Adobe Animate

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Adobe Animate
Adobe Animate CC icon (2020).svg
開発元 アドビ
最新版
2021 (21.0.2) / 2021年2月 (7 ヶ月前) (2021-02)
対応OS WindowsmacOS
種別 Multimedia Content Creator
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Adobe Animate
テンプレートを表示

Adobe Animate(アドビ・アニメイト)は、アドビが開発・販売している動画ゲームHTML5を中心としたオーサリング・ソフトウェア。旧称は Adobe Flash Professional(アドビ・フラッシュ・プロフェッショナル)[1]

Adobe Animateは、ベクターグラフィックスアニメーション制作ソフトであり、HTML5以外にWebGL, Scalable Vector Graphics などのフォーマットが扱える他、旧来の Flash Player (SWF)やAdobe AIRフォーマットも扱える。

概要[編集]

Adobe Flash / Adobe Animateの最初のバージョンは、1996年5月にリリースされたベクターグラフィックスおよびベクターアニメーションプログラムのFutureSplash Animatorである。ソフトウェア会社であるFutureWave SoftwareによってFutureSplashAnimatorが開発された。 最初の製品であるsmartsketchはベクターベースの描画プログラムである。1995年、同社は製品にアニメーション機能を追加し、World Wide Web用のベクターベースのアニメーションプラットフォームを作成することを決定した。したがって、FutureSplash Animatorが作成された。(当時、ウェブ上で、このようなアニメーションを展開する唯一の方法は、Javaであった。)FutureSplashアニメーション技術は、次のようなウェブサイト上で使用されたMSN、シンプソンズウェブサイトおよびディズニー・デイリー・ブラストのウォルト・ディズニー・カンパニー。

1996年12月、MacromediaはFutureWaveを買収し、製品をMacromedia Flashとしてブランド変更した。これは、8つのメジャーバージョンで継続するブランド名である。アドビシステムズ(現アドビ)は、 2005年にMacromediaを買収し、プレーヤーと区別するためにAdobe Flash Professionalの再ブランドのAdobe Flash Playerという製品になった。これは、AdobeがCreative Cloud(CC)を支持してCreative Suiteのラインナップを廃止するまで、CS3からCS6までの製品のCreative Suiteの一部として含まれていた。

2015年12月1日、アドビは次のメジャーアップデートでプログラムの名前をAdobe Animateに変更することを発表した。この動きは、Adobe Flash Playerとの関連付けを解除する取り組みの一環として行われ、HTML5およびビデオコンテンツのオーサリングへの使用の増加を認め、Web標準ベースのソリューションを優先してFlash Playerの使用を推奨しない取り組みを開始した。新しい名前の最初のバージョンが2016年2月8日にリリースされた。 Adobe AnimateはWeb標準のファイル形式に移行しているが、Flash (.swf) およびAir (.air) 形式はまだ公式にサポートされる。

2018年2月ごろに『Adobe Flash Professional』のサービス終了に伴って、アドビシステムズが後継版として販売を開始。

バージョン[編集]

出典[編集]

  1. ^ Adobe Flash Professional を Adobe Animate CC に名称変更

外部リンク[編集]