大藤信郎賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毎日映画コンクール > 大藤信郎賞
毎日映画コンクール
大藤信郎賞
受賞対象 実験的・芸術的に優れた作品
日本の旗 日本
授与者 毎日新聞社
スポーツニッポン新聞社
初回 1962年
最新受賞者リズと青い鳥
公式サイト mainichi.jp/filmawards/

大藤信郎賞(おおふじのぶろうしょう)は、「毎日映画コンクール」において、日本アニメーションの先駆者である大藤信郎を称え、1962年に創設された賞。略して「大藤賞」とも呼ばれる。 日本のアニメーション映画賞としては最も長い歴史を持つ映画賞であり[1]、虫プロ作品や東映アニメーションの受賞作から、現代アニメーションの作家までの幅広い受賞者をもつ。

1961年に大藤信郎が死去。大藤の唯一の遺族である姉が毎日映画コンクールへ遺産を寄託して、これを基金として開始された。選定委員による討議と多数決により、アニメーション映画の製作領域で、その年度内に特に成果をあげたと思われる個人またはグループに贈られる。1989年度より、毎日映画コンクール内に大藤賞とは別に、アニメーション映画賞が設けられた。ノミネーションは両賞で共通に長編、短編の区別なくおこなわれるものの、アニメーション映画賞は主に長編を、本賞については主に「実験的な作品」を対象としており、棲み分けがなされている[2][3]ことから、アニメーション映画賞と本賞を重複して受賞した例はない。また両賞の選考はまずアニメーション映画賞の受賞作決定後、大藤信郎賞の受賞作を決定する。

最多受賞は岡本忠成(エコー社)であり、同じくエコー社の川本喜八郎の代表作も多く受賞している。アニメーション映画賞と本賞両方の受賞歴がある監督としては宮崎駿高畑勲[4]北久保弘之今敏がいる。短篇の受賞作やスタッフインタビューなどは、『大藤信郎賞: 毎日映画コンクール : 受賞短編アニメーション全集』[5]で見ることができる。

受賞作リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日映画コンクール アニメーション部門最終選考作品 短編13本・長編5本”. アニメーションビジネス・ジャーナル. 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ 毎日映画コンクールとは - 毎日新聞
  3. ^ “第70回毎日映画コンクール アニメーション部門候補に「バケモノの子」「ここさけ」「百日紅」など”. アニメ!アニメ!. (2015年12月21日). http://animeanime.jp/article/2015/12/21/26197.html 2016年1月23日閲覧。 
  4. ^ 大藤信郎賞の受賞対象は制作会社であるオープロダクションの名義になっている。
  5. ^ DVD「大藤信郎賞受賞 短編アニメーション全集」 - WEBアニメスタイル [1]
  6. ^ 柄本佑&安藤サクラ、夫婦そろって受賞 大賞は『万引き家族』!第73回毎日映画コンクール受賞結果”. シネマトゥデイ (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]