土山しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
土山 しげる
生誕 (1950-02-20) 1950年2月20日
日本の旗 日本石川県金沢市
死没 (2018-05-24) 2018年5月24日(68歳没)
職業 漫画家
受賞 第36回日本漫画家協会賞優秀賞
テンプレートを表示

土山 しげる(つちやま しげる、1950年2月20日 - 2018年5月24日[1])は、日本の男性漫画家石川県金沢市出身。拓殖大学中退。大阪芸術大学キャラクター造形学科客員教授[2]

経歴[編集]

望月三起也のもとでアシスタントを経験したのちに、1973年に『月刊少年チャンピオン』にて『ダラスの熱い日』でデビュー。雁屋哲原作の『銀河戦士アポロン』(のちに『UFO戦士ダイアポロン』のタイトルでテレビアニメ化された)の作画を、海堂りゅう名義で手がける。その後は劇画誌に活躍の場を移し、原作付きで裏社会モノを多く手がける。代表作は『極道ステーキ』(原作:工藤かずや)。

1995年6月、『週刊漫画ゴラク』で単独作の『喧嘩ラーメン』を連載開始。料理を食べる表情やしぐさにこだわった描写、豪快かつナンセンス一歩手前ともいえるストーリーで新境地を開拓し、以降『食キング』、『喰いしん坊!』などグルメ漫画を数多く手がけた。

作品のタイトルに「キング」を付けることにこだわりを持っており、『借王』(シャッキング)、『蛮王』(バンキング)、『食キング』(ショッキング)、『売キング』(バイキング)などの作品が存在する。これらの作品はファンから「キングシリーズ」と呼ばれているが、共通点はタイトルのみで、ストーリー上のつながりは無い。これらの作品の舞台は一部を除き大阪であることが多い。

2007年には、『喰いしん坊!』が第36回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した。

2009年には、『ヤングキング』誌上で望月の『ワイルド7』トリビュート企画に参加。ヘボピーを主人公にした作品が掲載された。

作品の登場人物名は歴史上実在した人物名にあやかったものが多い。

2018年5月24日、がんのため死去。6月1日にリイド社の公式サイトで公表された。68歳没[1]。連載中の作品を複数抱えての死去であった。

作品リスト[編集]

連載中のまま絶筆となった作品[編集]

連載終了[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 土山しげるが68歳で死去「喰いしん坊!」「極道めし」などで活躍 コミックナタリー 2018年6月1日
  2. ^ 大阪芸術大学キャラクター造形学科漫画コース
  3. ^ 「表紙」、『コミック乱』第18巻第4号、リイド社2015年12月26日

外部リンク[編集]