瑞鷹 (アニメ製作会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瑞鷹株式会社(ズイヨー、Zuiyo Co., Ltd.)は、日本のアニメ製作会社。旧社名は瑞鷹エンタープライズ(ズイヨーエンタープライズ)。テレビアニメシリーズ『忍風カムイ外伝』『ムーミン』の企画、アニメ制作会社ズイヨー映像(ズイヨーえいぞう)を設け『アルプスの少女ハイジ』を企画製作したことで知られる。

概要[編集]

1969年3月、TCJのアニメーション制作部門が独立しTCJ動画センター(エイケン)になるとともに退社した高橋茂人が瑞鷹エンタープライズを設立。企画と営業を主に行なう。ロゴは漫画家の白土三平が作成。この時代のアニメ企画作品としてはTCJ時代高橋が関わった『サスケ』(1968年9月 - 1969年3月)からの繋がりで同じ白土三平作品のアニメ化『忍風カムイ外伝』(1969年4月 - 9月)(制作はエイケン)や、『ムーミン』(1969年10月 - 1970年12月)(制作は東京ムービー、後に虫プロダクション)、『アンデルセン物語』(1971年1月 - 12月)『新ムーミン』(1972年1月 - 12月)(制作は虫プロダクション)がある。瑞鷹エンタープライズには手塚治虫のマネージャーを務めた西崎義展が在籍し、『ワンサくん』『宇宙戦艦ヤマト』を企画した。『アルプスの少女ハイジ』の企画構想が進む(すでにTCJ制作時のパイロットフィルムが存在)。

1973年、アニメ制作部門としてズイヨー映像を設ける。この時期に、当時東京ムービーの子会社だったAプロダクションから移籍してきた高畑勲小田部羊一宮崎駿らが加わる。この時代のアニメ制作作品として『山ねずみロッキーチャック』(1973年1月-1973年12月)『アルプスの少女ハイジ』(1974年1月 - 12月)がある。

1975年3月、日本アニメーションが設立されズイヨー映像の施設と多数のスタッフ・製作途中の作品が移管される[1]。そのため『小さなバイキングビッケ』(1974年4月 - 1975年9月)『フランダースの犬』(1975年1月 - 12月)『みつばちマーヤの冒険』(1975年4月 - 1976年4月)は途中から製作が日本アニメーションになった。

その後は劇場版アルプスの少女ハイジ(1979年3月)を制作した他は目立った活動はせず、過去の作品の版権管理が主な業務となっていたが、2000年には『ポピーザぱフォーマー』の製作、及び制作を行った。

作品履歴[編集]

瑞鷹エンタープライズ時代[編集]

ズイヨー映像時代[編集]

瑞鷹エンタープライズ時代(再)[編集]

瑞鷹株式会社(ズイヨー)時代[編集]

外部リンク[編集]

  • ^ ちばかおり『ハイジが生まれた日』岩波書店