大雪山の勇者 牙王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アニメ:大雪山の勇者 牙王
原作 戸川幸夫『牙王物語』
脚本 中西隆三
製作 日本アニメーション
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1978年9月23日(土曜日) -
話数 75分・1話
テンプレート - ノート

大雪山の勇者 牙王』(だいせつざんのゆうしゃ きばおう)は、1978年9月23日に放送された単発テレビアニメ[1]

放送時間[編集]

ストーリー[編集]

舞台となるのは北海道大雪山。サーカスから逃げたヨーロッパの狼・デビルは樺太犬のテツと出会い5匹の子をもうけるが、人喰い熊・ゴンに襲われ息を引き取る。

子犬の1匹は、牧場の娘・早苗に拾われてタキと名付けられ育てられることになった。狼の血を引いているタキは次第に周囲となじめなくなり、カネトとヨシトとい猟師親子に預けられるが、人間と馴染めないタキは自然の中へと帰って行くことになる。その後、多くの試練を経て成長したタキは、野犬の仲間たちと共に、ゴンに挑むのだった。

キャスト[編集]

出典[2]

スタッフ[編集]

出典[2]

  • 原作 - 戸川幸夫「牙王物語」
  • 脚本 - 中西隆三
  • 演出 - 岡部英二
  • 音楽 - 小野崎孝輔
  • キャラクターデザイン - 香隆男、白梅進
  • 絵コンテ - 升ますか
  • 作画監督 - 白梅進
  • 美術監督 - 伊藤主計
  • 録音監督 - 斯波重治
  • 色指定・検査 - 小山明子
  • 編集 - 岡安肇掛須秀一
  • 作画 - 都丸保、辻伸一、トランスアーツ、富プロダクション
  • 動画チェック - 飯岡真理子、横川たか子
  • 仕上げ - スタジオ・ロビン
  • 背景 - 童公望
  • 撮影 - トランスアーツ
  • プロデューサー - 加藤良雄

主題歌[編集]

出典[2]

  • エンディングテーマ - 「愛は遥かに」

再放送[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本アニメーション, K.K. アネックス 『25周年記念日本アニメーション全作品集』 プラネット出版2001年、23頁。ISBN 978-4939110115
  2. ^ a b c 大雪山の勇者 牙王”. 日本アニメーション. 2018年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]