ミラキュラス レディバグ&シャノワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミラキュラス レディバグ&シャノワール
Miraculous, les aventures de Ladybug et Chat Noir
ジャンル 変身ヒロイン/ヒーロー
アニメ:ミラキュラス レディバグ&シャノワール
Miraculous, les aventures de Ladybug et Chat Noir
原作 トーマス・アストリュック
監督 トーマス・アストリュック
クリステル・アブグラル(シーズン2)
ウィルフレッド・ペイン(シーズン2)
ジュン・バイオレット(シーズン2)
シリーズ構成 トーマス・アストリュック
セバスチャン・チボードー
音楽 ジェレミー・ザグ
ノアム・カニエル
アラン・ガルシア
アニメーション制作 大韓民国の旗 SAMGアニメーション
製作 フランスの旗 ザグトゥーン
フランスの旗 メソッドアニメーション
日本の旗 東映アニメーション
大韓民国の旗 SAMGアニメーション
フランスの旗 AB Droits Audiovisuels
大韓民国の旗 SKブロードバンド
イタリアの旗 デアゴスティーニ
放送局 フランスの旗 TF1
大韓民国の旗 EBS1
アメリカ合衆国の旗フランスの旗 ディズニー・チャンネル
日本の旗 ディズニー・チャンネル / BS11
放送期間 大韓民国の旗 2015年9月1日[1]
フランスの旗 2015年10月18日[2][3]
アメリカ合衆国の旗 2015年12月6日[4]
日本の旗 2018年7月23日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル 魔法少女

ミラキュラス レディバグ&シャノワール』(原題:Miraculous, les aventures de Ladybug et Chat Noir)は、フランス韓国日本の共同制作[5][6]によるフランスの3DCGテレビアニメ2015年に第1シーズンが全26話で放送され、2017年から第2シーズンが放送開始した。

韓国・フランス・アメリカなどの諸外国では2015年にシーズン1が順次放送開始され、日本では2018年7月23日からディズニー・チャンネルでの放映が決定し、同年7月1日に第1話がアプリで先行放送された。

2018年8月12日には、「ティーン・チョイス・アワード 2018」にてアニメーション部門を受賞している[7]

概要[編集]

フランスパリを守るスーパーヒーローのレディバグとシャノワールと、その正体である高校生マリネット・デュパン=チェンとアドリアン・アグレストの奇妙な四角関係を描いた魔法少女アニメ。ストーリーは基本的に1話完結型だが、時系列はバラバラであり、区長とジャゲッド・ストーンの対面シーンなど、話の流れと放送順にズレが生じていることがある。

元々はフランスのアニメーター、トーマス・アストリュックが職場で出会った女性や日本のアニメからインスピレーションを受け、これまでにないテントウムシモチーフのスーパーヒーロー「レディバグ」を創造。漫画の表紙風イラストをいくつか描いた(そのうちの一枚がエピソード「イラストレーター」のラストに写っている)。

アストリュックは「レディバグ」を漫画展開するつもりだったが、アニメ会社「Zagtoon」の創立者ジェレミー・ザグがアニメ化を提案した。2012年6月には海外市場の拡大を望んでいた東映アニメーションが共同プロデューサーに加わり、日本の萌えアニメテイストの2DCGアニメで制作されたPVが公開された。しかし、手描きの2Dアニメでレディバグのコスチュームを再現する難しさから3DCGアニメに路線変更され、東映アニメーションは制作を外れる(ただし共同プロデューサーの名義は残っている)。

2012年11月から韓国のCG会社「SAMGアニメーション」が映像制作を担当し、2013年11月には「ミラキュラス」のタイトルでトレイラーが公開。2D版に比べるとリアルタッチで表情豊かなスタイルになり、2015年にテレビシリーズとして放送開始された。2020年には実写映画化が予定されている。

また、アストリュックは幸運を象徴するテントウムシのレディバグのパートナーに、不運を象徴する黒猫のヒーローで、キャットウーマンスパイダーマンを意識した「シャノワール」を創造したが、クリエイティブチームはシャノワールに変身するフェリックスを「型にはまったアニメの主人公」と判断したため、現在のアドリアンに修正された。

ザグは日本の玩具会社BANDAIとパートナーシップを結んでおり、本作の玩具はBANDAIが独占販売している。

2019年10月25日からは東映アニメーション主導による日本での本格展開を開始、日本版公式サイトの開設、講談社月刊シリウス』での漫画版の連載、商品展開を行うことになる[8]。そのため、『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』の日本の権利元は、ウォルト・ディズニー・ジャパンから東映アニメーションへ移行された。

あらすじ[編集]

現代のフランス・パリに住むマリネット・デュパン=チェンは、美少年モデルの同級生アドリアン・アグレストに恋する中学生(各国で違うが日本では高校生)。

少しドジで奥手なマリネットだが、妖精ティッキーと魔法のアクセサリー「ミラキュラス」の力でスーパーヒーローレディバグに変身でき、謎の男ホークモスによって悪者スーパーヴィランにアクマタイズ(変身)させられた人々を元に戻し、パリの平和を守っている。

レディバグに変身したマリネットは、一緒にパリを守ってくれる代わりに何かと彼氏ヅラするもう一人のスーパーヒーロー・シャノワールを軽くあしらっているが、シャノワールの正体がレディバグに恋するアドリアンだとは知るよしもないのだった。

登場人物[編集]

メインキャラクター / ミラキュラス[編集]

マリネット・デュパン=チェン(Marinette Dupain-Cheng) / レディバグ(Ladybug)
声︰奈波果林
本作の主人公。少しドジだが心の優しい女の子で、頼まれた事は断れない性格。フランス人の父と中国人の母をもち、夢はファッションデザイナー。アドリアンが大好きで、壁にはアドリアンの写真などがたくさん貼られている。アドリアンのことになると他のことが見えなくなってしまうが、自分に自信がないので積極的にアプローチできない。以前は弱気であった為にクロエからはよくいじられていたが、ミラキュラスを手にした今では悪いことや納得いかないことには屈さず、物怖じしないようになった。
アドリアン・アグレスト(Adrien Agreste) / シャノワール(仏・Chat Noir/韓・Black cat/英米・Cat Noir)
声:逢坂良太
もう1人の主人公。優しくて成績優秀な好青年で、父親のガブリエルが経営するファッションブランドの大人気モデル。父子家庭だが厳しいガブリエルには距離を置かれており、自由な外出も禁止されていて寂しさを抱えている。カレッジに入るまではクロエが唯一の友人だった。フェンシングが得意であり、カガミの「(カレッジの)最強は誰か」という問いに彼が挙げられるほど。レディバグに恋をしているが、正体がマリネットとは気付いていない。
アルヤ・セザール(Alya Césaireアリヤ・セゼール)/ リナルージュ (Rena Rougeレナルージュ
声:川上彩
マリネットの親友。クールなしっかり者で、マリネットが困った時はいつも助けてくれる。また姉と双子の妹がおり、子供の世話をするのが得意で、面倒見がいい。レディバグのファンで彼女の正体を突き止めようとしており、レディバグのファンサイト「レディブログ」を制作し運営している。ある一件からニノとは相思相愛の仲。
ニノ・ラヒフ(Nino Lahiffeニノ・ライッフ)/キャラペース(Carapaceキャラパス)
声:宮本誉之
アドリアンの親友。帽子がトレードマーク。DJもしていて遊ぶことが大好きな軽い性格だが、何年も誕生日パーティーを開いてもらえていないアドリアンのために、彼の自宅に行ってガブリエルに直談判するなど友人思いである。以前はマリネットのことが好きだったが、とある一件でアルヤのことが好きになった。
クロエ・ブルジョワ(Chloé Bourgeois)/クイーンビー(QueenBee)
声:櫻庭有紗
マリネットたちの同級生で、21区の区長の娘のお嬢様。アドリアンのことが好きでつきまとっており、マリネットに意地悪をしている。自意識過剰で性格が悪く、アクマタイズの原因の大半になってしまっている。その一方で優しくできない自分の性格が嫌になることもある。自分をいつも救ってくれるレディバグの大ファン。好きな物はニューヨーク、ミスター・カドリー。通称「カセロール」。
アリックス・クデル(Alix Kubdel)/バニーX(仏・BunniXビュニクス/英米・BunnyX)
声:森下由樹子
男勝りの性格でローラーブレードが得意。キムにレース勝負を仕掛けられるが果敢に受けて立つ。父親と兄ジャリルはルーブル美術館の歴史学者。
ルカ・クフェイン(Luka Couffaine) /ヒュペリオン(仏・Vipérionヴィぺリオン/英米・Viperion)
声 : 梅原裕一郎
音楽が好きで、よくギターを弾いている。マリネットはアドリアンへの恋心が上手く伝えられない時、彼にもさりげなく惹かれてしまう。
マックス・カンテ(Max Kanté) /ペガサス(Pegasus)
声:高坂宙
キムとは親友。コンピューターやゲームが得意で頭がいい。高性能のAIを搭載したロボットの親友がいる。
キム・レ・シエン(Kim Lê Chiến) /キングモンキー(King Monkey)
声:駒田航
誰にでも勝負を仕掛ける性格でクラスメイトたちからは鬱陶しがられている。イバンをからかったことがきっかけで彼がアクマタイズされるきっかけになったこともある。しかし純粋な面も持ち合わせており、同じプールに通っている女の子からは片思いされている。マックスと仲がいい。クロエに片思いをしている。
剣城 鏡(Kagami Tsurugi/カナ表記:ツルギ・カガミ)/龍子(Ryuko)
声:森なな子
フェンシング一筋の女の子。凄腕のフェンシング選手で、アドリアンとはほぼ互角。クールで強気な性格の持ち主で、クロエからは苦手意識を持たれている。母はフェンシングのワールドチャンピオン。
マスター・フー(Master Wang Fu)/ジェイドタートル(Jade Turtle)
声:宮本誉之
赤のアロハシャツに身を包んだ186歳の老人。マリネットとアドリアンにミラキュラスを与えた人物。ミラキュラスの「ガーディアン」とも呼ばれている。腕輪のミラキュラスを身につけ、亀のクワミであるウェイズを従えている。中華風のマッサージサロンを経営しており、ティッキーが病気になった時は彼が治療した。

クワミ(妖精)[編集]

ティッキー(Tukki)
声:長縄まりあ
マリネットに不思議な力を与えたテントウムシのクワミ。マリネットのミラキュラスの中に入ってレディバグに変身させる。賢くて前向きな性格で、マリネットのことが大好き。
アクアティッキー(Aqua Tukki)
スタラックティッキー(Stalac Tukki)
プラッグ(Plagg)
声: 高坂宙
アドリアンに不思議な力を与えた黒猫のクワミ。アドリアンのミラキュラスに入ってシャノワールに変身させる。お気楽で面倒くさがりな性格。大好物はカマンベールチーズ
アクアプラッグ(Aqua Plagg)
プラッググレイシャー(Plagg Glacier)
トリックス(Trixx
声:小堀幸
アルヤに不思議な力を与えたキツネのクワミ。
ウェイズ(Wayzz
マスター・フーやニノに不思議な力を与えた亀のクワミ。
ポレン(Pollen
クロエに不思議な力を与えた蜂のクワミ。クロエのことを「マイ・クイーン」と呼ぶ。
ヌールー(Nooroo)
ガブリエルに不思議な力を与えた蝶のクワミ。ティッキーやプラッグ達に救出されたがる。
ドゥーズー(Duusu
ナタリーに不思議な力を与えたクジャクのクワミ。ヌールーの親友。
ミュロー(Mullo
ネズミのクワミ。
ストンプ(Stompp
水牛のクワミ。
ロア(Roaar
トラのクワミ。
フラッフ(Fluff
アリックスに不思議な力を与えたウサギのクワミ。
ロン(Longg
鏡に不思議な力を与えた龍のクワミ。
サス(Sass
ルカに不思議な力を与えたヘビのクワミ。
カルキー(Kaalki
マックスに不思議な力を与えたウマのクワミ。
ジギー(Ziggy)
ヤギのクワミ。星座はやぎ座。好きな物は星。
サピュー(Xuppu)
キムに不思議な力を与えたサルのクワミ。
オリッコ(Orikko)
ニワトリのクワミ。
バーク(Barkk
声:長縄まりあ
イヌのクワミ。
デイジー(Daizzi)
ブタのクワミ。

カレッジ・フランソワ・デュポンのクラスメイト[編集]

ローズ・ラヴィラン(Rose Lavillant)
声:本多真梨子
マリネットたちの同級生。夢見がちな性格。優しく純粋な性格だが、スーパーヴィランにその優しさに付け込まれたこともある。アリ王子という異国の王族に憧れており手紙を出したこともある。
ジュレカ・クフェイン(Juleka Couffaine)
声:本多真梨子
ルカの妹。マイペースでオカルト好きなため、学校がスーパーヴィランに襲われた時も見惚れてしまうこともある。
サブリナ・ランコンプリ(Sabrina Raincomprix)
声:小堀幸
マリネットたちの同級生で、クロエの友人。クロエにわがままや無理難題を押し付けられているが、それでもクロエを大切に思っている。また本人は素直で懐きやすい性格でもある。父は警察官。
イバン・ブリュエル(Ivan Bruel)
声:蓮岳大
マリネットたちの同級生。体が大きく意志も強いが、心は優しい性格。激しいロックミュージックが好き。ミレーヌに恋しており不器用さゆえに一度失恋するが、最終的には結ばれる。
ミレーヌ・アプレール(Mylène Haprèle)
声:櫻庭有紗
マリネットたちの同級生。父はパントマイムのパフォーマー。ぽっちゃりした体型で怖がり。イバンとは両思いだが、初めて告白された時は告白だと気づかず、恐怖により逃げ出してしまった。のちに再び告白され正式に交際することになる。
ナタニエル・カーツバーグ(Nathaniel Kurtzberg)
声:高坂宙
マリネットたちの同級生。おとなしく目立たない性格で、いつも隠れて絵を描いている。マリネットに片思いをしており、自らの描く漫画によく登場させたりしている。
リラ・ロッシ(Lila Rossi)
声:北原沙弥香
マリネットたちの同級生。自らの様々な出来事を話しては皆から好感を持たれ、信頼を得ているが、その内容のほとんどは嘘という虚言癖の持ち主。自らの嘘を強烈に否定したレディバグを逆恨みしている。
オーロラ・ボレアール(Auroreオロール Beauréal
声:森永理科
お天気ガール。
ミレイユ・カケー(Mireille Caquet
マーク・アンシエル(Marc Anciel
マリネットたちが通うカレッジの生徒。物語を書くのが得意。

カレッジ・フランソワ・デュポンの先生[編集]

カーリン・バスティエ(Caline Bustierビュスティエ
マリネットたちのクラスの担任。優しくしっかりした指導をする先生であり、生徒達からは慕われている。
メンデレイエフ(Ms.Mendeleiev
マリネット達が通うカレッジの先生。頑固で他人に厳しいが、ゴミをポイ捨てしたり自分への意見には聞く耳を持たなかったりするなど、身勝手な面もある。
アルマン・ダルジャンクール(Armand D'Argencourt
マリネット達が通うカレッジで、フェンシングを教える先生。
ダモクレス校長(M. Damoclès
マリネット達が通うカレッジの校長。クロエ親子の権力に従ってしまうことがしばしばあるが、内心ヒーローに憧れており、人目を盗んでは「ザ・オウル(ミスター・オウル)」に扮し、ヒーロー活動を行っている。

クラスメイトの恋人[編集]

アリ王子(Ali)

オンディーヌ(Ondine)
声:有賀由樹子
キムと同じプールに通っている少女。キムに恋している。

家族[編集]

トム・デュパン(Tom Dupain
声:蓮岳大
マリネットの父。製菓店「トム・アンド・サビーヌ・ブーランジェリー・パティスリー」を経営している。店はかなりの人気店でアリックスの父に「パリで一番美味しいパン屋」と言われるほど。子煩悩で優しいが、マリネットが間違ったことをした時にはきちんと叱る性格。
サビーヌ・チェン(Sabine Cheng
声:塙英子
マリネットの母。中国系。夫とともに製菓店を営んでいる。
ジーナ・デュパン(Gina Dupain
声:伊倉一恵
マリネットの父方の祖母。マリネットのことをマリネッタと呼んでいる。
ローラン・デュパン(Rolland Dupain)
ワン・チェン(Wang Cheng
マリネットのおじ。有名な中国人シェフ。
アドリアンのボディガード(Adrien's bodyguard)
アドリアンの護衛を務める、筋骨隆々の男性。運転手も兼務する。無口で無愛想だが、仕事をしっかりこなす真面目な人物。その立場から、様々な方面から振り回される事が多い。作中では本名は明かされておらず、通称や字幕ではゴリラ(The Gorilla)
オーティス・セザール(Otis Césaireオティス・セゼール
マルレナ・セザール( Marlena Césaire
ノラ・セザール(Nora Césaire
エラ・セザール(Ella Césaire
エタ・セザール(Etta Césaire
アンドレ・ブルジョワ(André Bourgeois
声:佐々健太
クロエの父。パリ21区区長。基本的には優しい性格だが恨みを買うことも多く、度々命を狙われレディバグたちに助けられている。クロエを叱ることもあるが、最終的には彼女のわがままに付き合わされ職権を濫用することが多い。
オードリー・ブルジョワ(Audreyオードレ Bourgeois)
声:伊倉一恵
クロエの母。「ファッションの女王」と呼ばれている。高慢で、気に入らない点があると身内・他人にかかわらず「あなたはクビ」といいつける。クロエの性格は彼女譲り。しかしファッションに関しては辛口ながらも公平に見ている。
バトラー・ジャン(Butler Jean)
ブルジョワ家の執事。クロエによく名前を間違えられる。
ミスター・カドリー(Mr. Cuddly)
ミスター・クデル(Mr. Kubdel)
ジャリル・クデル(Jalil Kubdel
アリックスの兄で、主にエジプトが専門の考古学者。
アナルカ・クフェイン(Anarka Couffaine)
声:伊倉一恵
マルコフ(Markov)
剣城 巴(Tomoe Tsurugi/カナ表記:ツルギ・トモエ
ロジャー・ランコンプリ(Lieutenant Roger Raincomprixロジェ・ランコンプリ
サブリナの父。警察官であり正義感が強いが、その正義感ゆえに空回ることも多く、逆恨みされスーパーヴィランに命を狙われたり、罠にはめられたシャノワールを犯人だと勘違いし閉じ込めたこともある。モットーは「罪が証明されるまでどの人も皆無罪」。
フレッド・アプレール(Fred Haprèle
ミレーヌの父でパントマイムのパフォーマー。
ナディア・シャマック(Nadja Chamackシャマク
ニュース番組の司会やリポーターを務める女性。
マノン・シャマック(Manon Chamack
声:小堀幸
ナディアの娘。ナディアの頼みで、よくマリネットやアルヤが面倒をみている。

[編集]

ガブリエル・アグレスト(Gabriel Agreste) / ホーク・モス(仏・Le Papillonル・パピヨン / Hawk Moth)
声:藤井隼
アドリアンの父。表向きは有名なファッションデザイナーで「ガブリエル」というブランドの社長。冷酷で完璧主義、頑固な性格。
1年前に妻(アドリアンの母)が亡くなってから人が変わってしまったらしい。アドリアンに対しては異常なほど過保護で、学校への入学を反対しほぼ軟禁状態にするなどしていた。
ナタリー・サンクール(Nathalie Sancoeur)/ マユラ(Mayura)
アドリアンの世話兼教育係。ガブリエルに対し非常に忠実だが、不測の事態には融通を利かせることもある。

その他の登場人物[編集]

テオ・バーボット(Théo Barbotバーボ
声:丸山智行
アレック・ カタディ(Alec Cataldi
声:矢野正明
陽気な口調で様々な番組のMCを務める男性。悪い人物ではないのだが、パフォーマンスによるキツイ言動が度々あり、それがアクマタイズの原因やトドメになることも。
ザミエル・ ラミエル(Xavier Ramierザヴィエ・ラミエ
公園などでハトに餌をあげるのが日課の男性。
サイモン・グリモール(仏・Jaques Grimaultジャック・グリモ / Simon Grimault
クリス(Chris)
クララ・コンタード(Clara Contardコンタール
ジャン・トレティエンス(Jean Tretiensトゥルティアン
ジャゲッド・ストーン(Jagged Stone
声:荒井勇樹
絶大な人気を誇るロックシンガー兼ギタリスト。自分のスタイルに並々ならぬこだわりがあり、それを譲ることはない。マリネットにメガネやアルバムジャケットをデザインしてもらったことから、彼女を気に入っている。マリネットも彼のファンである。
ヴィンセント・アザ(Vincent Aza
サラ(Sarah)
アルレット(Arlette)
アンドレ・グラシエ(André Glacier)
クララ・ナイチンゲール(仏・Clara Rossignolクララ・ロシニョル / Clara Nightingale
独特なスタイルで人気の歌手。常に踊らずにはいられないらしい。
オーガスト(August)
声:長縄まりあ
ウェイム(Wayhem)
クエンティン(Quentinカンタン

ミラキュラスの設定[編集]

レディバグ(Ladybug)[編集]

イヤリングのミラキュラスを使ってテントウムシスーパーヒーロー・レディバグに変身し、「ティッキー、スポッツ・オン! / 仏・(クワミ名), transforme moi!(どの人物でも共通)」。イメージカラーは「赤」。抜群の身体能力で立ち回りながらヨーヨーを武器にスーパーヴィランと戦う。また、戦いの際に一度だけ使う事が出来るヴィランを倒すヒントになるラッキーチャームを出したり、ヨーヨーでアクマを捕獲して浄化し、破壊されたものを修復することができる。変身すると常に冷静で落ち着いた性格になり、シャノワールのアプローチも受け流している。

アクアバグ(Aqua Bug)

レディアイス(Lady Ice)

ミスターバグ(Mister Bug)

個人技
ラッキーチャーム(Lucky Charm)
状況を打開するヒントとなるアイテムを生み出す。個人的(恋関連など)なピンチにも使えてしまう。
アクア・ラッキーチャーム(Aqua Lucky Charm)
浄化技
リベール・ドゥ・マール(仏・Je te libère du mal)
ヨーヨーでアクマを捕獲して浄化する。
ミラキュラス・レディバグ(Miraculous Ladybug)
ラッキーチャームで生み出したアイテムの力を開放し、壊れたものやスーパーヴィランの被害にあった人・事・物を元の状態に戻すことができる。

シャノワール(仏・Chat Noir/韓・Black cat/英米・Cat Noir)[編集]

指輪のミラキュラスを使って黒猫のスーパーヒーロー・シャノワールに変身し、「プラッグ、クロー・アウト!」。 イメージカラーは「黒」。 素早く身軽な動きによる不意打ちや伸縮性の金属の棒を使った棒術でヴィランと戦う。また、特殊なパワーを手に纏わせると、物質を腐敗させ破壊する事ができる。変身すると奔放で少しドジな性格になり、レディバグにアプローチをしかけつつ、一緒に街を守っている。

アクアノワール(Aqua Noir)

アイスキャット(Ice Cat)

レディノワール(Lady Noir)

個人技
カタクリズム
ありとあらゆる物体を腐食または破壊できる。クワミであるプラッグ自身も扱える。

リナルージュ(Rena Rougeレナルージュ[編集]

ネックレスを使ってキツネのスーパーヒーロー・リナルージュに変身し、「トリックス、レッツ・パウンス!」。 イメージカラーは「オレンジ」。 武器である笛を吹き、自分の思うようなイリュージョンを作ることが出来る。

個人技
イリュージョン(ミラージュ)
発現した光の玉を任意の場所に投げつけて幻影を見せる。

キャラペース(Carapaceキャラパス))[編集]

亀のスーパーヒーロー・キャラペースに変身し、「ウェイズ、シェル・オン!」。 イメージカラーは「緑」。 シールドはゴングにもなる。

個人技
プロテクシオン(シェルター)
極めて強力なシールドを張る。

クイーンビー(QueenBee)[編集]

蜂のスーパーヒーロー・クイーンビーに変身し、「ポレン、バズ・オン!」。 イメージカラーは「黄色」。

個人技
スピン・トップ
ヴェノム
対象に突き刺すことで、刺した者の動きの一部もしくは全体を止める。

ホーク・モス(仏・Le Papillonル・パピヨン) / Hawk Moth)[編集]

レディバグとシャノワールのミラキュラスを狙う謎の男。蝶のミラキュラス(ロケットブローチ)を使い、ホーク・モスに変身する。変身の口上は「ヌールー、ダークウィング・ライズ!」。 イメージカラーは「紫」。

個人技
アクマタイズ
邪悪な力を植えつけた蝶(アクマ)をマイナスの感情を抱く人間に取りつかせ、スーパーヴィランにアクマタイズ(変身)させて操る。

スーパーヴィラン[編集]

ストーミーウェザー (Stormy Weather)
淡い肌と明るい紫灰色の目をしている。彼女の髪は濃い紫色の基部とツルニチニチソウの前髪を持つ2つの色調であり、一方、彼女の大きく尖った低角度のツインテールは濃い紫とツルニチニチソウのらせんで縞模様になっている。彼女の顔には、目の周りを取り囲む黒い顔の絵の具がギザギザになっており、稲妻のように頬に落ちている。 彼女はタイトで落ち着いた色の紫と青のツーピースのドレスを着ている。このドレスは、腰の周りで鐘の形に曲がっており、細い肩のパフと細い管の形の襟、そして5つの白い稲妻パターンが特徴。明るい紫色の輪郭がある。袖は白い手袋になり、2本の照明ボルトが肘の上にある。彼女は落ち着いた紫色のタイツを着用し、ふくらはぎの近くの「開口部」で角度の付いた小さなかかとの白いブーツになり、ひざの近くの脚の外側のブーツから2本の稲妻が出てくる(パターンの最後)彼女の腹部近くに真ん中に位置する唯一の稲妻)。彼女の武器は閉じた濃い紫の日傘で、先端は明るい紫にフェードインし、黒い柄と二重の槍頭が下部にある。 彼女のパラソルで飛んで天気をコントロールできる。
バブラー (The Bubbler)
水色の肌、赤茶色の目、目の周りに黒い円があり、左目の上の黒い斑点と右目の下の黒い斑点がある。 彼は明るい赤、青、黄色のボディースーツを着ており、スーツの多くの部分が泡のように丸くなっている。 彼の頭の周りには、赤い球形の上部に赤いアンテナを備えた赤いヘルメットがある。 また、彼は黒いブーツ、ピンクのナックルが付いた黒い肘丈の手袋、黒いズボンを着ている。 彼の胸には、目のような黒と白の円があり、2つの暗い灰色のチューブが付いている。 チューブはバブラーの赤、黄、青のバブルコンテナーに接続し、使用していないときにバブルワンドを置く。 バブルワンドには、青いハンドルと長い楕円形の穴のある黄色のヘッドがある。 彼のバブルワンドを使用して、人を閉じ込めて浮かせるために使用できる侵入できないバブルを作成できる。
コピーキャット (Copy Cat)
シャノワールになっている。
タイムブレイカー (Time Breaker)
背中に赤いスパイクが付いた黒いヘルメットと、各目の上の2つの緑の目のシールドを着用している。 彼女はまた、腰、腰、腰、膝の周りにライムグリーンのパッチが付いたほぼ黒いスーツを着ている。 手首の背中の下には、輝くライムグリーンの楕円があり、胸には、大きな銀色の輪郭の中に輝く赤い砂時計の形がある。 彼女のローラーブレードは黒で、それぞれに2つの輝く白い車輪があり、足の球と甲の周りに細い緑の線がある。 ブレードの側面にあるパワーバーは、彼女のエネルギーレベルを追跡し、最低レベルで赤くなり、いっぱいになると上部で緑がかった青になる。 彼女が時間を遡る能力を活性化するために必要なエネルギーを得るために、彼女が触れる人々からエネルギーを吸収することができる。 彼女がエネルギーを盗む人々は凍りつき、ゆっくりと姿を消す。
ファラオ (The Pharaoh)
ミスター・ピジョン (Mr. Pigeon)
レディー・ワイファイ (Lady Wifi)
イラストレーター (The Evillustrator)
ロジャーコップ (Rogercop)
ホリフィケーター (Horrificator)
ダーク・キューピッド (Dark Cupid)
ストーンハート (Stoneheart)
マイム (The Mime)
プリンセス・フレグランス (Princess Fragrance)
ダークブレード (Darkblade)
アニマン (Animan)
サイモン・セッズ (Simon Says)
ピクセラトール (Pixelator)
ギター・ヴィラン (Guitar Villain)
カン・フード (Kung Food)
ゲーマー (Gamer)
リフレクタ (Reflekta)
パペッター (The Puppeter)
バニッシャー (Vanisher)
アンチバグ (Antibug)
ヴォルピーナ (Volpina)
コレクター (The Collecter)
プライム・クイーン (Prime Queen)
グラシエーター (Glaciator)
ディスペア・ベア (Despair Bear)
トラブルメーカー (Trouble Maker)
ジャイガンタイタン (Gigantitan)
リポスト (Riposte)
ベファーナ (Befana)
フライトニンゲール (Frightningale)
ゴリジラ (Gorizilla)
ロボスタス (Robostus)
サポティス (Sapotis)
ダーク・オウル (The Dark Owl)
サイレン (Sylen)
ゾンビズー (Zombizou)
キャプテン・ハードロック (Captain Hardrock)
フローザー (Frozer)
スタイル・クイーン (Style Queen)
クイーンワスプ (Queen Wasp)
リバーサー (Reverser)
アナンシ (Anansi)
マレディクテーター (Malediktator)
サンドボーイ (Sandboy)
カタリスト (Catalyst)
レナレイジ (Rena Rage)
シェルショック (Shell Shocked)
サンタクロウズ (Santa Claws)
カメレオン (Chameleon)
アニマエストロ (Animaestro)
ベーカリックス (Bakerix)
バックワーダー (Backwarder)
ウェアダッド (Weredad)

マユラ(Mayura)[編集]

変身の口上は「ドゥーズー、スプレッド・マイフェザー!」。イメージカラーは「青」。

個人技
アモクタイズ

センチモンスター[編集]

リフレクドール

バニーX(BunnyX)[編集]

ヒュペリオン(Viperion)[編集]

ペガサス(Pegasus)[編集]

キングモンキー(King Monkey)[編集]

龍子(Ryuko)[編集]

関連アイテム[編集]

ミラクルボックス(フーver)

「〇〇のミラキュラスをあなたに。」任務が終わったら返す。

ミラクルボックス(レディバグver)

ミラキュラスの所有者となり、ミラキュラスの正体は誰も知らなくなる。

ミラキュラスポーション

マジカロン
マジカマンベール

ミラキュラススペルブック

クワガタマ

ミラクルストーン

ミラクルストーンの一覧
名称 アクセサリー
テントウムシのミラクルストーン イヤリング
黒猫のミラクルストーン 指輪
キツネのミラクルストーン ネックレス オレンジ
亀のミラクルストーン 腕輪
蜂のミラクルストーン ヘアコーム 黄色
蝶のミラクルストーン ロケットブローチ
クジャクのミラクルストーン ブローチ
ネズミのミラクルストーン ペンダントネックレス ダークグレー
水牛のミラクルストーン 鼻輪 藍色
トラのミラクルストーン パンジャスブレスレット マゼンタ
ウサギのミラクルストーン 懐中時計 水色
龍のミラクルストーン チョーカー
ヘビのミラクルストーン バングル エメラルドグリーン
ウマのミラクルストーン 眼鏡
ヤギのミラクルストーン ヘアクリップ
サルのミラクルストーン 緊箍児 金色
ニワトリのミラクルストーン サムリング 不明
イヌのミラクルストーン 首輪 オレンジ
ブタのミラクルストーン パールアンクレット ピンク

日本での展開[編集]

東映制作のPV公開後、日本でも話題になり、上陸が期待されたが、3DCGアニメーションに移行し、日本が制作に関わらなくなると上陸は難しい状況になった。しかし動画投稿サイトで非公式の日本語字幕版が投稿されるとファンが増え始め、上陸を求める声が強くなり、有志によるZagtoon宛の署名が2017年に開始。すると、そこから1年も経たない内に邦題や吹き替え版収録風景が公開、ディズニー・チャンネルでの放送が発表された。それに伴い、ファンに最も親しまれたニコニコ動画投稿分の字幕版はフランスの映像系制作プロダクションOn Entertainmentの申立により削除された。

吹き替え版は韓国版同様音程修正済み低倍速(サイモン・セッズのみ音程未修正)、A、B、Cパートの三分割に編集されている。また、放送前か後にローラ・マラノが歌うテーマソングのMVが流れることがある。

日本語版製作[編集]

サブタイトル[編集]

サブタイトルは一部を除く全てのアクマの名前。

日本話数
(DCH-JPN)
フランス話数
(TF1)
フランス話数
(DCH-FRA)
サブタイトル
(日本語版)
シーズン1
1(初回) ストーミーウェザー
2 バブラー
3 9 3 コピーキャット
4 5 4 タイムブレイカー
5 3 5 ファラオ
6 ミスター・ピジョン
7 4 7 レディー・ワイファイ
8 7 8 イラストレーター
9 8 9 ロジャーコップ
10 11 10 ホリフィケーター
11 10 11 ダーク・キューピッド
12 25 レディバグとシャノワール(オリジン(パート1))
13 26 17 ストーンハート(オリジン(パート2))
14 13 マイム
15 22 15 プリンセス・フレグランス
16 12 ダークブレード
17 16 18 アニマン
18 23 20 サイモン・セッズ
19 21 23 ピクセラトール
20 21 ギター・ヴィラン
21 14 カン・フード
22 15 16 ゲーマー
23 19 22 リフレクタ
24 18 19 パペッター
25 17 24 アンチバグ
26 24 26 ヴォルピーナ
日本&フランス話数
(ディズニー・チャンネル)
フランス話数
(TF1)
サブタイトル
(日本語版)
シーズン2
27 28 コレクター
28 30 プライム・クイーン
29 36 グラシエーター
30 29 ディスペア・ベア
31 43 トラブルメーカー
32 34 ジャイガンタイタン
33 32 リポスト
34 31 ベファーナ
35 42 フライトニンゲール
36 38 ゴリジラ
37 33 ロボスタス
38 37 サポティス
39 35 ダーク・オウル
40 41 サイレン
41 40 ゾンビズー
42 39 キャプテン・ハードロック
43 47 フローザー
44 48 スタイル・クイーン(クイーンズ・バトル(パート1))
45 49 クイーンワスプ(クイーンズ・バトル(パート2))
46 リバーサー
47 44 アナンシ
48 50 マレディクテーター
49 45 サンドボーイ
50 51 カタリスト(ヒーローズ・デー(パート1))
51 52 マユラ(ヒーローズ・デー(パート2))
52 27 サンタクロウズ
日本話数
(DCH-JPN)
フランス話数
(TF1)
サブタイトル
(日本語版)
シーズン3
53 55 カメレオン
54 56 アニマエストロ
55 57 ベーカリックス
56 53 バックワーダー
57 61 リフレクドール
58 54 ウェアダッド
59 オブリビオ
60 ストーミーウェザー2
68 フェスト
58 サイレンサー
70 タイムテッガー
63 ミラキュラー
65 デスペラーダ
62 鬼ちゃん
72 ゲーマー2.0
64 パペッター2
67 クワミバスター
66 スタートレイン
73 シャブラン
71 パーティー・クラッシャー
74 フェリックス
69 怒 御前
75 レディバグ
76 クリスマスター
77 ハートハンター(バトル・オブ・ザ・ミラキュラス(パート1))
78 ミラクルクイーン(バトル・オブ・ザ・ミラキュラス(パート2))

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “글로벌 공동제작 애니메이션 '레이디버그' EBS 세계 최초 방송 (9월1일 오후 7시)” (プレスリリース), 韓国教育放送公社, (2015年6月22日), http://about.ebs.co.kr/board/bbs?boardTypeId=1&boardId=31&cmd=view&postId=10002048953&uri=&tabVal= 2017年2月23日閲覧。 
  2. ^ “Miraculous va enchanter TFou ! sur TF1”. Le Figaro. (2015年10月18日). http://tvmag.lefigaro.fr/programme-tv/article/television/89236/miraculous-va-enchanter-tfou-sur-tf1.html 2017年2月23日閲覧。 
  3. ^ Miraculous : un « pire Noël » sauvé par Ladybug, les 4/10 ans en masse devant TF1 avant Les mystérieuses Cités d’or”. Toutelatele (2016年12月12日). 2017年2月23日閲覧。
  4. ^ “'Miraculous Tales of Ladybug & Cat Noir' Debuts on Nick December 6”. (2015年9月11日). http://www.awn.com/news/miraculous-tales-ladybug-cat-noir-debuts-nick-december-6 2017年2月23日閲覧。 
  5. ^ Miraculous, Les aventures de Ladybug et Chat Noir sur TF1” (2015年10月1日). 2017年2月23日閲覧。
  6. ^ コタク・ジャパン (2015年6月29日). “フランス産変身少女アニメ『ミラキュラス・レディバグ』が放送開始!”. エキサイトニュース. http://www.excite.co.jp/News/game/20150629/Kotaku_201506_miraculous-ladybug-is-coming.html 2015年6月29日閲覧。 
  7. ^ “cuemovie|Network”. (2018年8月12日). http://www.cuemovie.com/news/teen-choice-awards-2018/ 2018年8月13日閲覧。 
  8. ^ フランス発の全世界で大人気の3Dアニメ、本格展開がスタート! 「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」 公式サイトオープン&HPオープン記念としてYouTubeにて期間限定第1話無料公開,東映アニメーション株式会社,2019年10月25日

外部リンク[編集]