ハッスルパンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハッスルパンチ
アニメ
原作 森やすじ(原案)
脚本 池田宏、勝田稔男、岩井基成、
林弘明、鈴木三千夫、ほか
キャラクターデザイン 森やすじ
音楽 小林亜星
アニメーション制作 東映動画
放送局 NET系列(現・テレビ朝日系列
放送期間 1965年11月1日 - 1966年4月25日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ハッスルパンチ』は、1965年11月1日から1966年4月25日までNET系列局で放送されていた東映動画制作のテレビアニメである。全26話。

概要[編集]

のパンチ、のタッチ、イタチのブンが、悪役であるガリガリ博士とドタバタを繰り広げるコメディ作品である。主人公3人の名前はアンタッチャブルに由来する[1]

あらすじ[編集]

パンチ、タッチ、ブンのみなしご三人組はがらくた置き場にある廃車を家にして仲良く共同生活を送っていた。がらくた置き場の隣に屋敷を構えるガリガリ博士は貴族だったという先祖の威光を取り戻すべく悪事をたくらむが、毎度三人組に邪魔されるため、子分のブラックとヌーに命じてあの手この手で三人を追い出そうとする。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 月曜 19:30 - 20:00 (1965年11月1日 - 1965年12月27日)
  • 月曜 19:00 - 19:30 (1966年1月10日 - 1966年4月25日) - 大丸デパート単独提供アニメ枠『大丸ピーコック劇場』で放送。「タイアップのアニメ史」サイトで判明。
  • 本放送の終了後も、1966年7月11日から同年9月26日まで毎週月曜 19:30 - 20:00 に海外ドラマ『密林王国ダクタリ』(19:30 - 20:26)放送開始までのつなぎ番組として再放送されたことがある。

登場人物[編集]

パンチ
- 大山のぶ代
みなしご三人組の一人である熊。とても石頭で、鉄パイプで殴られてもびくともしない。
タッチ
声 - 水垣洋子
みなしご三人組の一人である鼠。体の小ささを生かしてパンチとブンのピンチを救ったりする。また、女の子らしく綺麗好きで洋服を入れるバッグを持っている。
ブン
声 - 久里千春
みなしご三人組の一人であるイタチ。パチンコを武器にブラック達をからかう。
ガリガリ博士
声 - 八奈見乗児
みなしごたちと同じ町に住むオオカミの悪党。先祖は由緒正しい貴族だったらしく、町全部を自分のものにしようと悪事を働く。
同じ東映動画の製作した長編アニメ映画『長靴をはいた猫 80日間世界一周』(1976年)にも登場し、悪役として主人公のペロ達の邪魔を再三に渡って繰り広げた、なお声優は大塚周夫
ヌー
声 - 神山卓三
ガリガリ博士の部下である。アニメ版では縞模様のシャツと右目の眼帯といういでたちである。悪党ではあるが少々ヌケており、意外と優しい一面もある。
ブラック
声 - 大竹宏
ガリガリ博士の部下である黒猫ピストルを持ち出して三人組を捕まえるが、毎度失敗してしまう。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニング・エンディング「ハッスルパンチの歌」
作詞・作曲 - 小林亜星 / 歌 - 大山のぶ代、久里千春、水垣洋子、西六郷少年合唱団
「パンチ、タッチ、ブンの歌」
作詞 - 若井基成 / 作曲 - 小林亜星 / 歌 - 大山のぶ代、久里千春、水垣洋子
第6話挿入歌。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 放送日
1 じゃま者は追い出せ 池田宏 森康二 1965年
11月1日
2 レッドスターの行方 勝田稔男 森康二
大塚康生
11月8日
3 ブラックペニーの秘密 若井基成 宮崎一哉 森康二
喜多眞佐竹
11月15日
4 走れ!ポンコツカー 西沢信孝 森康二 11月22日
5 謎の怪盗を追え 林弘明 白根徳重 11月29日
6 消えた札束 明比正行 森康二
奥山玲子
12月6日
7 ガリガリ号航海記 池田宏 森康二
小田部羊一
12月13日
8 底抜け大サーカス 鈴樹三千夫 奥西武 大塚康生 12月20日
9 ほらふきブラック 柴田夏余 矢吹公郎 森康二 12月27日
10 ドーナツを探せ 新田義方 森康二
細田暉雄
1966年
1月3日
11 鈴とダイナマイト 柴田夏余 勝田稔男 喜多眞佐竹 1月10日
12 ペッタンコ騒動 鈴樹三千夫 設楽博 奥山玲子 1月17日
13 動物改造機 押川国秋 眞野好央 森康二
小林治
1月24日
14 ハイウェイをすっとばせ 林弘明 宮崎一哉 小田部羊一 1月31日
15 シャックリエキスで乾杯 鈴木アヤ 矢吹公郎 森康二 2月7日
16 あこがれの外国旅行 柴田夏余 西沢信孝 2月14日
17 九官鳥とネックレス 小沢洋 明比正行 細田暉雄 2月21日
18 ガリガリ家の遺産 勝田稔男 芝山努 2月28日
19 大物を釣り上げろ 鈴樹三千夫 奥西武 小田部玲子 3月7日
20 とても愉快な日 押川国秋 山本寛巳 喜多眞佐竹 3月14日
21 飛ばせてたまるか 新田義方 森康二 3月21日
22 ぼくはスーパーマン 佐渡文彰 眞野好央 細田暉雄 3月28日
23 爆弾はどこだ 池田宏 森康二 4月4日
24 いたずら催眠術 若井基成 設樂博 芝山努 4月11日
25 地震売ります 小沢洋 白根徳重 林静一 4月18日
26 ペッシャンコ大レース 鈴木アヤ 永木総博
明比正行
香西隆男 4月25日

放送局[編集]

  • NET(制作局):月曜 19:30 - 20:00 → 月曜 19:00 - 19:30
  • 北海道放送:日曜 18:00 - 18:30[2]
  • 青森テレビ(1970年5月から放送):水曜 18:00 - 18:30[3]
  • 秋田放送:土曜 18:15 - 18:45(1966年3月時点)[4] → 金曜 17:28 - 17:58(1966年10月時点)[5]
  • 山形放送:月曜 17:30 - 18:00[6]
  • 東北放送:月曜 18:00 - 18:30(1965年12月 - 1966年2月) → 水曜 18:00 - 18:30(1966年3月 - 6月)[7]
  • 福島中央テレビ(1970年2月から3月のサービス期間に9回分放送):日曜 14:00 - 14:30[8]

映像ソフト[編集]

  • 想い出のアニメライブラリー 第54集 ハッスルパンチ DVD-BOX デジタルリマスター[9]
    • 2016年2月26日発売。ディスク3枚組。解説書付き。パッケージでは主要キャラをカラー化したものが使われている。

コミカライズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハッスルパンチ - TOEI ANIMATION”. 2014年11月19日閲覧。
  2. ^ 河北新報』1966年10月2日 - 10月30日付朝刊テレビ欄。
  3. ^ 『河北新報』1970年5月5日付朝刊テレビ欄。
  4. ^ 『河北新報』1966年3月5日 - 3月26日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『河北新報』1966年10月7日 - 10月28日付朝刊テレビ欄。
  6. ^ 福島民報』1966年5月23日 - 9月26日付朝刊テレビ欄。
  7. ^ 『福島民報』1965年12月27日 - 1966年6月22日付朝刊テレビ欄。
  8. ^ 『福島民報』1970年2月1日 - 3月29日付朝刊テレビ欄。
  9. ^ TOEI ANIMATION ONLINE SHOP - 想い出のアニメライブラリー 第54集 ハッスルパンチ DVD-BOX デジタルリマスター版”. 2016年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]

NET系列 月曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
マイケルのアフリカ探検
(1965年10月4日 - 1965年10月25日)
ハッスルパンチ
(1965年11月1日 - 1965年12月27日)
ゴーゴー・フラバルー
(1966年1月10日 - 1966年3月28日)
NET系列 月曜19:00枠
大丸デパート単独提供『大丸ピーコック劇場』枠)
宇宙パトロールホッパ(再放送)
(1965年12月)
ハッスルパンチ
(1966年1月10日 - 1966年4月25日)
海賊王子
(1966年5月2日 - 1966年11月28日)