ファイアーエムブレム 紋章の謎 (OVA)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイアーエムブレム > ファイアーエムブレム 紋章の謎 > ファイアーエムブレム 紋章の謎 (OVA)
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
ファイアーエムブレム 紋章の謎
OVA:ファイアーエムブレム 紋章の謎
監督 三沢伸
キャラクターデザイン もりやまゆうじ
アニメーション制作 スタジオ・ファンタジア
製作 ケイエスエス
発表期間 1996年1月26日 - 1996年4月26日
話数 全2巻
その他 未完の作品
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ファイアーエムブレム 紋章の謎』(ファイアーエムブレム もんしょうのなぞ)は、1996年ケイエスエスよりVHS及びLDで発売されたOVA

概要[編集]

2巻まで発売され、その後の制作は「作品の人気次第で続行の可否を決める」としていたが、結局制作は中断となり、未完の作品となっている。

任天堂より発売された同タイトルのスーパーファミコン用ゲームソフト『ファイアーエムブレム 紋章の謎』が原作で、第1部・暗黒戦争編より序盤のMAP1「マルスの旅立ち」からMAP3「デビルマウンテン」までのストーリーが展開される。

北米ではADV Films社が発売。なお、原作となるゲームは北米未発売であるが大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの海外版には、日本版と同様に本作の主人公・マルスが登場し、声優緑川光がそのまま起用されている。

幻影異聞録♯FE』では、緑川、子安武人、小杉十郎太が同じキャラクターで出演している。その中でマルス役[1]は緑川光と、ナバール役のは子安共に、決め打ちによる選考をしたと、任天堂・安藤佳織の公言があった[2]

ストーリー[編集]

ゲームの第1作「暗黒竜と光の剣」のストーリーを参照。

キャスト[編集]

オリジナルキャラクター[編集]

ベクト
声:阪脩
ガルダの長。
闘技場の元締め(クレジットには「奴隷商人」と表記)
声:飯塚昭三
闘技場の元締めを務めており、裏では奴隷商売を行っている。性格は原作の元締めと変わらないが、姿は原作と異なる。(原作ではスキンヘッドで眼帯を着用した強面の男)レナを売ろうとするがナバールに襲われ金で命乞いをするも、哀れに斬殺される。

スタッフ[編集]

商品情報[編集]

第1巻「アリティアの王子」
  • 発売日:1996年1月26日
  • 商品番号:JSVA-22757(VHS) JSLA-22757(LD)
  • 総収録時間:30分
第2巻「紅の剣士」
  • 発売日:1996年4月26日
  • 商品番号:JSVA-22758(VHS) JSLA-22758(LD)
  • 総収録時間:30分

※レンタルビデオ版「R-1」(VHSのみ)は第1巻と第2巻の合本(総収録時間:60分)。

サウンドトラック[編集]

ファイアーエムブレム 紋章の謎 アニメーション・サウンド・トラック
ファイアーエムブレム辻横由佳[3]) / ファイアーエムブレム 紋章の謎 (OVA)スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ゲームミュージック
レーベル ケイエスエス
ファイアーエムブレム辻横由佳[3]) / ファイアーエムブレム 紋章の謎 (OVA) 年表
ファイアーエムブレム〜紋章の謎〜サウンドメモリアム
1994年
ファイアーエムブレム 紋章の謎 アニメーション・サウンド・トラック
1996年
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ゲームミュージックサウンドトラック
(1996年)
テンプレートを表示

ファイアーエムブレム 紋章の謎 アニメーション・サウンド・トラックは日本の『ファイアーエムブレム 紋章の謎』から派生した『オリジナルビデオアニメ ファイアーエムブレム 紋章の謎』の音楽CDである。

解説[編集]

派生ではあるが『ファイアーエムブレム 紋章の謎』セカンドCDアルバムであり、神津裕之によるアレンジアニメサントラCDである。使用楽曲の一部は『紋章の謎』と『暗黒戦争編』の元になったオリジナルゲーム『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』を使用している。

25曲目の「暗黒竜と光の剣」は声優・銀河万丈によるヴォーカルソングであり、マルスの祖先である、英雄・アンリによる暗黒竜との戦いの伝説を吟遊詩人が短く歌うシーンに起用したものを収録している。

ジャケットは『OVA版』のマルス、シーダ、オグマ、カイン、アベル、ゴードン、ジェイガンの躍動系の集合写真タイプになっている。

今作品で『紋章の謎』の音楽CDは最後となっている。

収録曲[編集]

  1. ファイアーエムブレム~誓いの紋章~[4]
  2. 解放への序曲
  3. 心、重ね、二人
  4. ガルダの気勢
  5. 復讐という名の侵略
  6. 英雄戦争
  7. 動乱の世界の中で
  8. 別れは深く、悲しみは深く
  9. オグマ、剛なる剣
  10. お願い、タリスを助けて!
  11. 想いは胸に秘め、眼差しで愛を語る
  12. レイピアの輝きを胸に
  13. 暗黒の司祭
  14. 我はアカネイアの盾
  15. 流転する運命
  16. 命尽きるなら二人で
  17. アリティアの旗に集え
  18. 聖なるものへ捧ぐ唱歌
  19. 二年間の沈黙と決意
  20. 一時の安息
  21. 闇に隷属する人々
  22. 自由を勝ち取ること
  23. 眩しくて見えない
  24. 追われるべき者
  25. 暗黒竜と光の剣(歌:銀河万丈)

その他の話題[編集]

OVAのライナーツノーツにてシーダの天馬の名前が「エルカイト」、ナバールの戦う形状が「二刀流」になっている。又、オリジナルゲームには無いマルスが馬に騎乗して戦うシーンもある。これは、角川書店佐野真砂輝&わたなべ京著の漫画『ファイアーエムブレム』の設定と全く同じである。

本作の主人公・マルスの声優は、現在は廃刊となったファミリーコンピュータMagazineで行われていた人気投票によって緑川光に決まったという経緯がある。

NTT出版発行の『ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート』では、マルス役の緑川光、シーダ役の丹下桜、オグマ役の小杉十郎太、ナバール役の子安武人がインタビューに登場した。詳細はファイアーエムブレムの登場人物 (アカネイア大陸)の各キャラクターの項目を参照。

参考文献[編集]

  • 佐野真砂輝&わたなべ京著 ファイアーエムブレム(株)角川書店

脚注[編集]

  1. ^ 『幻武人影異聞録♯FE』のエンディングスタッフロールより。
  2. ^ Nintendo DREAM 2016年3月号、P26、27「幻影異聞録♯FE 制作異聞録」より。
  3. ^ 小学館「任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章の謎PROFESSIONAL」に記述。
  4. ^ 後に、一部のFEシリーズや『大乱闘スマッシュブラザーズX』で起用されている題名・ファイアーエムブレムのテーマの事である。