妖獣都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妖獣都市』(ようじゅうとし)は、菊地秀行小説徳間書店刊)、及びそれを原作としたアニメ映画もしくは実写映画。なお、アニメ映画版は原作者が唯一“原作イメージのとおりである”とする作品である。

概要[編集]

妖獣都市は「闇ガード」シリーズの第1作である。

シリーズ[編集]

  • 凶戦鬼 妖獣都市異伝
  • 妖獣都市《ニューヨーク魔界戦》
  • 妖獣都市 魔獣児
  • 妖獣都市 雪洞鬼
  • 妖獣都市 魔王眼
  • 妖獣都市 黒天使
  • 妖獣都市 邪体曼荼羅

あらすじ[編集]

人間界と魔界の共存を妨げる者と人知れず戦う闇ガード。人間界の闇ガード 滝蓮三郎と魔界側の闇ガード 麻紀絵は、両界の平和条約調印の為に来日するジュゼッペ・マイヤートの護衛を命じられ、調印阻止のために暗躍する魔界の過激派たちに対し、激しい戦いを挑む。

アニメ映画[編集]

1987年昭和62年)4月25日ジョイパックフィルム配給で劇場公開された。英語タイトルは"Wicked City"。

マンガ・エンターテイメント UK英語版と米ストリームライン・ピクチャーズ英語版の2つの英語吹替版が存在し、キャストは異なる。

国内では未発売のサウンドトラックが、2015年に北米とヨーロッパでレコード発売された(Tiger Lab Vinyl 社)。東海林修#略歴と作品

香港でも劇場公開。

受賞歴[編集]

  • 第1回ビデオでーたビデオソフト大賞 オリジナルビデオ賞

登場人物[編集]

滝 蓮三郎
屋良有作
人間界側の腕利き闇ガード。普段は中堅電機メーカーのサラリーマンで、社内ではプレイボーイとして知られ、初対面の女性にはスリーサイズを訊ねる。本人いわく「魔界の女の怖ろしさはイヤというほど知っている」。
強靭な肉体で体術を繰り出し、小型大砲に匹敵する特製リボルバーを使いこなす。
麻紀絵
声:藤田淑子
魔界側の闇ガード。人間界ではモデルを職業としているが、完璧すぎる美貌でスポンサーが付かずモデルとしてはまったくの無名。左手の爪を伸ばし剣のように使い、サイキックパワーの使用にも長けている。
両世界の共存と平和のために闇ガードとなり、任務には命を懸けている。
ジュゼッペ・マイヤート
声:永井一郎
イタリアの伝道士。滝いわく「伝説の魔導師、偉大なる霊能者」。人間界と魔界の休戦条約締結に欠かせない人物。かなり色を好む好々爺で、東京滞在時には風俗店へ抜け出す。
魔界側の闇ガードである麻紀絵には辛辣な口調で接する。
Mr.影
声:青野武
魔界側過激派のボス。金属の棘や、蛇にもなる触手を繰り出し、伸縮自在の影は上に立った相手を底なし沼の様に引きずり込む。僅かに肉片が残っていれば再生するほどの生命力を持つ。
蜘蛛女
声:横尾まり
Mr.影の部下。瀧の目当ての女性に成りすまして暗殺をもくろむが失敗。滝を執拗に狙う。局部から吐き出す糸は車を横転させるほどの粘度と太さを持つ。
ホテルの主人
声:大木民夫
都内有数の霊障壁を持つ帝都ホテルの支配人。滝に闇ガードの使命を諭す。鎖でつないだナイフを仕込んだ右手は義手になっている。
ジン
声:戸谷公次
かつて麻紀絵の恋人だった魔界の過激派。帝都ホテルを襲い、麻紀絵を自分の側へ誘う。
社長
声:村松康雄
滝が勤める会社の社長。闇ガードの幹部で、滝にマイヤート護衛の指示を出す。
ソープ嬢
声:安藤ありさ
マイヤートを襲った魔界側過激派。マイヤートが入ったソープランドに先回りしていた。肉体を粘土の様に軟化させて触った相手を取り込み生命力を吸収する。しかも乳を吸った相手に分身の魔物を飲み込ませる。
魔界の女
声:向殿あさみ
Mr.影の部下。滝を取り込もうと目論む。催眠術を使い、胸から下腹部までを巨大な局部そのものに変え、入り込んだ相手を快楽の虜にしながら精気を搾り取る。
病院長
声:岸野一彦
霊法病院の院長。マイヤートの治療を行う。その病院は五千年もの間魔界側過激派との戦いを潜り抜けてきた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • ED「HOLD ME IN THE SHADOW」(歌:当山ひとみ、作詞:竜真知子、作曲:井田良広、編曲:京田誠一)
  • 挿入歌「IT'S NOT EASY」(歌:当山ひとみ)

実写版[編集]

妖獣都市 〜香港魔界篇〜』(原題:妖獸都市、英題:The Wicked City)のタイトルで1992年平成4年)に映画化された。

プロデューサーは香港映画の巨匠といわれるツイ・ハーク[1]。香港映画の特徴である銃撃戦やワイヤーアクションのほか、ジャンボジェット機上の格闘シーンでのミニチュアワークや時計部品が飛び散るシーンでのセルアニメーション、妖獣や元大宗の特殊メイクなど多彩な特殊技術が用いられている[1]

日本映画の大ファンである監督のマック・タイ・キットは、本作公開の際に来日し東映のヤクザ映画のビデオを大量に購入している[1]

スタッフ[編集]

登場人物[編集]

漫画作品[編集]

SFアドベンチャー増刊 1986年11月号 夢枕獏vs菊地秀行ジョイント・マガジン 妖魔獣鬼譚[2][3]』誌上において掲載された来留間慎一による漫画「闇の邂逅」で、滝と麻紀絵が夢枕獏の小説『闇狩り師』シリーズの登場人物である九十九乱蔵・玄角と共演している。後に来留間慎一の漫画単行本『闇狩り師』に収録された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、360頁。ISBN 4766927060
  2. ^ 夢枕獏vs菊地秀行ジョイント・マガジン 妖魔獣鬼譚”. 新井素子研究会. 2009年8月31日閲覧。
  3. ^ SFアドベンチャー増刊 リスト”. 翻訳アンソロジー/雑誌リスト. 2009年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]