シートン動物記 りすのバナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シートン動物記 りすのバナー
ジャンル ファミリー文学伝記[1]
アニメ
原作 アーネスト・T・シートン
監督 黒田昌郎
脚本 柏倉敏之
キャラクターデザイン 森やすじ
音楽 小森昭宏
製作 日本アニメーション(企画・製作・制作)
朝日放送(制作)
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1979年4月7日 - 9月29日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

シートン動物記 りすのバナー』(シートンどうぶつき りすのバナー)は、1979年4月7日から同年9月29日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビアニメである。日本アニメーション朝日放送の共同製作。全26話。放送時間は毎週土曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

日本アニメーションによるシートン動物記アニメ化作品の第2作で、1977年12月に終了した『シートン動物記 くまの子ジャッキー』以来の放送となった。原作はシートン動物記の『バナーテイル』(旗尾リス)。

リアル志向だった『くまの子ジャッキー』と違い、本作は動物をかなり漫画的に擬人化して描いている。また、主人公のバナーが猫に育てられたことと催眠キノコを食べてしまうエピソード以外はほぼ完全にアニメオリジナルの内容で、原作の要素はほとんど残っていない。DVD化はされていない。

ストーリー[編集]

舞台はカナダ国境に近いアメリカ北部の大自然。ある農家に母ねこに育てられた灰色リスのバナーがいた。バナーがまだ赤ん坊の時、住んでいた木を人間のきこりに切り倒されてしまい、そばにいた人間の少年に見つかり拾われたのだった。ある夜、野焼きの火の不始末から農家が火事になってしまう。必死に逃げるバナーだったが、母ねこと離ればなれになってしまい、気づくと森の奥深くに来ていた。北アメリカの大自然を背景に動物・自然界の日々を描いた動物アニメーション。

登場キャラクター[編集]

バナー
- つかせのりこ
物語の主人公。最終回でスーと結婚し、三人の子どもに恵まれる。
スー
声 - 横沢啓子
ハイイロリスの女の子。長老の孫娘。
クレー
声 - 菅谷政子
バナーの友達りす。
ロリーおばさん
声 - 丸山裕子
クレーの母親りす。当初は、バナーを毛嫌いしていたが、のちに和解。
長老
声 - 池田一臣
ハイイロリスの長老。
ラドール
声 - 肝付兼太
バナーのライバル役。
ゴチャ
声 - 千葉繁
何でも反対する意志の固いりす。
ミミズク爺さん
声 - 永井一郎
バナーの相談役。最期は人間に銃で撃たれ死亡。
アカーチョ
声 - 青野武
森に住むアカリス。
ノン
声 - 大塚周夫
森に住むいたずらねずみ。
ネン
声 - はせさん治
ノンと一緒にいるいたずらねずみ。
キツツキおばさん
声 - 平井道子
森に住むキツツキ。お調子者。
あらいぐま
声 - 水鳥鉄夫
森に住むあらいぐま。
スッポンおやじ
声 - 大前田伝
森の近くの川に住むスッポン。
母ねこ
声 - 谷育子
バナーを育てたねこ。24話で町でバナーと会い、一緒に暮らそうと誘うが、リスの仲間たちがいたので断られる。
うさぎ
声 - 池田昌子
自分の子を探しているうさぎ。
ナレーター・母がも
声 - 麻生美代子
物語のナレーションを担当。

各話リスト[編集]

第1話 ねこの子は りす

第2話 森のなかま

第3話 バナーのマイホーム

第4話 おかしなどろぼう

第5話 しっぽのパラシュート

第6話 みんな ともだち

第7話 クレーの家出

第8話 クレー救出作戦

第9話 引っこし祝い

第10話 リスの学校

第11話 バラの茂みのうさぎ

第12話 こわい遠足

第13話 きのこのゆうわく

第14話 逃げるがかち

第15話 さすらいのヤマアラシ

第16話 スーの星うらない

第17話 あべこべゴチャ

第18話 みのりの秋

第19話 ひろったオルゴール

第20話 ミミズクの死

第21話 ヒッコリーの森よ さらば

第22話 新しい森をめざして

第23話 きけんな仲たがり

第24話 町のぼうけん

第25話 冬の旅

第26話 新しい森で

スタッフ[編集]

  • 原作 - アーネスト・T・シートン
  • 製作 - 本橋浩一
  • 製作管理 - 高桑充
  • 企画 - 佐藤昭司、大橋益之助(電通大阪支社)
  • 脚本 - 柏倉敏之
  • キャラクターデザイン - 森やすじ
  • 音楽 - 小森昭宏
  • 絵コンテ - 奥田誠治佐々木勝利鈴木孝義、桜井美知代、黒田昌郎
  • 作画監督 - 小川隆雄、岡田敏靖、羽根章悦、筒井百々子
  • レイアウト - 飯村一夫
  • 美術監督 - 伊藤主計
  • 美術補佐 - 山本二三
  • 背景 - アトリエローク、スタジオユニ、小林プロ
  • 撮影監督 - 黒木敬七
  • 編集 - 瀬山武司、上遠野英俊、割田益男
  • 現像 - 東京現像所
  • 録音監督 - 斯波重治
  • 整音 - 桑原邦男
  • 音響効果 - 依田安文
  • プロデューサー - 根来昭
  • 演出助手 - 鈴木孝義、小園井常久、蔭山康生
  • 監督 - 黒田昌郎
  • 企画・製作 - 日本アニメーション株式会社
  • 制作 - 日本アニメーション、朝日放送

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「きみはねこじゃない」
作詞 - 香山美子 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 朝倉理恵(レーベル - CBS・ソニー
エンディングテーマ - 「ヒッコリーのきのみ」
作詞 - 香山美子 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 朝倉理恵(レーベル - CBS・ソニー)
オープニングの歌詞中に繰り返し登場する「○○の月」というフレーズは、原作小説における月の表記に基づく。またエンディングの歌詞は、原作中の灰色リスの生態を描いた章の内容を要約したものであり、オープニング・エンディングともにアニメ本編よりも原作をイメージした歌となっている。

放送局[編集]

※放送時間は1979年9月終了時点のもの、系列は放送当時のものとする[2]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 土曜 19:00 - 19:30 製作局
現:朝日放送テレビ
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
宮城県 東日本放送
静岡県 静岡けんみんテレビ 現・静岡朝日テレビ
1979年6月までは日本テレビ系列とのクロスネット。
1979年7月から放送[3]
中京広域圏 名古屋テレビ
岡山県・香川県 瀬戸内海放送
広島県 広島ホームテレビ
福岡県 九州朝日放送
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
日曜 7:45 - 8:15
山形県 山形テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 16:30 - 17:00
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 17:00 - 17:30
山梨県 テレビ山梨 TBS系列 土曜 7:00 - 7:30
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列 火曜 16:50 - 17:20
石川県 石川テレビ 水曜 16:00 - 16:30
福井県 福井テレビ 水曜 17:25 - 17:55
島根県鳥取県 日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月曜 19:00 - 19:30
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 金曜 16:55 - 17:25
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
月曜 17:25 - 17:55
宮崎県 テレビ宮崎 水曜 17:00 - 17:30
鹿児島県 鹿児島テレビ 火曜 17:15 - 17:45

脚注[編集]

  1. ^ シートン動物記 りすのバナー | 作品紹介 | NIPPON ANIMATION”. 日本アニメーション. 2017年9月17日閲覧。
  2. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1979年10月号、徳間書店、 70 - 71頁。
  3. ^ 1979年6月までは同時間帯に読売テレビ制作土曜19:00枠のアニメ新・巨人の星II』(日本テレビ系列)をネットしていたので未放送。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

テレビ朝日系列 朝日放送制作 土曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
はいからさんが通る
(1978年6月3日 - 1979年3月31日)
シートン動物記 りすのバナー
(1979年4月7日 - 1979年9月29日)
こぐまのミーシャ
(1979年10月6日 - 1980年4月5日)