本橋浩一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本橋 浩一(もとはし こういち、1930年4月12日 - 2010年10月26日)は、日本の実業家、アニメーションプロデューサーである。北海道室蘭市生まれ、小樽市育ち。日本アニメーション社長。

経歴[編集]

1952年、中央大学法学部卒業。1953年、学陽書房編集部。同年本橋電機社長。1960年、聯合広告社代表。

1967年、小谷正一の紹介で日本万国博覧会電力館担当プロデューサー。1972年、やはり小谷の奨めでズイヨー映像社長。1975年日本アニメーションを設立して社長。

フランダースの犬』『母をたずねて三千里』『あらいぐまラスカル』『赤毛のアン』などの作品で知られる〈世界名作劇場〉や、『ちびまる子ちゃん』などのテレビアニメ製作を手がけた。

2010年10月26日、骨髄異形成症候群のため東京都内の自宅で死去、80歳。

参考文献[編集]

関連項目[編集]