クジラの跳躍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クジラの跳躍
ジャンル ファンタジー
映画
監督 たむらしげる
制作 愛があれば大丈夫
封切日 1998年11月14日
上映時間 70分
テンプレート - ノート

クジラの跳躍』(くじらのちょうやく)は、たむらしげるによる日本絵本リブロポートより1995年に刊行、1998年にメディアファクトリーより復刊。またはそれを原作としたアニメ映画

概要[編集]

たむらしげるのアニメーション作品、およびそれを原作として書き下ろした絵本「銀河の魚」の続編にあたる。巨大なクジラの跳躍を見た人々の心の動きを描いた作品。

あらすじ[編集]

半日に渡るクジラの跳躍、ガラスの海で繰り広げられる美しい光景。それを見物する人たちは失われた記憶が蘇って…。

アニメ『クジラの跳躍 Glassy Ocean』[編集]

たむらしげる原作・監督による映像作品としては「銀河の魚」に続き2作目、劇場映画としては初の作品。

あらすじ[編集]

半日に渡るクジラの跳躍、ガラスの海で繰り広げられる美しい光景。それを見物する人たちは失われた記憶が蘇って…。

受賞歴[編集]

登場人物[編集]

ナレーション
- 永瀬正敏
夢を見た男
声 - 利重剛
少年
声 - 小笠原健人
画家のR
声 - 三谷昇
老人
声 - 永井一郎
ビル人間
声 - 佐藤正治
ライムの弟子
声 - 津田真一
酒をすすめる男
声 - 青木裕幸
海底の男
声 - エリック・ジャコブセン
槍を持った男
声 - 寺嶋章之

スタッフ[編集]

  • 原作:「クジラの跳躍」メディアファクトリー刊
  • 監督・原作・脚本・イラストレーション:たむらしげる
  • 3Dビジュアルディレクション:加藤慎也
  • プロデュース・ディレクション:潮永光生
  • CGアニメーション・イフェクト:森泉絵里、長鳶義道、古都祥、長谷部哲也、林直樹
  • 音楽:手使海ユトロ
  • 編集:石川幸弘
  • アニメーションプロデューサー:上田明美、プロジェクトチーム サラ
  • アニメーション:大島りえ、柏木響子、富田悦子
  • サウンドデザイン:染谷和孝
  • 制作:愛があれば大丈夫

挿入歌[編集]

『ウォーター・ピープルの歌』(作曲・歌:原マスミ 作詞:たむらしげる 編曲:清水一登

関連項目[編集]

外部リンク[編集]