入江泰浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

入江 泰浩(いりえ やすひろ、1971年3月30日 - )は日本のアニメーション監督アニメーターキャラクターデザイナー、アニメ演出家。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)代表理事。

経歴[編集]

様々な作品で作画監督原画を経験し2004年に『KURAU Phantom Memory』でテレビシリーズ初監督を務める。

2016年7月27日より、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)代表理事に就任。

人物[編集]

現状のブラック労働というイメージが独り歩きしているアニメ業界について、まず取り組むべきことは「新人アニメーターの収入を上げ、アニメーターを志す新人が安心して自分の技術を覚える、安心して暮らせる。そんな生活を実現させることだ」と入江は強調する。

また、アニメ業界が10年、20年と続けていくためには必要な方策として、入江は「アニメーターは自らの技術を少しずつでも向上させる。そうすれば良い仕事を取りやすくなる。制作会社は、製作委員会に掛け合うなり、自らで資金調達を行う方法を考える時期になっている。そのためには強い発信力と行動力も必要。製作委員会に関して言えば、制作会社への予算を上げる時代になっていると考えて頂きたい。そうやって、それぞれが変わっていく必要がある。そして国には、これからもクールジャパンの柱にアニメーションを置くのであれば、国にしかできない事を行ってもらいたい」と語る[1]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

メールマガジン