マジンガーZ対暗黒大将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マジンガーZ > マジンガーZ対暗黒大将軍
グレートマジンガー > マジンガーZ対暗黒大将軍
マジンガーZ対暗黒大将軍
Mazinger VS. Dark General[1]
監督 西沢信孝(「演出」名義)
脚本 高久進
原作 永井豪とダイナミックプロ
製作 登石雋一
有賀健籏野義文[2](企画)
出演者 石丸博也田中亮一
音楽 渡辺宙明
主題歌 水木一郎コロムビアゆりかご会「空飛ぶマジンガーZ」
撮影 吉村次郎、相磯嘉雄
編集 千蔵豊
製作会社 フジテレビ東映
配給 東映
公開 1974年7月25日
上映時間 43分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 マジンガーZ対ドクターヘル
次作 グレートマジンガー対ゲッターロボ
テンプレートを表示

マジンガーZ対暗黒大将軍』(マジンガーゼットたいあんこくだいしょうぐん 英文:Mazinger VS. Dark General[1])は、1974年7月25日に「東映まんがまつり」にて上映された日本アニメーション映画作品。

キャッチコピーは「テレビでは見られないグレートマジンガー」「七つの軍団を率いて暗黒大将軍の総攻撃が始まった」「ゆけ! マジンガーZ 戦え! グレートマジンガー

概要[編集]

テレビアニメマジンガーZ』の映画オリジナル作品第二弾。本作では、次作『グレートマジンガー』より主人公・剣鉄也とグレートマジンガーをはじめとするキャラクターが登場しており、『マジンガーZ』のテレビ版最終回を先取りした展開となっている。

当時人気絶頂であったフィンガー5にあやかり、この夏のまんがまつり興行は「フィンガー5と遊ぼう!東映まんがまつり」と銘打たれ、フィンガー5の出演映画『フィンガー5の大冒険』がメインに据えられる形で本作が組み込まれている。

グレートマジンガーの頭部ビジュアルは講談社の「テレビマガジン」誌上で(「マジンガーズクラブ」会員証のデザインとして)逸早く紹介されていたものの名称までは明らかにされておらず、当時の児童はクライマックスに颯爽と現れたグレートの姿に衝撃を受けることとなった。メディアミックスの走りとも言うべき前代未聞の交代劇であったのである。

なお、タイトルと裏腹にマジンガーZと暗黒大将軍が直接対決する場面は無い。

Z側の支援ロボットは、前作『マジンガーZ対ドクターヘル』(TVブロウアップ版)に引き続きボスボロットが登場、そして劇場作で初めてダイアナンAが登場。この後ボロットは次作『グレートマジンガー対ゲッターロボ』にも登場するが、ダイアナンは2年後の1976年夏興行作品『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣』まで登場しない。

ストーリー[編集]

ドクターヘル一味を壊滅させ、平和を謳歌する兜甲児や弓さやか達だったが、ある日突如として世界各国の主要都市を謎の巨大ロボット群が襲撃。彼らこそミケーネ帝国暗黒大将軍が送り込んだ戦闘獣軍団の先発隊だったのだ。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワを壊滅させたその魔の手は日本にも伸びていた。東京襲撃の報告を受け出動したマジンガーZだったが、新たな敵・戦闘獣の攻撃力は機械獣を遥かに凌駕しており大苦戦を強いられる。何とか敵を退け首都の壊滅は食い止めたものの、Zもかつてない大ダメージを受ける結果に終わった。さらに光子力研究所も襲われダイアナンAは大破、シローも生死をさまよう重傷を負ってしまう。シローへ大量の輸血を行ない最悪のコンディションの甲児と損傷の癒えないZの前に獣魔将軍が率いる戦闘獣軍団が迫る。

死を覚悟して出撃した甲児の必死の防戦も空しく、たちまち満身創痍と化すマジンガーZ。絶体絶命のピンチに新たなる勇者グレートマジンガーが颯爽と現れる。

主な出演者[編集]

光子力研究所[編集]

科学要塞研究所[編集]

ミケーネ帝国[編集]

グレートマジンガー』本編と異なり、ミケーネ帝国の支配者として扱われている。
『グレートマジンガー』本編と異なり、諜報軍が登場しないため、暗黒大将軍に忠誠心を見せる。マジンガーZに関して報告を怠っていたらしく、東京攻撃部隊が壊滅するまで暗黒大将軍はマジンガーZの存在を知らなかった。
暗黒大将軍の片腕にして副官。七つの軍団の要素を全て持ち合わせた姿をしている。戦闘力はマジンガーZを軽くあしらうほど。彼に言わせればマジンガーZは「おもちゃのようなロボット」とのこと。
武器は手に持ったトマホークランサーや口から吐く大火炎のほか、体中に存在する七つの軍団の要素を持つパーツは、アイアンカッターをも容易に噛み砕く。
マジンガーZ攻略の司令長官に任命され、七つの軍団の精鋭戦闘獣と共にマジンガーZをすんでのところまで追い詰めるも、グレートマジンガーの登場により逆転されてしまう。

登場した戦闘獣[編集]

()内は声を当てた声優。

対マジンガーZ
  • 魚類型・スラバ(沢田和子
  • 爬虫類型・ジャラガ(沢田和子)
  • 鳥類型・バーディアン(富田耕生
  • 昆虫型・ライゴーン(加藤修
  • 猛獣型・マモスドン(加藤修)
  • 人間型・アルソス(野田圭一
対グレートマジンガー
  • 魚類型・アルギモン
  • 鳥類型・オルピィ(富田耕生、加藤修)
  • 猛獣型・ブルンガ
  • 人間型・バルマン
  • 昆虫型・ワーダム
  • 爬虫類型・グロスデン
対ボスボロット
  • 悪霊型・ダンテ(野田圭一)

製作・スタッフ[編集]

  • 製作:登石雋一フジテレビ東映
  • 製作担当:茂呂清一
  • 企画:有賀健籏野義文[2]
  • 原作:永井豪ダイナミックプロ
  • 脚本:高久進
  • 作画監督:角田紘一
  • 美術監督:辻忠直
  • 音楽:渡辺宙明
  • 主題歌:
  • 原画:奥山玲子、森英樹、木野達児、金山通弘、小田克也、阿部隆、小松原一男森下圭介、小泉謙三、飯野酷、津野二郎
  • 動画:小川明弘、小林敏明、坂野隆雄、服部照夫、薄田嘉信、田村晴夫、山田みよ、長沼寿美子、久保寺輝彦、白川忠志
  • 撮影:吉村次郎、相磯嘉雄
  • 背景:下川忠海、勝又激、柿沼雅人、新井寅雄、遠藤重義、杉本隆一
  • トレース:奥西紀美子、五十嵐玲子、谷口恭子
  • 彩色:増川千鶴子、藤沢邦子、鈴木邦子、宮城邦子
  • セログラフ:冨永勲、林昭夫
  • 検査:森田博、小鯨正豊
  • 特殊効果:林富喜江、岡田良明
  • 編集:千蔵豊
  • 録音:池上伸照
  • 効果:伊藤道広
  • 記録:大橋千加子
  • 演出助手:遠藤勇二
  • 製作進行:佐伯雅久
  • 録音スタジオ:タバック
  • 現像:東映化学
  • 演出:西沢信孝

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌[編集]

  • 空飛ぶマジンガーZ
作詞:高久進/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:水木一郎コロムビアゆりかご会
スタッフクレジット部では、『Z』ファンから投稿されたイラストが掲載されている。

挿入歌[編集]

  • わが友マジンガーZ
作詞:土井信/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:水木一郎
  • おれはグレートマジンガー[7]
作詞:小池一雄/作曲・編曲:渡辺宙明/歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会

映像ソフト[編集]

  • 1980年代に東映ビデオからVHSで発売されていた。
  • 2002年5月21日に東映ビデオから『マジンガーZ対デビルマン』から『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣』までを同時収録したDVD-BOX『マジンガー the MOVIE 永井豪スーパーロボットBOX』が発売された[8]
  • 2003年5月21日に同じく東映ビデオから『マジンガーZ対デビルマン』とのセットで収録されたDVD『マジンガー the MOVIE 1』が発売された。
  • 2011年10月21日発売の「復刻!東映まんがまつり1973夏」に収録される。初単巻化となる。
  • 2012年10月21日発売のブルーレイ『マジンガー THE MOVIE Blu-ray 1973〜1976』に収録。

併映作品[編集]

!作品名 原作 (声の)出演 備考
五人ライダー対キングダーク 石森章太郎 速水亮小林昭二和田文夫 劇場用新作
フィンガー5の大冒険 フィンガー5、石森章太郎一家
イナズマンF 石森章太郎 伴直弥上野山功一安藤三男
ゲッターロボ 永井豪
石川賢
神谷明山田俊司西尾徳
魔女っ子メグちゃん 成田マキホ
ひろみプロ
吉田理保子つかせのりこはせさん治

脚注[編集]

  1. ^ a b 「東映動画 長編アニメ大全集 下巻」(徳間書店)202頁 1978年
  2. ^ a b 画面クレジットは「旗野義文」。
  3. ^ a b TV版『グレート』では、ヌケは加藤修、ムチャは緒方賢一がそれぞれ担当。この後『UFOロボ グレンダイザー』第14・31話でボスと共に再登場した際、ヌケとムチャの担当はそれぞれ富田と田の中に戻るが、映画ではムチャは『決戦! 大海獣』まで緒方が担当、ヌケは『グレート対ゲッター』まで加藤が担当後、『決戦! 大海獣』では鈴木泰明が担当する。
  4. ^ TV版『グレート』では野田圭一が担当。
  5. ^ TV版『グレート』では柴田秀勝が担当。
  6. ^ TV版『Z』(最終回のみ)では富田耕生、TV版『グレート』では緒方賢一がそれぞれ担当。
  7. ^ 画面クレジットは「グレートマジンガー」
  8. ^ 「DVD & VIDEO Selection」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 102頁、 雑誌コード:01843-05。

関連項目[編集]