デジモンアドベンチャー (1999年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デジタルモンスター > デジモンアドベンチャー > デジモンアドベンチャー (1999年の映画)
デジモンアドベンチャー
監督 細田守
脚本 吉田玲子
原案 本郷あきよし
出演者 藤田淑子
荒木香恵
坂本千夏
音楽 有澤孝紀
主題歌 Butter-Fly和田光司
制作会社 東映アニメーション
配給 東映
公開 日本の旗 1999年3月6日
上映時間 20分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9億円
配給収入 6億5000万円[1]
次作 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!
テンプレートを表示

デジモンアドベンチャー』 (DIGIMON ADVENTURE) は、1999年3月6日東映アニメフェアの1作として公開したアニメーション映画。『遊☆戯☆王』、『ドクタースランプ アラレのびっくりバーン』と同時上映された。なお関東圏ではこの映画の公開日の翌日がTVシリーズの『デジモンアドベンチャー』第1話の放送日である。20分の短編であり、TVシリーズの前日談が描かれる。

概要[編集]

1995年の春休みに東京都練馬区光が丘団地で起きた事件で選ばれし子供達が初めてデジタルモンスター(デジモン)と接触した日、そして「なぜ彼らが選ばれたか」の原因になったある事件を描く。なおこの事件はTVシリーズでは後に「光が丘爆弾テロ事件」として扱われる。

太一・ヒカリ以外の選ばれし子供達や太一・ヒカリの両親も登場するが、TVシリーズとは声優は異なる。

音楽はモーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」のみが使われたが、有澤孝紀が編曲しているため、名義上は有澤が音楽担当者となっている。

怪獣に出会った兄妹が互いに違う印象を持ち続けるというコンセプトは、映画『ミツバチのささやき』からのモチーフだという[2]

本作では徹底して大人は顔を出さず不在感をもち、「大人が認知できない子供だけの世界」を描いている。[3]

同日封切の映画『ガメラ3 邪神覚醒』のプロデューサーは本作を絶賛しており、見た直後、特撮監督を務めた樋口真嗣に「このような作品を作らないとだめだ」と言ったという[4]

企画の経緯[編集]

元々テレビとは連動しない独立した企画として始まり、テレビとの連動が決まった後で映画の前後のカットが追加された。当初は「70年代のレトロタッチ」なキャラクターデザインで進めていたが、『遊☆戯☆王』と同じVジャンプでのコミカライズとの連動から現在のキャラクターが完成し、テレビとの矛盾点が出ないように数年前に設定された。[3]

また太一の父親の少年時代を主役にした昭和30年代が舞台のアイデアもあったがボツとなり「もっと怪獣映画にしてくれ」との要望を受けた。[3]

ストーリー[編集]

郊外の団地に住む太一・ヒカリの幼い兄妹のもとに、ある時PCからタマゴが現れ、中からデジモンと名乗る不思議な生命体が誕生する。

登場人物[編集]

(ボタモン)→コロモン→(アグモン→グレイモン)(声:坂本千夏
太一達の住む部屋のパソコンからデジタマで現れたデジモン。その後、短期間で急速に進化していく。テレビ版で太一のパートナーとなるアグモンとは別個体である。言葉を喋り自己紹介をしたのがコロモンの時のみなので、進化しても太一達にコロモンと呼ばれ続けた。
コロモンまではテレビ版の個体と同サイズだが、アグモンとグレイモンはテレビ版の個体より非常に大きい。アグモンに進化してからは、動く物に反応するだけの本能の塊のようになったが、グレイモンに進化した時、太一とヒカリを(半ば偶然とはいえ)庇ったり、ボタモンの時に心を通わせた笛の音に反応したことから、喋れなくなっても心のどこかでちゃんと二人を覚えていた様子。
パロットモン
アグモンの後を追うように、上空に出現した巨大デジタマから現れた謎のデジモン。グレイモンとの激しい戦いの末、姿を消した。劇中では名前は出てこない。完全体。
劇場版のムービーブックで、デジタマとパロットモンの両者共に現実世界に迷い込んだのは偶然であり、デジタルワールドからはみ出した場外乱闘戦のような物と監督により解説されているが、小説版ではホメオスタシスがデジタマの回収のためにパロットモンを差し向けた事になっている。

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁
  2. ^ 『この人に話を聞きたい』(細田の発言)
  3. ^ a b c 「DIGIMON MOVIE BOOK」より。
  4. ^ 日経エンタテインメント!2007年1月号より