ADVフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ADVフィルムADV Films)は、アメリカ合衆国にかつて存在したアニメ関係に特化した販売代理店[1]テキサス州ヒューストンにあるADヴィジョン社の子会社で[2][1]、アニメ・特撮作品の配給、英語吹替の制作、販売などを行い、北米最大手の会社に数えられていた[1]北アメリカヨーロッパの両方でアニメを流通させていた[1]

1992年に映画ファンであるジョン・レッドフォードとマット・グリーンフィールドによって設立された。彼らは、『魔物ハンター妖子』のビデオシリーズのライセンシーと販売によってスタートした。彼らは、北アメリカで最初のアニメに関するオールデジタルビデオ(特にD2-VTR規格デジタルビデオテープ)のマスタリング翻訳をするためのライセンサーだった。すぐに大規模なライブラリーを構築し始め、影響と論争を起こしたTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』のライセンスによって頂点を迎えた。1996年、ADVフィルムはイギリス部門を設立し、『アンドロメダ』のような実写作品、およびガメラシリーズのような日本映画へと多角化した。

しかし、2006年以降、競合他社との価格競争や、資金調達の逼迫などにより経営状態は次第に悪化の一途を辿り、イギリス部門を閉鎖し、保有していたライセンスの多くを競合のファニメーション・エンタテインメントに委譲した末、2009年9月にはセクション23フィルムに部門ごと売却され[3]、ADVフィルムとしての歴史に幕を閉じた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]