様に、アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得しながら、公開時の興行成績は振るわなかった[14]。内外の映画賞におけるオーソリティーや評論家からの高い評価や、一部のファンからの熱狂的な支持の一方で、日本の一般の観客やアニメファンのマジョリティからの支持を得ることは出来ていない[14]

「日本アニメ」の常識にとらわれておらず、そのメインストリームとは本質的に異なる感性の持ち主[42]。2014年にアメリカの人気アニメシリーズ『アドベンチャー・タイム』からゲスト監督のオファーを受けているが、日本のアニメ監督の中で、このように海外の感覚にフィットできる人材はごく限られている[42]。日本のアニメーションの「本道」は、キャラクターの魅力に頼ったグッズを売るための作品や、観客が魅力を理解しやすいようにありきたりの物語を決まりきった手法で表現する作品だが、湯浅が作るのはそのような枠に収まらない「裏道」を走る作品である。だからこそ海外で高い評価を受ける一方で、国内では一部で支持されるものの一般的な認知度はそれほど高くない[42]。本人もそのことを自覚しており、「賞をもらえるのは名誉なことだしスタッフの仕事に対する栄誉だと思えば大変ありがたいことだが、正直、自分が一番うれしいのはたくさんの人が見てくれて『面白かった』と言ってくれること」と語っている[16]

好きなアニメ作品は『ルパン三世 カリオストロの城』、『劇場版 エースをねらえ!』、『銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999)』、『イエロー・サブマリン』、『ファンタスティック・プラネット』、『ピノキオ』、『ヒックとドラゴン』、『SING/シング[44]、『ガンバの冒険』、『ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!』、『未来少年コナン』、『ユニコ 魔法の島へ[45][46]、『天才バカボン』、『ルパン三世』、『妖獣都市』、『トムとジェリー』、『マジンガーZ対暗黒大将軍』、『アルプスの少女ハイジ』、『宇宙戦艦ヤマト』、『ドラえもん のび太の魔界大冒険[47][48]、『銀河鉄道の夜』、『木を植えた男』、『霧につつまれたハリネズミ[49]、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』、『ど根性ガエル』、『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』、『くもとちゅうりっぷ』、『動物となり組』[50]など。

黎明期のアメリカの古いアニメーションが好き。ハンナ・バーベラの作品やマックス・フライシャーの『ベティ・ブープ』、ディズニーでも初期の作品など、曲線を活かしたフェティッシュな感じが良かったという[5]

愛読書はJ.D.サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて[51]。具体的に影響を受けた作品は妹尾河童エッセイ「河童が覗いた」シリーズで、エッセイとして面白い上に図面を眺めるだけで楽しく、作品に登場する建物のセットを考える際の参考にもなるという[51]

戦国時代江戸時代の作品で絵を描くために実写時代劇をたくさん見て勉強した[11]。その際、八千草薫のファンになってしまい、彼女の所作を観たいがために他の出演作を観たりもした[11]。戦前の時代劇の監督では、山中貞夫がずば抜けていると評価している[11]殺陣が格好良く、初期の黒澤明よりもモダンだという[11]

メインスタッフでは伊東伸高EunYoung Choi三原三千夫、宮沢康紀、西垣庄子、河野羚木村絵理子などと組むことが多い。末吉裕一郎とも自身の監督作品である「マインド・ゲーム」並びに「クレヨンしんちゃん」などでも一緒に仕事することが多い。

ニット帽トレードマーク。髪の毛のセットが思うようにいかないので学生の頃から帽子をかぶるのが好きだった。その後、着用感がなく、蒸れにくく、そして出来るだけ脱がずに済む帽子を求めた結果、ニット帽に落ち着いたという。かぶらない時期もあったが、坊主頭にするようになってからはずっとかぶっている[3]

素人時代、本人的にはアニメを見ている方であるつもりだったが、業界入りして周りの人間と話すと全然見ていなかったことに気づいた[4]。『ゴールドライタン』のなかむらたかしの作画回、宮崎駿のいたテレコム芝山努のいたAプロダクションの作品など、内容に関係なく絵の上手い人を探してそればかりを見て勉強していた[4]

「立体や実写に対する憧れは持っているので、良いと思った部分は取り込むし、今後3D作品や実写映画を撮ることもある」と語っている[39]

作風[編集]

オリジナルなイメージにあふれた作画・演出を特徴とする。童話をイメージするような独特な揺れた線、斜めに傾いた不思議なパース、カラフルな色使い[1]などを駆使し、独自の世界観を作り上げる[6]。湯浅自身はテーマとして「多視点」を挙げ、全ての人が分かり合えるものではなく、違う考えを持つのを認め合えることを描いており、作品ごとにターゲットを変えて作っていると語る[1]

作画する際、キャラクターの「気分」を絵にしようとする。デフォルメや漫画的表現こそ「絵」の強さだと思っているので、出来るだけ取り入れようとしている[3]

作品によく写真や絵をコラージュして用い、実写とアニメを融合させる手法を作家性として確立させている[5][42]。きれいに補正していく作業行程こそがアニメなので、ラフでありながらコントロールされた絵をアウトプットまで持って行くのは難しい。そこで写真や実写を取り入れ、それを合わせることであえてコントロールできない行程を作り、馴染ませすぎないさじ加減でラフさを出すようにしている[13]。アニメ塗りではないタッチを活かした塗りを多用し、情報量もあいまいにして、いろんなタイプの絵が混ざって雑多な感じがありながら何となく一体になっているように見えるようにバランスを取っている[13]。原作などで実在する場所をモチーフにしている場合は、その風景をトレースして描き起こすよりも実際に写真を撮ってそれを絵的に歪ませて使うことが多い[52]

ブライアン・デ・パルマ作品に出会って監督の存在やカメラワークを意識して映画を見るようになった[10]。『クレヨンしんちゃん』の絵コンテを描くようになった時も、カメラワークが特徴的な映画をたくさん観たため、どうしてもデ・パルマ風になってしまったという[10]。その影響もあってか、『マインド・ゲーム』など初期の監督作品はストーリーをセリフではなく、映像が語るように作っていたがなかなか観客に伝わらなかった[5][10]

脚本については、面白いシーンをつなげて変化が描けていればストーリーになると考えていた。しかし、徐々にそれだけでは駄目だとわかってきたので、演出的な構成の方法を勉強するようになった[13]。アニメでは絵コンテ自体が設計図のようなものなので、作品によっては脚本を使わないこともある[53][注 5]

ストーリーにはあまり興味がない。そのせいか、子供の頃観ていたアニメや特撮もののストーリーはひとつも覚えていない[2]。漫画を描いて応募したこともあるが、その時初めて「漫画にはストーリーが必要だ」と思い、意識的に本を読んだり、映画を観たりするようになった[2]。それでも、ストーリーを追うよりもシーンや映像の展開の面白さの方に目が行っていた[2]。その後、自分で絵コンテを描くようになってようやくストーリーの重要性に気づいた[2]。「テーマがないとストーリーができない。自分がやっているテーマは、『解放されたい、自由になりたい』ということなのかもしれない。自分の考える『自由』を作品にしている」と語っている[39]

基本的に音楽が好き。中でもリズムが好きで、音楽ライブでも「『ノッていくことが自分の使命』みたいな気がする」という。また絵コンテもリズムを取りながら切っているので、アニメに音楽があるのはさほど不思議ではないという[3]。作品でもよく音楽とコラボレートし、本人も「それをやるとみんなが喜んでくれるのできっと得意なんだろう」と言っている[8]。最初は「音楽と合わせると豪華になるよ」という本郷みつるのアドバイスに従って始めたのだが、やっている内に自分でもそう感じるようになった[8]。映像と音楽を同期させる指示書であるスポッティングシートに書いていないタイミングも耳で割り出し、音楽を聴いて頭に浮かんだ映像を描き、絵を音楽に合わせれば合わせるほど気持ち良くなっていくという[8]。楽曲の構成からヒントを得て作品を作ることもある。『マインド・ゲーム』では、奥田民生の『息子』という曲から、ラストの主人公たちの想像される未来が、良いこと悪いことを含め、大量に短く断片的に流れるシーンを思いついた[54]。『ケモノヅメ』では、同じく奥田の『マシマロ』という曲でずっとタイトルとは関係ないことを歌って、最後で「マシュマロは関係ない」と言ってしまう裏切りの構成が面白いと感じ、サブタイトルをずっと味に関係あるものでつなげておいて最終話で「味は関係ない」というオチにした[54]

アニメの"動き"にはこだわっており、あまり他のアニメでは見られない動き、例えば流行りの最新アニメでは普通表現しないような動きや、分かりにくく大変な労力がかかってもおかしくないリアルな描写を効率良く描いた動きなどは発見があって、挑戦するのが楽しいと語っている[13]

キャラクターについてはその一面、二面だけをえがくのではなく、多面的にいろいろな側面を描きたいと思っている。キャラクターをどんどん掘り下げていくとさらにその奥があり、際限なく掘れていくような感じで、それは湯浅が世界を見ている感覚に近いという[5]

作品を選ぶきっかけの多くは"挑戦"。ある程度作品の作り方が見えている企画より、どう作れば一番いいのか、自分ならどう作れるのか、それがよく分からない方を選んでしまうので、結果的に“挑戦”になってしまう[55]

作品の解釈については、映画やアニメは映像の娯楽なので、観客に解釈を委ね、説明しない部分があってもいいと思っている[56]。原作付き作品では「監督の解釈」がとても重要で、自分で原作を読んだときの面白かった部分や、自分の中に湧き上がったイメージをアニメに置き換えることに注力している[57]。できるだけ作者の意図や他者の解釈も考慮に入れるが、最終的には自分の"読み"を優先する。自分の解釈(読み)が確立したら、たとえ原作者の解釈と異なっても自分の解釈で推し進めるという[57]。メディアが違えば全く同じものを作るのは不可能であり、それぞれのクリエイターが自分の解釈で作った方が媒体の翻訳として正しいと思っている[57]。大切なのは作家や作品へのリスペクトであり、またアニメは後に残るものなので、同じ原作でも毎回同じ形で映像化するのは意味がないと考えている[57]。好き勝手に作るのではなく、「今」の時代を意識して「この時代だからこそ」の解釈をした上で、原作が書かれた時代の読者が感じたことを現代でも感じられるように作ることができればとよいと思っている[57]

サイエンスSARUでは、"フラッシュ"というテクニックを使ってアニメを制作することに挑戦した[22]Adobe Flash(現:Adobe Animate)を使えば作画から動画・彩色までの行程を単独で完結させられるので、アニメーターひとりでムービーを完成させることができると考えて採用した[22]。それまで、企画を進めていても大きなスタジオでは小回りが利かなかったり通りやすい企画優先になったり、個人では壁に突き当たったりと問題を感じていたため、コストパフォーマンスのよいアニメの制作方法を実践するアニメスタジオの必要性を感じていたという[22]

監督作品[編集]

テレビアニメ[編集]

2006年
  • ケモノヅメ原作監督シリーズ構成・脚本・絵コンテ・演出)
2008年
  • カイバ原作監督シリーズ構成・脚本・絵コンテ・演出)
2010年
  • 四畳半神話大系監督・脚本・絵コンテ・演出・挿入歌作詞)
  • SHIN-MEN(『クレヨンしんちゃん』内で放送されていたコーナーアニメ。監督<第1-5話>・キャラクターデザイン・絵コンテ・演出・作画監督・挿入歌作詞)
2014年
2020年

劇場アニメ[編集]

2004年
2017年
2019年
2021年[58]

短編・パイロットフィルム[編集]

1999年
2007年
  • 夢みるキカイ(映画『Genius Party』の一篇。監督・脚本・設定デザイン・作画監督)
2010年

Webアニメ[編集]

2018年
2019年
2020年

CM[編集]

2004年

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

著作物[編集]

スケッチ集[編集]

表紙イラスト[編集]

受賞歴[編集]

国内[編集]

賞・映画祭 年・回 部門 対象 結果
毎日映画コンクール 第59回 マインド・ゲーム 大藤信郎賞 受賞
アニメーション映画賞 ノミネート
第72回 夜明け告げるルーのうた 大藤信郎賞 受賞
アニメーション映画賞 ノミネート
第77回 犬王 大藤信郎賞 受賞
アニメーション映画賞 ノミネート
文化庁メディア芸術祭 第8回 アニメーション部門 『マインド・ゲーム』 大賞
第10回 ケモノヅメ 審査委員推薦作品
第12回 カイバ 優秀賞
第14回 四畳半神話大系 大賞
第17回 Kick-Heart 審査委員推薦作品
第18回 ピンポン THE ANIMATION 審査委員推薦作品
第21回 『夜明け告げるルーのうた』 大賞
夜は短し歩けよ乙女 審査委員推薦作品
第22回 DEVILMAN crybaby 審査委員推薦作品
第24回 映像研には手を出すな! 大賞
日本沈没 2020 審査委員推薦作品
東京アニメアワード 第10回 テレビ部門 『四畳半神話大系』 優秀賞
第14回 『ピンポン THE ANIMATION』 グランプリ
2021年 『映像研には手を出すな!』 グランプリ
文化庁長官表彰 2017年 国際芸術部門 受賞
TAMA映画賞 第9回 特別賞 受賞
日本アカデミー賞 第41回 最優秀アニメーション作品賞 『夜は短し歩けよ乙女』 受賞
VFX-JAPANアワード 第6回 劇場公開アニメーション映画部門 『夜明け告げるルーのうた』 優秀賞
芸術選奨文部科学大臣賞 第71回 メディア芸術部門 『映像研には手を出すな!』 受賞
褒章 2021年 紫綬褒章[63] 選出
福岡県文化賞 第30回 創造部門 受賞

海外[編集]

賞・映画祭 年・回 部門 対象 結果
アニー賞 第42回 テレビ部門監督賞 アドベンチャー・タイム
Episode「Food Chain」
ノミネート
第48回 長編インディペンデント作品賞 きみと、波にのれたら ノミネート
第50回 犬王 未決定
アヌシー国際アニメーション映画祭 第37回 短編部門 Kick-Heart ノミネート
第39回 テレビ部門 『アドベンチャー・タイム』
Episode「Food Chain」
ノミネート
第41回 長編部門クリスタル賞 夜明け告げるルーのうた 受賞
第44回 テレビシリーズ審査員賞 日本沈没2020[64] 受賞
オタワ国際アニメーション映画祭 2013年 短編部門 『Kick-Heart』 ノミネート
2017年 長編部門 夜は短し歩けよ乙女 受賞
『夜明け告げるルーのうた』 ノミネート
ファンタジア国際映画祭 2005年 最優秀作品賞 マインド・ゲーム 受賞
監督賞 受賞
脚本賞 受賞
映像技術特別賞 受賞
ベストアニメーション賞 受賞
2013年 最優秀短編アニメーション賞 『Kick-Heart』 受賞
2017年 観客賞 アニメーション部門 『夜明け告げるルーのうた』 銀賞
『夜は短し歩けよ乙女』 銅賞
2022年 アニメーション部門(今敏賞)長編賞 『犬王』 受賞
パリKINOTAYO映画祭 2006年 大賞 『マインド・ゲーム』 受賞
サンダンス映画祭 第34回 キッズ部門 『夜明け告げるルーのうた』 ノミネート
Crunchyrollアニメアワード 2019年 アニメ・オブ・ザ・イヤー DEVILMAN crybaby 受賞
最優秀監督賞 受賞
2021年 ベストアニメーション賞 映像研には手を出すな! 受賞
最優秀監督賞 受賞
上海国際映画祭 第22回 コンペティション部門金爵賞 最優秀アニメーション作品賞 『きみと、波にのれたら』 受賞
シッチェス・カタロニア国際映画祭 第52回 長編アニメーション部門最優秀賞 『きみと、波にのれたら』 受賞
第55回 タイムマシン賞 『犬王』[65] 受賞
ニューヨーク・タイムズ 2020年 ベストTV番組 『映像研には手を出すな!』 選出
ベスト海外TV番組 選出
ザ・ニューヨーカー 2020年 ベストTV番組 『映像研には手を出すな!』 選出
富川国際アニメーション映画祭 2021年 長編コンペティション部門特別優秀賞 『犬王』 受賞
フロリダ映画批評家協会賞 第27回 アニメ映画賞 『犬王』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 第80回 アニメ映画賞 『犬王』 ノミネート
サテライト賞 第27回 作品賞 (アニメーション・ミックスメディア部門) 『犬王』 未決定

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本人は、大学時代にはファインアートを専攻して他の人のようにアニメを勉強していなかったため、アニメ映えする絵が描けないと思っていたという[2]
  2. ^ 半分は他のスタッフに助けてもらった。
  3. ^ 『夜明け告げるルーのうた』の原型となる作品[12]
  4. ^ 当初、2021年の公開が予定されていたが延期され、東京国際映画祭でのプレミア上映にとどまっていた[34][41]
  5. ^ もともと日本のアニメ業界では絵コンテの段階で脚本を大きく変えることはよくあることで、たとえ変わったとしても演出家が脚本家としてクレジットされることはなく、脚本家も変更に理解がある人が多かったという。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “アニメーション監督 湯浅政明の仕事”. 日経エンタテイメント!: 59-61. (8 2020). 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 渡辺麻紀 (2021年12月28日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第1回 スタートはアニメーターから。大きな財産にもなった『クレヨンしんちゃん』 (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/212915/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」と映画2本が連続公開される湯浅政明監督にインタビュー”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2017年4月17日). 2022年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h 「この人に話を聞きたい」第4回 湯浅政明 (1)”. WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル (2004年4月23日). 2022年8月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e 渡辺麻紀 (2022年1月7日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第3回 アニメーターから監督へ。『マインド・ゲーム』で得たものと見えてきた課題 (2/3)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/214396/index.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  6. ^ a b 湯浅政明×井上俊之対談(2)”. WEBアニメスタイル. 2014年11月28日閲覧。
  7. ^ 「この人に話を聞きたい」第4回 湯浅政明 (2)”. WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル (2004年4月28日). 2022年8月25日閲覧。
  8. ^ a b c d e 渡辺麻紀 (2022年1月5日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第2回 試行錯誤しながら挑んだ『THE八犬伝〜新章〜』で学んだこと (2/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/213059/index.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  9. ^ さくらももこ『わたしの好きな歌』(小学館りぼんマスコットコミックス、1993)の後書き漫画より。
  10. ^ a b c d e 渡辺麻紀 (2021年12月28日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第1回 スタートはアニメーターから。大きな財産にもなった『クレヨンしんちゃん』 (2/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/212915/index.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f 渡辺麻紀 (2022年1月5日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第2回 試行錯誤しながら挑んだ『THE八犬伝~新章~』で学んだこと (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/213059/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  12. ^ 映画秘宝2017年6月号
  13. ^ a b c d e f g h i 渡辺麻紀 (2022年1月7日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第3回 アニメーターから監督へ。『マインド・ゲーム』で得たものと見えてきた課題 (1/3)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/214396/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  14. ^ a b c d e f 湯浅政明監督とスタジオの化学反応が生み出した奇跡 BD化を機に『マインド・ゲーム』の真価に迫る (1/2)”. リアルサウンド. 株式会社blueprint (2018年2月9日). 2022年8月25日閲覧。
  15. ^ 『四畳半神話大系』や『ピンポン』を手掛けた湯浅政明監督初のオリジナル作品『夜明け告げるルーのうた』が公開決定!”. アニメイトタイムズ. 2017年1月24日閲覧。
  16. ^ a b 渡辺麻紀 (2022年1月7日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第3回 アニメーターから監督へ。『マインド・ゲーム』で得たものと見えてきた課題 (3/3)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/214396/index.html?page=3 2022年8月25日閲覧。 
  17. ^ 文化庁メディア芸術祭、アニメ部門受賞作の「空の境界 俯瞰風景」や「ストライクウィッチーズ」をシアターで上映”. GIGAZINE. 株式会社OSA (2009年2月6日). 2022年8月23日閲覧。
  18. ^ “WOWOWオリジナルアニメ「カイバ」平成20年度文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門で優秀賞を受賞!”. News2u.net. (2008年12月10日). オリジナルの2019年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190807022205/http://www.news2u.net/releases/41156 2021年7月24日閲覧。 
  19. ^ タニグチナオミ (2010年12月9日). “「四畳半神話大系」がメディア芸術祭アニメ部門大賞に 湯浅監督&森見さんも歓喜”. はてなニュース. https://hatenanews.com/articles/201012/2121 2021年7月24日閲覧。 
  20. ^ なぜプロダクションI.Gは湯浅政明監督の新作「Kick-Heart」でクラウドファンディングサイト“KickStarter”を使ったのか? インタビューで直撃!”. ファミ通.com. 2014年11月28日閲覧。
  21. ^ 話題のアニメ「Kick-Heart」完成 “見て、感じて、踊れる発表会”で初披露”. アニメ!アニメ!. イード (2013年4月18日). 2022年8月23日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g 渡辺麻紀 (2022年1月21日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第7回 『四畳半神話大系』あっての『夜は短し歩けよ乙女』 (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/216119/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  23. ^ “アニメ『ピンポン』の斬新さは、Flash使いに秘密があった! Science SARUへ行く”. WIRED.jp. (2014年9月10日). http://wired.jp/2014/09/10/science-saru/ 2014年11月28日閲覧。 
  24. ^ 「かぐや姫の物語」米国アニー賞で3部門ノミネート、湯浅監督らはTV部門でノミネート”. アニメ!アニメ!. 2014年12月4日閲覧。
  25. ^ “星野源×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」劇場アニメ化、「四畳半」メンバー再集結”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213248 2016年12月16日閲覧。 
  26. ^ “「ルーのうた」がアヌシー映画祭で最高賞、「この世界の片隅に」が審査員賞に”. 映画ナタリー. (2017年6月18日). https://natalie.mu/eiga/news/237216 2021年7月24日閲覧。 
  27. ^ “湯浅政明監督『文化庁メディア芸術祭』3度目の大賞受賞の快挙”. ORICON NEWS. (2018年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2107714/full/ 2021年7月24日閲覧。 
  28. ^ “『ルー』湯浅政明、『この世界』片渕須直に文化庁長官表彰”. シネマトゥデイ. (2017年7月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0092875 2021年7月24日閲覧。 
  29. ^ “湯浅政明監督『夜は短し歩けよ乙女』オタワ映画祭でグランプリ 日本人監督初の快挙”. オリコンミュージックストア. (2017年9月24日). https://music.oricon.co.jp/php/news/NewsInfo.php?news=2097807 2017年9月24日閲覧。 
  30. ^ “「きみと、波にのれたら」片寄涼太、伊藤健太郎に“波に乗るんだ”のモノマネされる”. 映画ナタリー. (2019年6月21日). https://natalie.mu/eiga/news/336689 2019年6月22日閲覧。 
  31. ^ 第24回 アニメーション部門 大賞 映像研には⼿を出すな!」”. 受賞作品. 文化庁メディア芸術祭. 2021年3月12日閲覧。
  32. ^ 安藤健二 (2021年11月7日). “『映像研には手を出すな!』イギリスの著名ミュージシャンが称賛。「映画制作のあらゆる要素の教材だ」”. ハフポスト. BuzzFeed Japan. 2022年8月25日閲覧。
  33. ^ 代表取締役交代と新体制について”. sciencesaru (2020年4月3日). 2020年4月4日閲覧。
  34. ^ a b 湯浅政明がサイエンスSARU社長を退任、「犬王」監督は引き続き担当”. 映画ナタリー. 2020年4月4日閲覧。
  35. ^ 渡辺麻紀 (2022年2月8日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第12回 作り手の"ワクワク感"が視聴者にも伝わった『映像研には手を出すな!』 (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/218447/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  36. ^ これがサイエンスSARUの描く「スター・ウォーズ」だ! 「赤霧」「T0-B1」あらすじ&場面カット公開”. アニメ!アニメ!. イード (2021年9月16日). 2022年8月25日閲覧。
  37. ^ “Netflixが「日本沈没 2020」アニメ化。湯浅政明監督、2020年に全世界独占配信”. AV Watch. (2019年10月9日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1211629.html 2019年10月9日閲覧。 
  38. ^ 阿部, 裕華 (2020年7月10日). “不自由になった世界で気づくこと。アニメ『日本沈没2020』で湯浅政明監督が追求したリアル”. 朝日新聞デジタルマガジン&. https://www.asahi.com/and_M/20200710/13653127/ 2020年7月12日閲覧。 
  39. ^ a b c d e f ギレルモ・デル・トロ監督らとともに湯浅政明監督が、手形を飾る最初の6人に! 「アヌシー国際アニメーション映画祭2022」レポート”. シネフィル. 株式会社Miramiru (2022年6月20日). 2022年8月25日閲覧。
  40. ^ “『犬王』観客も熱狂! 初日舞台挨拶イベントレポ”. アニメージュプラス. (2022年5月30日). https://animageplus.jp/articles/detail/44425 2022年6月4日閲覧。 
  41. ^ 犬王 - 東京国際映画祭2021
  42. ^ a b c d e f 湯浅政明監督とスタジオの化学反応が生み出した奇跡 BD化を機に『マインド・ゲーム』の真価に迫る (1/2)”. リアルサウンド. 株式会社blueprint (2018年2月9日). 2022年8月25日閲覧。
  43. ^ 細田守と新海誠は、"国民的作家"として対照的な方向へ 2010年代のアニメ映画を振り返る評論家座談会【前編】 (3/4)”. リアルサウンド. 株式会社blueprint (2020年1月12日). 2022年8月25日閲覧。
  44. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2017年5月8日). "ルパン三世カリオストロの城" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  45. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2018年4月28日). "映画秘宝別冊「アニメでなぜ悪い」いただきました〜。" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  46. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2013年8月16日). "「ユニコ魔法の島へ」は大好きな作品。" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  47. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2018年4月28日). "旧「バカボン」ファースト「ルパン」「幼獣都市」「ピノキオ」映画1作目「999」「トムとジェリー」「暗黒大将軍」「ハイジ」ファースト「ヤマト」「魔界大冒険」映画「エース!」荒木伸吾のアレ もう全然10超えてるけど" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  48. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2021年1月31日). "妖獣都市(1987)" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  49. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2018年4月29日). "そうだ 猫版「銀河鉄道の夜」もあった。" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  50. ^ 湯浅政明 [@masaakiyuasa] (2018年4月29日). "「三千里」「アン」「ど根性ガエル」「宇宙開拓史」「くもとちゅうりっぷ」「どうぶつ隣組」" (ツイート). Twitterより2023年1月11日閲覧
  51. ^ a b 湯浅政明監督が作品に込める裏テーマとは? 『きみと、波にのれたら』制作秘話を語る”. otocoto. Baca the Bacca (2019年6月13日). 2022年8月25日閲覧。
  52. ^ 渡辺麻紀 (2022年1月14日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第5回 『四畳半神話大系』でも痛感した、原作ものをアニメ化するときに大切なこと (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/215161/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  53. ^ 渡辺麻紀 (2022年1月18日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第6回 もしかしたら存在したかもしれない、もうひとつの『ピンポン』 (2/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/215694.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  54. ^ a b 渡辺麻紀 (2022年1月25日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第8回 子供向けを意識した『夜明けを告げるルーのうた』と音楽の重要性 (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/216556/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  55. ^ 渡辺麻紀 (2022年1月28日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第9回 Netflix作品『DEVILMAN crybaby』での“挑戦” (1/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/217018/index.html 2022年8月25日閲覧。 
  56. ^ 渡辺麻紀 (2022年2月1日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第10回 ストレートなラブストーリーを目指した『きみと、波にのれたら』 (2/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/217525/index.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  57. ^ a b c d e 渡辺麻紀 (2022年1月14日). “湯浅政明 挑戦から学んだこと 第5回 『四畳半神話大系』でも痛感した、原作ものをアニメ化するときに大切なこと (2/2)”. ぴあ. https://lp.p.pia.jp/article/lifestory/212899/215161/index.html?page=2 2022年8月25日閲覧。 
  58. ^ 映画祭での上映。劇場公開は2022年。
  59. ^ 『SUPER SHIRO(スーパーシロ)』公式サイト”. 2019年2月11日閲覧。
  60. ^ 「クレヨンしんちゃん」シロが主役の新作アニメ「SUPER SHIRO」総監督は湯浅政明”. コミックナタリー (2019年2月4日). 2019年2月11日閲覧。
  61. ^ 湯浅政明が「日本沈没」をNetflixでアニメ化!2020年のオリンピック直後が舞台”. コミックナタリー (2019年10月9日). 2019年10月9日閲覧。
  62. ^ “押井守がジブリを語る書籍発売、表紙イラストは湯浅政明”. 映画ナタリー. (2017年10月13日). https://natalie.mu/eiga/news/252483 2021年7月24日閲覧。 
  63. ^ 『官報』第250号、令和3年11月4日
  64. ^ “アヌシー映画祭、長編グランプリに「Flee」、TVシリーズ審査員賞に「日本沈没2020」”. アニメーションビジネスジャーナル. (2021年6月20日). http://animationbusiness.info/archives/11502 2021年6月20日閲覧。 
  65. ^ “湯浅政明監督が「犬王」でシッチェス国際映画祭のタイムマシン賞を受賞、日本人5人目”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年9月16日). https://natalie.mu/comic/news/494061 2022年9月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]