マケドニア白騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マケドニア白騎士団( - しろきしだん)は、任天堂発売(開発・インテリジェントシステムズ)のコンピュータゲームファイアーエムブレム』のシリーズ中、アカネイア大陸およびバレンシア大陸を舞台とする4作品に登場する架空の騎士団である。

なお、作中に登場するマケドニア王国は架空の国家でありかつて実在したマケドニア王国や現在のマケドニア共和国とは一切、無関係である。

概要[編集]

アカネイア大陸南部のマケドニア地方は古くから飛竜の産地として知られており、暗黒竜・メディウス率いるドルーア帝国軍の侵攻に対してマケドニア地方出身の奴隷であったアイオテ率いる義勇軍がこれを食い止めたことから宗主国・アカネイアより独立を認められアイオテが初代国王となった。

以後、飛竜と天馬を駆る騎士により編成されるマケドニア白騎士団は大陸においてその名声を広く知られるようになっており、100年を経てメディウス率いるドルーア帝国が復活した際には王女・ミネルバが団長となっている。

なお、白騎士団の他にドラゴンナイトを中心に編成される竜騎士団もあり、こちらはミネルバの実兄である国王・ミシェイルが団長を兼務している。

構成員[編集]

各作品の略称は以下の通りである。

団長[編集]

ミネルバ (Minerba)
声:鶴ひろみ電撃CD文庫)/榊原良子GファンタジーコミックCDコレクション)/佐倉綾音(ヒーローズ)
クラスはドラゴンナイト。『暗黒竜』『紋章』『アカネイア戦記』『新・暗黒竜』『新・紋章』に登場。
マケドニア第一王女。【赤い竜騎士】の異名を持つ。妹の第二王女・マリアを人質としてディールの要塞に幽閉され、不本意ながらドルーアに従う。幼い頃から共に武芸・学問に勤しみ、常に自分の一つ先を進む兄・ミシェイルを夢を語り合うくらいに一途に慕っていたが、その兄が父王・オズモンドを謀殺して新国王となって以降は反感を抱いている。
ドルーア帝国が再興された当初、彼女は兄と同様にアカネイア王国の支援を期待していなかった。しかしドルーア帝国と同盟を結ぶことで対処しようと主張した兄に対し、コーネリアス王の援軍が来るまで持ちこたえることを主張するなど主にアリティア王国を信頼していた。後にマリアがコーネリアス王の遺児であるマルス率いるアリティア軍によって救出されたのを知り、自らマルスの許に赴き白騎士団の合流を申し出る。
暗黒戦争の終結後は、マケドニアの復興に全力を挙げるが、不平分子の懐柔も粛清も行わないまま強引な軍縮を行った事から国内の治安維持機能が崩壊を起し部下や国民からの支持が急低下。遂に『紋章』第2部・英雄戦争編ではクーデターに遭い瀕死の重傷を負わされて幽閉される。後に、一時は死んだかと思われていたミシェイルの手で救出され、カダイン地方の村においてマルス軍と合流する。
英雄戦争の終結後は王位継承権を放棄して修道院に入り、マケドニアの貴族出身であるシスター・レナや元盗賊のジュリアン達と共に孤児の世話をしている。
『暗黒竜』では顔グラフィックが2パターン(目をつぶって口が真一文字、目を開けて笑っている)もある。
『暗黒竜』『紋章』においては戦力においては戦闘能力は高いものの、兵種がら弓・魔法に弱いのが難点で強さに任せて突入すると致命傷は必至であり、慎重に扱う必要がある。『新・暗黒竜』では登場時は最強の斧「オートクレール」を所持している。兵種変更で弓の特攻を防ぐことが可能になった反面、得意である斧が使えなくなるというデメリットも孕んでいる(その兵種に関する武器レベルを上げて克服することも可能)。
『新・暗黒竜』で追加された会話シーンでは、ミシェイルを討つという決意に満ちた毅然とした口調や態度を取ることが多かった。だが、本心では未だに兄のことを慕っており、『新・紋章の謎』ではミシェイルにより救い出された事や、彼をひそかに助けていたマリアの心情を知ったこともあり、彼に対して複雑な想いを抱いている様で会話イベントでも何かと当惑していることが多い。また、『新・紋章の謎』ではゲームの進め方によっては彼女の必死の介抱により、ミシェイルを生存させ仲間にする事が出来るイベントが追加された。このストーリー展開でのエンディングでは、兄妹の一連のやり取りや、マイユニットらの仲介や説得などもあり、英雄戦争後にミシェイルと和解することができた。ミネルバが修道院入りするのも、政治手腕にも優れたミシェイルに国を任せる形となっている。
『新・紋章の謎』では、彼女も以前はペガサスに乗っていたことがマイユニットとの会話で判明する。ペガサスからドラゴンへと乗り換えたのは、マケドニア王族らしく力強いイメージが必要であったためだという。
後年のシリーズで恒例となる「赤い鎧の女竜騎士」の元祖となるキャラクターである。

ペガサスナイト三姉妹[編集]

クラスはいずれもペガサスナイトで『暗黒竜』『紋章』ではアイテム「飛竜の鞭」によりドラゴンナイトへ、『外伝』『Echoes』ではミラの洗礼を受けることによりファルコンナイトへ昇格。『新・暗黒竜』『新・紋章』では「天空の鞭」でファルコンナイトへの昇格も可能。『アカネイア戦記』にも登場する。

『アカネイア戦記』以外の5作品では、3人で敵ユニットを取り囲むことにより必殺の一撃(暗黒竜・紋章においては通常の3倍ダメージ、外伝にお、いては計算式が異なる)が攻撃が命中すれば必ず発動するトライアングルアタックを繰り出すことが可能である。以後、他のシリーズ作品においてもトライアングルアタックが登場する。

パオラ (Paora)
声:冬馬由美(GファンタジーCDコレクション[1])/種田梨沙(幻影異聞録♯FE[2]・ヒーローズ・Echoes)
『暗黒竜』『外伝』『紋章』『新・暗黒竜』『新・紋章』『Echoes』に登場。『アカネイア戦記』では第2章のエピローグに登場するのみで、ユニットとしては登場しない。
三姉妹の長女で、優しくおっとりとした性格の持ち主。ミネルバがアリティア軍に合流したことを知り、グラでアリティア軍へ合流した。アリティア宮廷騎士団のアベルに思いを寄せているが、当のアベルは末の妹であるエストと相思相愛の仲である。
暗黒戦争の終結後はアベルへの複雑な思いを胸に秘め、祖国復興のために働く。
『外伝』では海賊に捕らわれた三女・エストを追って次女・カチュアと共にバレンシア大陸へ渡るが、ソフィアの海岸付近でガッハ率いる山賊団に取り囲まれる。そこへ通りかかった神官・セリカの一行の協力で難を逃れ、そのままセリカ軍に合流。ソフィア解放戦争の終結後、アカネイアへ帰還する。ちなみに、散り際の言葉で「アベル帰れなくてごめんね」と言う『暗黒竜』との繋がりの無い台詞を残すが、これが後の『紋章』にそこそこ繋がることになる。
『外伝』小説版においてはボーイ・レオ・アトラスの3人、そしてカチュアと共に独断先行で砂漠の砦に攻め込むも敵の抵抗に遭い、やむなく退却する事になる。
英雄戦争では、クーデターの勃発により混乱するマケドニアにおいてアリティア軍の友軍として参戦。英雄戦争後はアベルへの思いを断ち切るためか、祖国のためにただひたすら働いた。
『紋章』のキャラクター性能としては力と技の伸びが高い反面、速さや幸運の伸びが他のペ、、ガサスナイトと比べて悪く、攻撃速度や回避力面で劣っている。初期能力は高いものの、その分成長回数が少ない。しかし優れた初期値とバランスのいい成長で、戦果は妹二人に劣らない。
小学館『20th Anniversary ファイアーエムブレム大全』の『暗黒竜』の公式イラストでは髪はゲーム画面のカチュアと同じで服は緑、胸鎧は紫であった。
カチュア (Katua)
声:矢島晶子(GファンタジーコミックCDコレクション)/生天目仁美(ヒーローズ・Echoes)
『暗黒竜』『外伝』『紋章』『アカネイア戦記』『新・暗黒竜』『新・紋章』『Echoes』に登場。
三姉妹の次女で、生真面目でしっかり者。マルスに淡い恋心を抱いている。ミネルバがアリティア軍に合流した事を知り、グラで姉・パオラと共にアリティア軍へ合流。暗黒戦争の終結後はマケドニアの復興に力を尽くす。
『外伝』では、姉・パオラと共に海賊に捕らわれた三女・エストを追ってバレンシア大陸へ渡航するがソフィアの海岸付近で山賊団に取り囲まれ、通りかかった神官・セリカの一行の協力で難を逃れた後にセリカ軍へ合流。ソフィア解放戦争の終結後、アカネイアへ帰還する。
『外伝』小説版においてはボーイ・レオ・アトラスの3人、そしてパオラと共に独断先行で砂漠の砦に攻め込むも敵の抵抗に遭い、やむなく退却する事になる。
英雄戦争では、クーデターにより混乱するマケドニアから脱出してアリティア軍に参加。英雄戦争後は姉を思いやりつつ、再びマケドニアの復興に従事した。なおウォレンとは知り合いで、かつて遭難していたところを助けられた経緯がある。
死亡時以外はおくびにも出さないが、マルスに対して片思いをしており、マルスからカチュア側にのみ限定で支援効果がつく。
キャラクター性能的には初期能力こそ姉に劣るが、仲間になる時期が比較的早く、成長率が良いため最終的な能力値は姉妹で最もバランスに優れる。シーダと比べると長所である速さと幸運の伸びがやや悪い代わりに短所である力とHPの成長が改善されており、正面からの突撃に適している。
『外伝』の公式イラストの髪の色がゲーム画面の髪の色と一致していない(『暗黒竜』『外伝』『アカネイア戦記』のゲーム画面では水色、外伝公式イラストでは黄土色。『紋章』『新・暗黒竜』『新・紋章』では青髪)。
『20th Anniversary ファイアーエムブレム大全』の『暗黒竜』の公式イラストでは髪はゲーム画面のパオラと同じで服は青、胸鎧はピンクであった。
エスト (Est)
声:西村ちなみ(GファンタジーコミックCDコレクション)/村川梨衣(ヒーローズ・Echoes)
『暗黒竜』『外伝』『紋章』『アカネイア戦記』『新・暗黒竜』『新・紋章』『Echoes』に登場。
三姉妹の三女。快活で明るい性格で、アベルとは相思相愛の仲である。暗黒戦争では、アカネイアからグルニア軍に持ち去られたメリクルソードの奪還を試みるが捕らわれてしまう。しかし、グルニア黒騎士団長・カミュの助けにより脱出に成功、奪い返したメリクルソード(紋章の場合。暗黒竜の時はメリクルレイピア)を持参して『暗黒竜』『新・暗黒竜』ではカシミア大橋で、『紋章』第1部ではグルニア領内でアリティア軍に合流する。
暗黒戦争の終結後にマケドニア白騎士団を除隊となりアベルと結ばれるが、海上で姉たちとはぐれ海賊に捕らわれてしまう。その後、ソフィア王国とリゲル王国の国境地帯にある砂漠に砦を構える盗賊王・ギースの砦に監禁されるが姉たちと合流したセリカ軍により解放され、無事に姉たちとの再会を果たしセリカ軍に参戦。ソフィア解放戦争の終結後、アカネイアへ帰還する。
英雄戦争に際しては、アカネイア帝国軍の攻撃に抵抗するも囚われの身となってしまっていた。英雄戦争の終結後、姉の気持ちを察してか突如としてアベルに別れを告げ、姿を消した。アベルが戦死した場合にはやはりショックから姿を消してしまう。
『新・紋章』では選択次第では前日談7の教官役を務め、その結果として前日談8でマルス暗殺を防ぐため共に戦う事になる。
『暗黒竜』と『紋章』ではエンディング内容が大きく変更されている(『紋章』は上記の通り、『暗黒竜』ではハッピーエンド)。
『紋章』での能力面ではマルスと同じ攻撃偏重タイプであり、力や技の伸びが良い代わりにHPの成長が低い。成長率自体は3姉妹で最も高いが、登場時期が強力な敵が多い終盤であり、なおかつレベルも低いため、特に第2部は姉2人の補助がなければ育成は難しい。
4作品で髪型と髪の色に最も大きく変更されたキャラクターである(『暗黒竜』『外伝』ではショートボブカットの赤髪。『紋章』『アカネイア戦記』『新・暗黒竜』『新・紋章』ではショートカットのピンク髪)。また、『外伝』の公式イラストの髪の色がゲーム画面の髪の色と一致していない(公式イラストでは青色)。
『20th Anniversary ファイアーエムブレム大全』の『暗黒竜』の公式イラストでは髪はゲーム画面のエストと同じで服は赤、胸鎧はピンクであった。

他のFEゲームでのマケドニア白騎士団[編集]

FEシリーズ[編集]

『覚醒』のマケドニア白騎士団[編集]

魔符として3姉妹が登場。

『if』ののマケドニア白騎士団[編集]

ファイアーエムブレムifにおいてはファイアーエムブレム0「英雄たちの戦刃」ボックス購入者限定に付属する[3] ダウンロードコードを入力することでペガサスナイト・ミネルバ〈サイファ〉がマイキャッスルに登場する[4][5]。LV10で参戦[6]

クロスオーバー作品[編集]

幻影異聞録♯FE[編集]

パオラが、古の英雄のミラージュとして登場[7]

その他の話題[編集]

  • 日本コロムビア ゲームミュージック ファイアーエムブレム キャラクターテーマ集
    • 第三曲目「ミネルバ」の曲は、『暗黒竜と光の剣』『紋章の謎第1部』の敵フィールドマップ曲のアレンジ曲である。なおこのCDには、ファイアーエムブレムシリーズの作曲者、馬場由佳が参加している。
  • 宝島社 ALL OF EIRE EMBLEM ファイアーエムブレム〜紋章の謎〜のすべて
    • HIPPON SUPER!』からの「FE作戦 紋章同盟」と言う出張投稿コーナにて、ミネルバの単独投稿コーナーとペガサスナイト三姉妹の3人セットの投稿コーナーがあった。
    • キャラクター人気投票ではミネルバが女性部門、総合でトップだった(編集者のコメントで女性ファンからの投票が多かったと言うことを述べていた)。三姉妹は女性部門でカチュアが「6位」、エストが「8位」、パオラが「9位」だった。
  • NTT出版 ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート
    • 「FE出生秘話」にて、加賀昭三が『外伝』で三姉妹を登場させた理由に「FE外伝としてFE世界との接点を設けたかった」と述べていた。
  • ゲーム以外のメディアでのマケドニア白騎士団関連
    • 角川書店刊の漫画化作品(佐野真砂輝&わたなべ京・著)の『暗黒竜と光の剣』では、ミネルバの正式名が「エリーヌ・ビューナ」と言う設定になっている。
    • 佐野&わたなべ版の漫画『暗黒竜と光の剣』と『外伝』の2作品でパオラが登場している(ただし、髪の設定が『暗黒竜と光の剣』ではオリジナルゲームの『暗黒竜』に準じていて、『外伝』ではオリジナルゲームの『紋章』に準じている)。カチュアとエストは『暗黒竜と光の剣』にしか登場していない。
      『ファイアーエムブレム』の漫画は『暗黒竜』の時代からの連載であったが、途中諸事情で連載が長く休止したため、エストの髪型が『紋章』に準じている。
    • 『ザ・コンプリート』の水縞とおるの漫画「遠い大陸の追憶」では、パオラ、カチュアがミネルバに激風に浚われた子供のペガサスとそれをまだ乗りこなせられなかったエストを探しに、バレンシア大陸に行った事とこの大陸の戦いに参戦した経緯を語るストーリー形式になっている。パオラ、カチュアがオリジナルゲームには無い天馬から降りて戦うシーンもある。三姉妹の服装がオリジナルゲームよりも露出が高い。
    • マイクロマガジンGAME SIDE2010年8月Vol.24の特集「シミュレーションRPGを読み解く」の「シミュレーションRPG 名キャラクター紹介」において、FEキャラクターからは3人が選出[8]され、その1人にミネルバが選ばれた。記事の文章は見た目だけではなく上級職のドラゴンナイトであり戦況を変えるほどの活躍をする、FE特有の上級職は育たないがアイオテの盾など色々な方法で強化して記者が使い続けた、色恋沙汰がなくマルスとは違う宿命的なバックグラウンドに惹かれたと語っていた。副題は「凛々しさに惚れた深紅の竜騎士!」。顔グラフィックは『新・暗黒竜と光の剣』が登場したのにもかかわらず『紋章の謎』ものを使用している。
  • 株式会社ユージン SRファイアーエムブレム紋章の謎[9]
    • パート1のカプセルフィギュアに登場する。「槍を持って飛竜に乗っているミネルバ」「剣を持って天馬に乗っているパオラ」「剣を持って天馬に乗っているカチュア」「剣を持って天馬に乗っているエスト」(本来『紋章』では天馬騎乗時には使用出来ない。『暗黒竜』では使用可能)の各キャラ単一フィギュアである。なお、パオラ、カチュア、エストのフィギュアは、土台を組み合わせて3人セットで飾ることが出来る。

TCG[編集]

ファイアーエムブレムTCG
「第5弾 〜紋章を継ぐもの〜」・「第6弾 〜アカネイアの英雄〜」で「ミネルバ」「パオラ」「カチュア」「エスト」のカードが発行されている。
ファイアーエムブレム0』(インテリジェントシステムズ / 任天堂)
  • 第1弾
「ミネルバ」がカード化された。下級職・ペガサスナイト。上級職・ドラゴンナイト。イラストは島崎麻理などが担当している。大会限定のプロモーションカードが存在する[5]
「パオラ」「カチュア」「エスト」がカード化された。下級職・ペガサスナイト。上級職・ファルコンナイト。イラスト・HACCAN、まよが担当している。3枚で1つのイラストになっているものもある[10][5][3]
  • 第4弾
「ミネルバ」がカード化された。下級職・ナイト。上級職・ドラゴンナイト。イラストはまよが担当[11]
「パオラ」「カチュア」「エスト」がカード化された。カチュアのみ、大会限定のプロモーションカードが存在する[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 冬馬由美のオフィシャルウェブサイト Works CDドラマ
  2. ^ エンディングスタッフロールより
  3. ^ a b 『ファイアーエムブレム0』店頭パンフレット。
  4. ^ ファイアーエムブレム0:商品情報
  5. ^ a b c 徳間書店「ファイアーエムブレム0公式ガイド」P86、88、89、90、116、121。
  6. ^ 小学館「ファイアーエムブレムif 完全攻略本」P457。
  7. ^ 徳間書店『幻影異聞録♯FE 完全攻略本』P160。
  8. ^ 残りの2人はマルスとカミュ。
  9. ^ タカラトミーアーツ『SR ファイアーエムブレム 紋章の謎』
  10. ^ 週刊ファミ通 2015年7月2日増刊号『ファイアーエムブレムIf ファイアーエムブレム0』P117。
  11. ^ 徳間書店「ファイアーエムブレム0公式ガイドIV」P59~60。
  12. ^ 徳間書店「ファイアーエムブレム0公式ガイドIV」P57、80。

参考文献[編集]

  • エイプ 『任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム百科』 小学館1990年5月20日ISBN 978-4-0910-4115-9
  • エイプ 『任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム外伝百科』 小学館、1992年4月10日ISBN 978-4-0910-4197-5
  • 『任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章の謎』 小学館、1994年2月20日ISBN 978-4-0910-2465-7
  • 『任天堂公式ガイドブック ファイアーエムブレム紋章の謎PROFESSIONAL』 小学館、1994年5月20日ISBN 978-4-0910-2476-3
  • CB'sプロジェクト、塩田信之 『ALL OF EIRE EMBLEM ファイアーエムブレム〜紋章の謎〜のすべて』 宝島社1994年3月28日ISBN 978-4-79660-793-3
  • 『ファイアーエムブレム・ザ・コンプリート』 NTT出版1996年5月20日ISBN 978-4-87188-822-6
  • 佐野真砂輝&わたなべ京著 ファイアーエムブレム 角川書店
  • 佐野真砂輝&わたなべ京著 ファイアーエムブレム外伝 角川書店
  • 20th Anniversary ファイアーエムブレム大全 2010年6月30日 小学館 ISBN 4091064671
  • GAME SIDE Vol.24 2010年8月1日発行 マイクロマガジン(株)
  • ゲームミュージック ファイアーエムブレム キャラクターテーマ集 日本コロムビア

関連項目[編集]

外部リンク[編集]