チェ・ウニョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェ・ウニョン
各種表記
ハングル 최은영
漢字 崔恩映
発音: チェ・ウニョン
ローマ字 Eunyoung Choi
テンプレートを表示

チェ・ウニョン(Eunyoung Choi、최은영)とは韓国出身の女性アニメーターアニメーション演出家プロデューサーである。サイエンスSARU代表取締役。

来歴・人物[編集]

嶺南大学校にて彫刻を学び、卒業後にイギリスのセントラル・セント・マーチンズ大学に留学してアニメーションを学んだ後、来日した。動画を経ずに初めから原画としてアニメーターになって1年目の2006年、湯浅政明が監督した『ケモノヅメ』の第6話「辛口バースディ」で作画監督を初担当し、第10話「人の不幸は蜜の味」のアバンタイトルで作画・演出・美術を担当した。

その後は湯浅の作品を中心に様々な作品で腕を振るい、2008年の『カイバ』では脚本・絵コンテ・演出・作画監督の四役を担当した。近年ではアニメーターの他に演出家としても活躍している。2014年の『ピンポン THE ANIMATION』では副監督のかたわら、エンディングアニメーションを一人で描き上げている。

アニメーターの三原三千夫はウニョンのファンである旨を明かしており、キャリアの積み方によっては世界的な仕事のできる人物だと絶賛している[1]。三原とは、『ケモノヅメ』『カイバ』『四畳半神話大系』『Kick-Heart』などで一緒に仕事をしている。

現在は湯浅政明が設立したアニメーション制作会社サイエンスSARUに所属し、取締役として会社の経営にも携わっている。2020年3月に共同創設者の湯浅が代表取締役を退任したことに伴い、2代目の代表取締役に就任した。

作品リスト[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場映画[編集]

OVA[編集]

  • みんなのどうよう 夕やけ小やけ〜うたいつぎたいうた〜「四季の歌」(2015年) 演出
  • DEVILMAN crybaby(2018年) アニメーションプロデューサー

脚注[編集]

  1. ^ 第48回 ウニョンさんって知ってる?」 三原三千夫の万国博覧会 2006年11月8日

外部リンク[編集]