岡崎稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡崎 稔おかざき みのる1942年9月27日 - )は、大阪府大阪市出身のアニメーション演出家、アニメーション監督シナジーSPのスタジオ代表である。

略歴[編集]

実写映画のスタッフを志望して、大阪から上京。中学時代からの友人の貸本漫画家アニメーター永樹凡人に誘われて、1964年にアニメ制作会社ハテナプロの結成に参加する。同年、虫プロダクションのテレビアニメ『鉄腕アトム』の絵コンテと演出を手がけて、アニメーション演出家としてデビュー。以来、『W3(ワンダースリー)』『タイガーマスク』『どろろ』『アパッチ野球軍』『魔法使いチャッピー』『ミクロイドS』『はじめ人間ギャートルズ』『新・エースをねらえ!』『ベルサイユのばら』『Dr.スランプ アラレちゃん』『ドラゴンボール』など、数々のテレビアニメの演出を担当した。スタジオジュニオの屋台骨を、香西隆男前田実今沢哲男永丘昭典鈴木欽一郎らと共に支えた人物の1人である。1998年我妻宏や前田実らと共に、シナジージャパン(現:シナジーSP)の設立に参加した。

代表作[編集]

出典[編集]

  1. ^ 新・エースをねらえ!”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「アニメ大国の肖像 アニメ監督岡崎稔さん」『中日新聞』2007年12月6日号、

関連項目[編集]