遊☆戯☆王 (アニメ第1作)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
遊☆戯☆王 > アニメ作品 > 遊☆戯☆王 (アニメ第1作)
遊☆戯☆王
ジャンル 少年向けアニメカードゲーム
アニメ
原作 高橋和希
シリーズディレクター 角銅博之
シリーズ構成 井上敏樹
脚本 井上敏樹、小林靖子
金巻兼一千葉克彦
キャラクターデザイン 荒木伸吾姫野美智
音楽 BMF
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 テレビ朝日、東映アニメーション
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1998年4月4日 - 10月10日
話数 全27話
その他 遊☆戯☆王デュエルモンスターズも参照
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

遊☆戯☆王』(ゆうぎおう)は、高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年4月4日から10月10日まで、全27話がテレビ朝日系列フルネット局のみ)で放送された。制作は東映動画(放送期間中に東映アニメーションに商号変更)。

1999年に劇場公開された映画作品についても本項で述べる。

概要[編集]

本作は、のちにテレビ東京系列他で放送された『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』および続編作品とは、ストーリーや設定上の繋がりはない。本作では原作の「学園編」から「TRPG編」までを描いたのに対し、『デュエルモンスターズ』ではそれらのストーリーをカットして「決闘者の王国編」[1]以降を題材としており、キャストや一部の登場人物のキャラクターデザインなどの設定も異なっている。

『デュエルモンスターズ』および同作以降の作品が、カードバトルゲームを物語の主軸としているのに対し、こちらは原作の初期に見られた様々な手段による「闇のゲーム」がメインとなっており、『ハイパーヨーヨー』や『デジモン』など当時流行していた作品や商品のパロディが登場する回も存在した。次回予告は次週放送分の予告だけでなく、2、3週後の放送分(つまり次週以降の)予定を紹介するといったアニメとしては珍しい形式であった。東映アニメーションが『ドラゴンボール』シリーズなどで盛んに行った、進展調整のためのオリジナルサイド展開などが本作においても多く行われており、中には原作とはまったく異なるストーリーに改変された回もある。

本作から、劇中のカードバトルゲーム「マジック&ウィザーズ」の名称がアニメ版独自名称の「デュエルモンスターズ」に改変されているが、カード裏面のデザインは原作や商品版とは異なる[2]。 その他、カードバトルの細部におけるルールやダメージ計算など作りが大雑把な部分も見られるが、それがかえって本作独自の持ち味となっている。

映像ソフトは放送当時にVHSで発売されたのみで、2016年現在すでに廃盤となっており、DVDなどで再発売される予定はなく、さらにネット配信も含めた再放送も全く行われておらず、現在では視聴が困難な作品となっている[3]

原作との相違点[編集]

  • 闇のゲーム、罰ゲームの内容の多くが変更され原作のブラックな雰囲気が子供向けにある程度緩和されている。
  • 原作では1話限りのゲストキャラクターとして登場した野坂ミホが性格が変更され主要キャラクターとして加えられている。
  • 主要メンバー(遊戯、城之内、杏子、本田、ミホの5人)の出番も均等になるようストーリーの骨子部分が変更されている。
  • 本田の設定が変更されている。城之内の親友と言うより口喧嘩相手のようになり、さらに生徒会長に落選した美化委員という設定が加わっている。性格も城之内と同様の元不良らしいヤンキーじみた言動・服装から真面目な優等生タイプの少年になっており、例えば第1話では、原作で城之内と共に遊戯をからかっていた部分が、城之内を注意する側になっている。ミホに惚れており、何かとパシリに使われる。また、杏子からは呼び捨てではなく「君(くん)」付けで呼ばれている[4]
  • 原作の該当部分に比べ、「デュエルモンスターズ」の登場頻度が増えている[5]
  • 原作の該当部分では登場しなかった、「デュエルモンスターズ」における地形効果の要素や城之内の妹、静香が登場する。
  • 原作には登場しないアニメ版オリジナルカード、ネオンナイト・ダークマンモス・ロックガン・デモノミストなどが多数加えられた[6]
  • オープニングには登場していたブラック・マジシャンがDEATH-T編の海馬戦に登場しない(劇場版で初登場)。
  • 収録時間の関係上か、ブラックマジシャン以外にもジャッジ・マンやルイーズなどがカットされており、それに合わせて光の護封剣の効果も2ターンに変更されている。
  • 海馬の髪が緑色になっている。

登場人物・声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「渇いた叫び
作詞・作曲 - 小松未歩 / 編曲 - 小澤正澄 / 歌 - FIELD OF VIEW日本コロムビア
3話まではCDとは異なるバージョンが使用されている。
エンディングテーマ「明日もし君が壊れても
作詞 - 坂井泉水 / 作曲 - 大野愛果 / 編曲 - WANDS / 歌 - WANDSB-Gram RECORDS

スタッフ[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ 同時ネット
青森県 青森朝日放送
岩手県 岩手朝日テレビ
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送
山形県 山形テレビ
福島県 福島放送
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送
静岡県 静岡朝日テレビ
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 火曜 16:55 - にて遅れネット[7]
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送
広島県 広島ホームテレビ
山口県 山口朝日放送
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
愛媛県 愛媛朝日テレビ
福岡県 九州朝日放送
長崎県 長崎文化放送
熊本県 熊本朝日放送
大分県 大分朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送
沖縄県 琉球朝日放送

各話リスト[編集]

放送日 話数 サブタイトル 脚本 (コンテ)
演出
作画監督 美術 収録VHS
1998年
4月4日
1 激烈バトル闇のゲーム 井上敏樹 角銅博之 高木雅之
市川慶一
徳重賢 VOL.1
4月11日 2 悪魔ゲーマー地獄の罠 (角銅博之)
池田洋子
本橋秀之 中村光毅
4月18日 3 激突!最強のモンスター 小林靖子 新田義方 竹内昭 和田いづみ
4月25日 4 強奪!超幻の激レア時計 金巻兼一 (角銅博之)
森一敏
内山正幸 芳野満雄 VOL.2
5月2日 5 今暴かれる!!遊戯の秘密 井上敏樹 早川啓二 本木久年 徳重賢
5月9日 6 絶体絶命!!熱き友情決戦 角銅博之 本橋秀之 松本健治
5月16日 7 裏技デジタルペット騒動 小林靖子 細田雅弘 須田正己 和田いづみ
5月23日 8 ゲーム四天王ついに動く 金巻兼一 山田徹 進藤満尾 坂木功治 VOL.3
5月30日 9 炸裂ヨーヨー究極の秘技 井上敏樹 中村哲治 内山正幸 松宮正純
6月6日 10 迫る美人教師秘密の仮面 千葉克彦 大庭秀昭 山崎隆生 松本健治
6月13日 11 噂のカプモン新登場だぜ 小林靖子 角銅博之 須田正己 和田いづみ
6月20日 12 強運を呼ぶ敵不敗の神話 井上敏樹 早川啓二 本木久年 芳野満雄 VOL.4
6月27日 13 女生徒を狙う大予言の牙 小林靖子 細田雅弘 本橋秀之 松宮正純
7月4日 14 爆破ゲームで最悪デート 千葉克彦 勝間田具治 永樹龍博 松本健治
7月11日 15 怖〜い女!!変身できない 井上敏樹 中村哲治 進藤満尾 和田いづみ
7月18日 16 イッパツ逆転白衣の危機 小林靖子 (角銅博之)
中村哲治
内山正幸 坂木功治 VOL.5
7月25日 17 ギリギリ勝負誘うモデル 千葉克彦 鈴木吉男 桜井木ノ実 松宮正純
8月1日 18 禁断ゲームに手を出すな 井上敏樹 早川啓二 本木久年 松本健治
8月8日 19 大乱戦!!人気コンテスト 小林靖子 明比正行 須田正己 和田いづみ
8月15日 20 出たッ!最強最後の切札 井上敏樹 勝間田具治 永樹龍博 坂木功治 VOL.6
8月22日 21 完成!!究極ゲームランド 千葉克彦 (角銅博之)
中村哲治
本橋秀之 松宮正純
8月29日 22 破れ限界シューティング 小林靖子 山田徹 内山正幸 徳重賢
9月5日 23 カプモン王!頂上決戦!! 井上敏樹 細田雅弘 進藤満尾 松本健治
9月12日 24 今!決着の時奇跡の友情 早川啓二 本木久年 和田いづみ VOL.7
9月26日 25 新たなる展開襲う美少年 小林靖子 細田雅弘 須田正己 松宮正純
10月3日 26 ライバル激突最大ピンチ 井上敏樹 明比正行 内山正幸 坂木功治
10月10日 27 友情・伝説から神話へ (明比正行)
池田洋子
山口泰弘 徳重賢

※9月19日は放送休止。

劇場版「遊☆戯☆王」[編集]

1999年3月6日公開。東映が製作した劇場版『遊☆戯☆王』の第1作。放送終了の翌年に公開された作品で、スタッフ、キャストともTV版と同じとなっている。物語は最初の海馬戦の後日談となっており、偶然気弱な少年・青山翔悟が入手したレアカード「真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)」を巡る遊戯と海馬の再戦を描いている。

30分の短編で、東映作品らしい健全さが面に立っているが、絵柄はTV版に比べて原作の設定に近づき、後の『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』に近いシャープなものとなっているのが特徴[8]となっている。

劇場版『デジモンアドベンチャー』『ドクタースランプ アラレのびっくりバーン』と同時上映された。

劇場版スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマは、テレビ版で3話まで使用されたバージョンが使用されている。

コミック[編集]

『劇場&TVアニメ「遊☆戯☆王」スーパー・コンプリートブック』が集英社より発売されている。

内容は本作劇場版のフィルムコミックにTVシリーズの各回のストーリー紹介とその回の闇のゲームが紹介されている。その他高橋和希によるモンスター制作過程の様子や、本作のメインキャラクター役声優へのインタビュー、アニメ登場カードの紹介などがされている。なお、劇場版では海馬の髪は茶髪であったので映画のフィルムコミックの部分では茶髪海馬しか登場しないが、ストーリー紹介でわずかながらTV版での緑髪の海馬を確認できる。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ ストーリー上「DEATH-T編」の一部も挿入された。
  2. ^ 原作のマジック&ウィザーズの名残で「MW」という絵柄のデザインだった。
  3. ^ また、原作の連載開始20周年記念サイトの年表 においても、本作に関する記述・言及は一切ない。
  4. ^ ただし、稀に呼び捨てになることもあった。
  5. ^ ただし「デュエルモンスターズ」以外のゲームも本作には登場する。
  6. ^ 一部、カードダスや食玩等で商品化されている。
  7. ^ アニメージュ』1998年9月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(170頁)
  8. ^ カード裏面のデザインが製品版と同じものに変更されていたり、海馬の髪色がTV版の緑から茶色に変更、デュエル描写も原作に近づくなど、同作のプロトタイプ的な作品になっている。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 土曜18:00台前半(1998年4月4日 - 1998年10月10日)
前番組 番組名 次番組
遊☆戯☆王(第1作)