香西隆男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

香西 隆男(こうざい たかお、1937年7月20日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー香川県出身。東京芸術大学卒。

経歴[編集]

漆職人を目指して、高松工芸高等学校へ。しかし漆にかぶれる体質から、東京芸術大学彫刻科へ進学する。卒業後は、東映動画(現:東映アニメーション)に入社。アニメのことを全く知らずに、東映で実写映画のスタッフになろうと入社試験を受けての入社だったという。アニメ映画『西遊記』を経て、アニメーターとなる。入社4年後の1964年に、永樹凡人我妻宏小泉謙三らと共に退社し、ハテナプロの設立に参加。同プロでは東映動画作品の『魔法使いサリー』などの作画を担当した。同プロ解散後の1969年、スタジオジュニオを設立。以降は同スタジオの代表としての仕事をこなしつつ、『マシンハヤブサ』『花の係長』『新・巨人の星』『おはよう!スパンク』など、1970年代から1980年代にかけてテレビアニメで作画監督やキャラクターデザイナーを務めた。1974年に始まった『はじめ人間ギャートルズ』からは総作画監督も経験し、これまでに手がけた作品数は400本以上になるという。

スタジオジュニオも好調で、東京ムービーや東映動画の作品を中心に1ヶ月に20本の仕事を抱え、スタッフも130人を数えた。ただし、自分のキャラクターを描きたくて、東映動画を退社した香西にとって、スタジオジュニオのテレビアニメは漫画家の絵を真似るだけの仕事であり、1981年から放送の『おはよう!スパンク』を最後にテレビアニメの仕事はアニメーターとしては控えるようになった。1979年の『ごんぎつね』から、自らのキャラクターを使い、権利も自分で持てる学校向けの教育用短編アニメに力を入れた。

スタジオジュニオの経営者としては、1997年テレビアニメ白鯨伝説』で損害を被り、1999年の劇場用アニメ『ガンドレス』の未完成事件で、多くのスタッフを独立させ、香西はジュニオに残って経営者として責任を負うことになった。ジュニオはその後「ジュニオ ブレイン トラスト」と名前を変えたが、本格的にアニメーション制作事業を再開させることはできず、事実上の活動停止となった。

2006年から2010年まで宝塚造形芸術大学アニメーション科教授として教鞭を振るう。並行して有馬学園グループの協力で設立されたA・Jアニメ工房(八千代アートスクール内)のアドバイザーに就任して、アニメーター志望の若者を指導した。その傍らで、那須田稔作品のアニメ化を計画したが、資金難で叶わなかった。

その後、かつての教え子である西畑中道が興した「株式会社K・N日本アニメ企画」に会長として名を連ねているが、アニメーターやアニメ教育者としての一線は退いている。2021年現在はイラストやアニメーション制作など個人的な創作活動を続けている。

主な参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小松原一男の降板に伴い途中から参加した。
  2. ^ クレジットでは香西となっているが、実際に担当したのは井上俊之と梶島正樹である。WEBアニメスタイル編集長の小黒祐一郎が香西に確認している(小黒祐一郎「香西隆男さんの取材」『編集長メモ』2005年6月28日)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]