AIKa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AIKa
ジャンル アクション
OVA
監督 西島克彦
シリーズ構成 金巻兼一
キャラクターデザイン 山内則康
アニメーション制作 スタジオ・ファンタジア
製作 バンダイビジュアル
発表期間 1997年 - 1999年
話数 全8話(内1巻は特別編)
テンプレート - ノート

AIKa』(アイカ)は、1997年から1999年にかけて発売されたOVA作品、およびそのコミカライズ作品である。

2007年にはこの作品の10年前を描くOVA『AIKa R-16:VIRGIN MISSION』(以降、『R-16』)が発売され、2009年には『R-16』の3年後を描くOVA『AIKa ZERO』も発売された。

概要[編集]

特別編1巻を含む全8巻のOVA。『女神天国』OVA版の好評を受け、ほぼ同一スタッフで制作された。当初は第1期全4巻の予定だったが、好評により第2期が制作され、全8巻となった。なお、第1期は1998年4月6日より11回に分けてTBSバラエティ番組ワンダフル』内で放送された[1]。第2期では引き続き藍華を主人公に置きながらも、やられ役であるデルモ達にも焦点が当てられていた。

特徴[編集]

一般作でありながら、お色気シーンやパンチラシーンが多い。「業界最多パンツを目指そう」を合言葉に西島、山内主導のもと全カットのうち限界ギリギリである数のカットにおいてパンチラシーンを入れようという意欲的な作品となっている。

主人公の藍華、パートナーのりおん、敵のデルモなど、女性登場人物のほとんどが極端なミニスカートを身に着けており、アクションシーンでは常に誰かの下着が見えているような状態であったり、敵のデルモがやられる時は必ずスカートの中が丸見えになるように倒れ、通常シーンでも下から覗きこむようなローアングルが多い。西島監督のこだわりから登場するパンツはすべて白で統一されている。

ストーリー[編集]

西暦2016年、地球規模の大災害により陸地の一部が海底に沈んでしまった。

それから20年後、世界では先の大災害により海底に失われてしまった国家や企業のデータ・物品の回収が目的の、「サルベイジャー」と呼ばれる新しい職業が活躍していた。その中でも皇 藍華は、抜群の美貌と格闘センス、冷静な判断力を合わせ持つ超一流のサルベイジャーである。

ある日、藍華は某クライアントから、先の大災害と関わりのあるエネルギー物質「ラグ」の調査・回収を依頼される。しかしその途中で、ラグを利用しての人類文明一掃とユートピア建設を画策するルドルフ・ハーゲンや妹のネーナ、そしてその配下のデルモ達との戦闘に巻き込まれてしまう。

登場人物[編集]

K2コーポレーション[編集]

皇 藍華(すめらぎ あいか)
佐久間レイ
この作品の主人公。2010年10月23日生まれの乙女座。26歳。KK(ケーツー)コーポレーション所属の凄腕サルベイジャー。金髪で巨乳。容姿端麗で格闘も強い女性。
特殊液体金属「オルタネートメタル」の力を宿したビスチェを着用しており、有事の際にはそれを用いて肌もあらわな姿に変身する(髪の色も青に変わり、肌が浅黒くなる)ことで超人的な戦闘力を発揮できるが、藍華自身はその力を快く思っていない。ただし、りおんからはカッコいいと言われている。
相田 りおん(あいだ りおん)
声:小西寛子
郷造の娘で、サルベイジャー見習い。2018年6月8日生まれの牡牛座。18歳。活発な眼鏡っ娘。藍華に憧れを抱いており、強引に相棒となる。
相田 郷造(あいだ ごうぞう)
声:大塚明夫
KKコーポレーション社長で、りおんの父。1985年5月27日生まれの牡牛座。51歳。両親と死別した藍華を拾い、育て上げた。酒が絡むと喧嘩が強くなる。最終回でゴールデンデルモにひき逃げされて大怪我を負ってしまった。
道草 旬太郎(みちくさ しゅんたろう)
声:小野坂昌也
特別編と第2期のみ登場。新人サルベイジャー。ほとんど何もせずボーッとしている。

藍華の協力者たち[編集]

ガスト・タービュランス
声:小杉十郎太
サルベイジャー。2012年8月14日生まれの獅子座。24歳。富豪の息子だが、独立して自分の腕で稼いでいる。藍華にベタ惚れしている。サルベイジャーとしての腕は一流で業界トップを誇り、格闘も強く、2話では8名ほどのホワイトデルモを一人で叩きのめしている。しかし、本人は女性に暴力を振るうのを嫌っており、「調子狂うんだよなー」「顔は勘弁してやるよ」などと発言している。
この作品の第2作目『R-16』にも14歳の時の姿で登場しているが、その頃は今と違って全然強くなかった。
バ・バンドラ
声:京田尚子
ガストの相棒で、ベテランのサルベイジャー。
メイピア・アルキメタリア
声:玉川紗己子
世界秘密工作員組合所属のA級エージェント。能力は高いようだが、間の抜けた行動が多い。第2期では最終回でりおんと共にデルモ残党基地に殴り込みをかける。

ハーゲン兄妹[編集]

ルドルフ・ハーゲン
声:塩沢兼人
試験管ベビーとして生まれた天才科学者。2003年生まれ。31歳。人類を一旦滅ぼし、優秀な遺伝子を持つ者だけで構成された世界を再生しようと目論んでいる[2]
女好きで、藍華のことを気に入るものの、ネーナの暴走に巻き込まれて吸収されてしまい、旗艦と運命を共にした。
ネーナ・ハーゲン
声:田中敦子
ルドルフの妹。2006年生まれ。28歳。ピンク色のロングヘアをしている。兄のルドルフに対して兄妹を超えた愛情を抱いており、ルドルフからもてはやされる藍華に強烈に嫉妬する。部下や敵に対してはサディストであり、特にが入ると顕著。
オルタネイトメタルの力をルドルフから授けられ、旗艦に侵入した藍華を迎え撃つが、オルタネイトメタルが暴走してしまい、肉体が崩壊。精神も同時に崩壊を迎え、崩れ落ちる旗艦の中で逃げ出そうとするルドルフに抱きつき、そのまま爆発に巻き込まれ絶命した。

デルモゲニィ[編集]

美女だけで構成されているルドルフ・ハーゲン配下の軍隊。略してデルモ。彼の優秀な遺伝子を伝えるべく集められた。服の色は白、青、ピンク、黒とあり、階級的には白が最上位らしく、黒が最下位の模様。第2期からは4人の金色(ゴールデン)も登場する。パンツが見えそうなほどスカートが短い。

ホワイトデルモ
デルモの中でも幹部に当たる階級。他のデルモ部隊とは異なり、スカートは黒い。
艦長
声:永島由子
長い黒髪の美女。旗艦に潜入したガストを迎え撃つがアッサリ返り討ちにされる。
第2期では死んだハーゲンに代わり、リーダーとなって藍華達と戦う。女同士であるにも関わらず、副官とは相思相愛の仲である。
ホワイト(副官)
声:平松晶子
常に艦長と行動を共にしている。
第2期では艦長と共に天井に届くほどのジャンプを駆使して藍華を翻弄するが、二人まとめて返り討ちにされる。
ホワイトN
声:柳原みわ夏樹リオ
非常に胸が大きい。黒デルモに変装したりおんとメイピアを見抜けず、仲間と間違え叱責した。
ホワイトP
声:林玉緒川上未遊
ホワイトR
声:佐藤ゆうこ
ニナ・エスコ(ホワイトS)
声:田中涼子岡村明美
艦長・副官の秘書官を務める女性。艦長と副官を倒した藍華に震え上がり銃を向けるも倒される。
青デルモ
銃火器の使用が許された兵隊。階級は黒より上。
ブルーリーダー
声:白鳥由里
茶髪の美女。
ブルー(ヴァレリー)
声:新山志保
色黒で金髪の長身の女性。第2期では髪を切ってピエールと名乗って男装し、藍華に近づく。彼女に薬を盛って弱体化させるが、それでも大して弱くはなっておらず、エレベーターで襲撃をかけた際にはいとも簡単に倒された。藍華に「そっち」の気は無かったらしく、ヴァレリー相手にキスまでしてしまったことを心底落胆していた。
ブルーX(キャサリン)
声:山崎和佳奈
金髪。巡回中にメイピアが外した金網が直撃してアッサリ気絶した。復帰後は捕縛したりおんを護送するが、隙を突かれてボコボコに殴り倒された挙句服を盗まれた。
ブルーY
声:高橋あつこ
ブルーV
声:三橋加奈子
ブルーW
声:高村綾子
ピンクデルモ
機甲師団に入っているデルモ。砲兵なども担当する。
ピンクリーダー
声:山崎和佳奈
ピンクデルモのリーダー。
ピンク(スージー)
声:山崎和佳奈
装甲車部隊に所属していたが、ビアンカに降りろと命じられてしまう。
ピンク(ビビアン)
声:三橋加奈子
ピンク(リズ)
声:鈴木裕美子
ピンク(ベティ)
声:竹内順子
黒デルモ
デルモの最下層。失敗すればゴミのように車に積まれ、基地内で制裁を受ける。徒手空拳で戦うため、下半身はタイトミニではなくフレア。やや肩口が盛り上がったパフスリーブの制服をしている。
ブラックリーダー
声:西原久美子
薄紫のボブヘアをしている。第1話で藍華襲撃作戦の陣頭指揮を取ったが、配下の黒デルモたちをあっさり全滅させられ、駆けつけたネーナに許しを請うものの蹴り倒され、旗艦で制裁を受ける。その後もモブとして頻繁に登場する。
ブラックH、ブラック(みさき)
声:田上香織
ブラック(かな)
声:山崎和佳奈
ブラック(さえ)
声:三橋加奈子
ブラック(ゆき)
声:鈴木裕美子
ブラック(名前未設定)
声:笹本優子倉田雅世村井毎早津村まこと
ゴールデンデルモ
第2期以降に登場。デルモ内部でも直接戦闘力に優れた4名が選ばれており、階級はホワイトのすぐ下にあたる。制服は胸元が菱型にカットされたセクシーな物。実力は高く、ガストやメイピアでは全く相手にならない。
ビアンカ
声:高山みなみ
赤髪の巨乳美女。普段は冷静だが、感情が高ぶると気性が荒い一面を見せる。拳銃使いであるが、藍華に対しては「銃で殺すには生ぬるい」と吐き捨て、手甲剣での格闘戦を挑んだ。ヴァレリーをうまく使い、その隙をついて藍華を倒そうとするも失敗。なりふり構わず装甲車を投入して殲滅にかかるが、藍華の機転により返り討ちに遭う。
最終話では小型火炎放射器を用いて藍華を焼き殺そうとするが、オルタネイトメタルの力で防がれ倒された。
リエ・ペトリヤコワ
声:大谷育江
デルモの中では最も幼く、黒髪をロングにした少女。藍華のことを徹底的に調べようと目論み、依頼人のフリをして彼女に「適性試験」と称しあらゆる検査をかけた。藍華以外のK2メンバーを「オマケ」とあしらうなど気が強く、口も達者で、部下(勿論大人のデルモ)が藍華に殴られようが全くお構いなしにデータ収集を始めるなど豪胆な性格。デルモの中で唯一全裸を見せている。
散々収集したデータをもとに、「全裸写真をネットに流出する」と嘯いて藍華を脅迫するが逆に激昂させてしまい、最初こそ善戦するものの長い髪を掴まれて床に引きずり倒され、投げ飛ばされて失神。意識を取り戻した後もデータを基地に持ち帰ろうとするが、藍華の大暴れに完全に縮み上がってしまい逃走。脱走を目論むK2コーポレーションにミサイルを撃ち込んで飛行機ごと吹き飛ばそうとするが、郷三の発射したポッドを腹部に受けて気絶した。
最終回では新体操リボンを使って潜入したK2コーポレーションの一味を足止めするが、オルタネイトメタルモードの藍華に倒される。
サニア
声:長沢美樹
トニアとコンビを組む重火器の使い手。茶髪をロングにしている。トニアと共にK2コーポレーション本社に時限爆弾を仕掛けた上、郷三を車で跳ね飛ばして重傷を負わせた。
本部を襲撃したK2コーポレーションをトニアと共に追い詰めるが、本部での戦いでオルタネイトメタルモードの藍華に倒された。
トニア
声:井上喜久子
サニアの相棒。長い銀髪を編み込んだクールな美女。手甲鉤を用いた近接戦を得意とする。サニアと共にK2コーポレーション本社を襲撃した。
暗闇の中でこそ藍華相手に終始互角に戦えたものの、本部での戦いではオルタネイトメタルモードの藍華に倒された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

各巻リスト[編集]

TRIAL サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 美しきエージェント 金巻兼一
西島克彦
西島克彦 山内則康
2 NAKED MISSION もりたけし 三笠修 菊地洋子
3 TAKE OFF POSITION 寺東克巳 山内則康
4 宇宙(そら)に咲く華 西島克彦
寺東克巳
三笠修 菊地洋子
5 黄金のデルモ作戦 寺東克巳
6 白銀のデルモ作戦 金巻兼一 山内則康
寺東克巳
山内則康
山内富夫
山内則康
7 決戦突入!デルモ基地!! 西島克彦 三笠修
Special TRIAL 牟田口透 西島克彦
寺東克巳
TBS ワンダフル内アニメ枠
前番組 番組名 次番組
AIKa
(TRIAL 1からTRIAL 4まで)

リリース[編集]

  • VHS】【LD】 1997年から1999年にかけて発売された全8巻は廃盤
  • 【DVD】 「AIka DVD COLLECTION 1」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2000年8月25日
  • 【DVD】 「AIka DVD COLLECTION 2」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2000年10月25日
  • 【DVD】 「AIka DVD COLLECTION 3」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2000年11月25日
  • 【DVD】 「AIka リマスターBOX」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2007年1月26日 ※特典:ドラマCD、ミュージックCD
  • UMD】 「Aika 1」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2009年12月22日
  • 【UMD】 「AIka 2」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2009年12月22日
  • 【UMD】 「AIka 3」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2009年12月22日
  • 【DVD】 「EMOTION the Best AIka DVD-BOX」 販売元:バンダイビジュアル、発売日:2010年9月24日

ドラマCD[編集]

AIKa Special Mission

  1. リトル・トリガー・ガール 販売元:日本コロムビア、発売日:1997年7月19日 ※廃盤
  2. スウィート・エモーション 販売元:日本コロムビア、発売日:1997年11月21日 ※廃盤
  3. メアリー・ジーン 販売元:日本コロムビア、発売日:1998年12月19日 ※廃盤

音楽CD[編集]

  • AIKa オリジナルサウンドトラック vol.1 Soundtrack 販売元:日本コロムビア、発売日:1997年9月20日 ※廃盤
  • AIKa オリジナルサウンドトラック vol.2 Soundtrack 販売元:日本コロムビア、発売日:1998年1月21日 ※廃盤
  • 「AIKa」 Music Collection Soundtrack 販売元:日本コロムビア、発売日:1999年4月21日
  • (ANIMEX1200-200)AIKa Music Collection Limited Edition (Soundtrack) 販売元:日本コロムビア、発売日:2015年1月21日 ※廉価盤

ムック[編集]

アイカ パーフェクトファイルA
1998年に彩文館出版から発売。
アイカ パーフェクトファイルB
1998年に彩文館出版から発売。
アイカ グラフィックス
1999年に銀河出版から発売。
アイカ コンプリートファンブック
2010年一迅社から発売。

漫画版[編集]

此路あゆみ作画で『コミックガム』(ワニブックス刊)に連載、全1巻、ISBN 4847032683

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.animetopics.com/news.php?news_seq=2741
  2. ^ りおん曰く「邪魔な奴全員殺して、女と遊び暮らしたいだけの変態」。

外部リンク[編集]