井上俊之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 俊之(いのうえ としゆき、1961年7月20日 - )は、大阪府出身のアニメータースタジオジュニオ所属を経て、現在はフリー。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)代表理事[1]血液型O型。

経歴[編集]

宮崎駿テレビアニメ未来少年コナン』を見たことがきっかけでアニメーターを目指す。宮崎の在籍したテレコム・アニメーションフィルムの入社試験に不合格となり、大阪デザイナー学院(現・大阪デザイナー専門学校)へ入学(同期には一緒にジュニオに入社した梶島正樹平岡正幸がいる。)。同学院卒業後、アニメ制作会社スタジオジュニオへ入社。1983年の『ストップ!! ひばりくん!』で原画デビュー。1984年の『Gu-Guガンモ』のキャラクターデザインで頭角を現し、業界内で注目を集める。

その後、1988年の『AKIRA』を始め、1990年代以降は次々と劇場作品を手掛け、押井守監督からは「パーフェクトなアニメーター」との評価を受ける[2]。本人はキャラクターデザイン作画監督よりも、原画マンとしての動きの表現を追求している。ピーエーワークスの公式サイトでは、原画の質、量、スピード、仕事に対する姿勢、全て揃った日本を代表するアニメーターとして紹介されている。

2011年2月27日日本アニメーター・演出協会総会にて任期満了に伴う理事選挙が行なわれ、理事に再任された。

ニックネーム[編集]

カリスマ・アニメーター。アニメ制作会社Production I.Gの公式サイトの記事で初めてカリスマ・アニメーターの呼称が使われ、「WEBアニメスタイル」で繰り返しカリスマ・アニメーターとの表現が使われたことから定着した。ファンは、その誠実な人柄と仕事のクオリティを指してこのニックネームを使うが、井上本人は、自分はカリスマ性がなく小馬鹿にされているようで不本意、としている。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

  • The 2 Queens 二人の女王 (2013) 作画監督、原画

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]