西島克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西島 克彦(にしじま かつひこ、1960年2月4日[1] - )は、日本アニメーション監督アニメーター演出家千葉県船橋市出身。千葉商科大学中退[1][2]

略歴[編集]

1960年2月4日、東京で誕生した直後に千葉県船橋市へ移る。学生時代に漫画家を志し、『機動戦士ガンダム』のファンだったことから、大学中退後に富野由悠季へ手紙を送り、日本サンライズへの入社を志願する。それは叶わなかったが、サンライズの岩崎正美プロデューサーの紹介で芦田豊雄率いるスタジオ・ライブの入社試験を受験し、同社に入社する[1][2]

1981年のテレビアニメ『うる星やつら』の放送開始後、スタッフ参加を芦田へと直訴する。これには、かねてから西島が原作の『うる星やつら』のファンであったことと、当時担当していた『Dr.スランプ アラレちゃん』の絵柄が西島には描きにくいものだったという理由があった[2]。当時、『うる星やつら』のアニメーション制作を担当していたスタジオぴえろとライブの間に業務関係はなかったが、芦田から作画監督野辺駿夫へ紹介される形で作画スタッフとなった[1]1983年放映の105話(82回)「太陽がいっぱい浮気がいっぱい」の前半パートで初の作画監督を務めた後、『銀河漂流バイファム』の原画を担当することとなり、一時『うる星やつら』の原画ローテーションから抜けることとなったが、制作会社が、スタジオぴえろからスタジオディーンに移った後に、西島もスタジオ・ライブからスタジオディーンに移籍[3]し、再び『うる星やつら』のスタッフとなった。

1984年には増尾昭一庵野秀明伊藤浩二と共にフリーランスのアニメーター集団スタジオ・グラビトンの設立にも参加した[4]。『うる星やつら』の放送終了後、1986年公開の劇場アニメ『プロジェクトA子』で初監督を務める。1990年代以降は監督業へ本格的に取り組むようになり、フリーとしてスタジオ・ファンタジアを中心に活動[5]していた。

その他・エピソード[編集]

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d アニメージュ』1983年5月号、徳間書店、1983年、p.99。テレビアニメーションワールド プロフェショナル探訪Vol.35 アニメーター西島克彦より
  2. ^ a b c 同人誌『究極のラムⅡ』究極編集部、1983年、p.4-17。究極スペシャル 西島克彦インタビュー ―西武沿線に謎の原画家発見より
  3. ^ アニメージュ』1984年9月号、徳間書店、1984年、p.28-29。ドキュメントスタジオディーンの全貌1(演出・原画・制作部門) 仕上げスタジオから制作スタジオへの変身!より
  4. ^ 庵野秀明公式ウェブ 個人履歴”. 2016年12月31日閲覧。
  5. ^ ナジカ電撃作戦 公式サイト Creator(インターネット・アーカイブ2010年1月24日付保存キャッシュ)
  6. ^ WEBアニメスタイル アニメ様365日第299回 - 小黒祐一郎「宮崎駿の「セーラー服が機関銃撃って……」発言」(2010年2月3日)
  7. ^ 小黒祐一郎は『アニメージュ』1986年6月号のみを取り上げているが、宮崎が非難するきっかけになった元の発言は前の1986年5月号に掲載されている。
  8. ^ pacfのツイート (803188596345712640)
  9. ^ a b c d 同人誌『究極のラムⅡ』究極編集部、1983年、p.20。西島克彦不完全作品リストより
  10. ^ a b 同人誌『STUDIOライブの本 らでぃっく Vol.3』スタジオライブ、1984年、p.18-19。西島克彦徹底よいしょより
  11. ^ アニメージュ』1983年1月号、徳間書店、1983年、p.60-61。T.VアニメTOPICS2 サンダーバードSPECIALより
  12. ^ LD『魔法のプリンセス ミンキーモモ 11』ケイエスエス、1995年、JSLA22581。ジャケット裏面の各話クレジットより
  13. ^ 『くりいむレモン メモリー PART4 POP CHASER 記録写真集』フェアリーダスト、1985年。ポップ♥チェイサー パニックin雑談会より
  14. ^ 『ANIME BEST COLLECTION プロジェクトA子2』徳間コミュニケーションズ、1987年、p.59-63。森山ゆうじインタビューA子2の裏のウラより
  15. ^ アニメージュ』1983年9月号、徳間書店、1983年、p.70-71。中村 学のいいメカ見つけた!!■連載第5回■ 2等身ギャグ世界のリアル・メカ 映画チョロQダグラムより より
  16. ^ 『ANIME BEST COLLECTION プロジェクトA子』徳間コミュニケーションズ、1986年、p.83-95。プロジェクトA子未公開資料集&インタビューより
  17. ^ 『ANIME BEST COLLECTION プロジェクトA子』徳間コミュニケーションズ、1986年、p.5-81。パラパラアニメより